02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

初磁器粘土を体験!

2017年02月12日
イシコロご夫妻にギャラリーをお任せしてドイツから遊びに来ているヘルブラウさんと一日広島観光。


市立大学の卒展と牡蠣小屋(人が多すぎて入れなかった)と陶芸工房へお邪魔しました。

002_201702122236554c2.png

大学広いね。奥の部屋に行ったら青原恒沙子ちゃんの絵もあった。
彼女はドイツではヘルさんにも会いに行ってるし高校生の時からカモメに顔を出してて誕生日も一緒だから気になる。


青白磁の大田一成氏の工房にお邪魔して体験させてもらった。
磁器の土を触ったのは初めてでなめらかだった!!

005_20170212223656331.png
楽しみじゃわ~♪


奇しくも芸術に触れる一日。
さて芸術とはなんでありましょう?



カモメに帰ったら、柿渋って初めて見ましたっていう若い人や庄原でヤギやヒツジを飼っていて蜘蛛を研究している方も来られてにぎわっていました。

Ishikoroさんの染展は、明日13日が最終日です。
明日月曜日は黒猫亭朋子さんがカモメに来てくださいますのでどうぞお越しください!


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

激サブですが行灯の灯りが暖かい画廊です。

2017年02月10日
イシコロさんの柿渋のロウケツ染め個展は、2月13日(月)までです。

005_201702102321310f2.png

 世を忍びのれんをくぐりて亀が鳴く
 鶴亀ののれん分け見る朧月
 春ぬくし柿渋染のギャラリーで
 春の夢トリケラトプス歩き出す
 画廊にはドラゴンも犬も春にいる
 首かしげ心見透かすかえるの絵
 錆色の海泳ぐかな桜鯛
 決戦は柿渋灯る春句会
 春時雨ステノサザウルス山歩き
 柿渋の濃くも薄くもない海泳ぐ
 蟇穴を出て画廊に来句会かな
 染め抜きし命の揺らぎ春灯
 立春やえのきひょろりと天へ伸び
 鳥獣の戯画の染め味春の展
 春浅し空の蝦蟇口ならびけり
 亀鳴きてほっけも蛙(かはづ)も染め出で来


カモメの2月の句会でイシコロさんの作品を観て詠まれた俳句です。
いかがでしょうか?







イシコロさんに続いて二月の後半の作品展は、「出入りーアート作品展」が、2月15日より始まります。

日本画と水彩画の作品です。お楽しみに!

012_20170210233110ee8.png

010_201702102321332e1.png

009_201702102321327a2.png



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

俳句会@鴎ギャラリー

2017年02月10日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報 第三十号(平成二十九年二月)

二月五日(日)、ギャラリーでの当日句を詠むために、皆さん続々といつもより早めの出足となった。Ishikoroさん作品展の会場をお借りして、十六名(内麦さんは欠席投句、イシコロさんは初登場)の参加者で六時過ぎに、いつものようにはじまった。
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)


0101.png


兼題 「春の花」           (清記逆順列記)

○通い路の曇天に映ゆ紅き梅        華院                         
大胆な木蓮見上げ仁王立ち        厚子                       
落椿ぽとりと音がしたような       走波             
待つ朝に一鉢置きしサイネリア      六星         
水の中君も咲くのかヒアシンス      風外             
頬染めて恋する乙女片栗の花       幸音
ねこやなぎ南西の風ねこやなぎ      下駄麿(旧釜爺)
あちこちと顔を出したるふきのとう    イシコロ
クレマチス枝のすきまに蕾みる      咲華
いぬふぐり揺らしトラック疾走す     りう子
◎梅の香や眠る草木を揺り起し       かかし
○ゆくりなき雨を絡めて椿落つ       志路
○紅梅に触れて紅さすくすり指       朋子
昇進の噂話や猫柳            判字名
菜の花のギャラリー人の交差点      茂樹
〇クレヨンが弾けて飛んでチューリップ   麦
                               


当日句

世を忍びのれんをくぐりて亀が鳴く    華院 
鶴亀ののれん分け見る朧月       厚子                                            
春ぬくし柿渋染のギャラリーで      走波
春の夢トリケラトプス歩き出す      六星
画廊にはドラゴンも犬も春にいる     風外            
首かしげ心見透かすかえるの絵      幸音
◎錆色の海泳ぐかな桜鯛          下駄麿(旧釜爺)
決戦は柿渋灯る春句会          イシコロ
春時雨ステノサザウルス山歩き      咲華
柿渋の濃くも薄くもない海泳ぐ      りう子              
蟇穴を出て画廊に来句会かな       かかし
○染め抜きし命の揺らぎ春灯        志路
立春やえのきひょろりと天へ伸び     朋子
◎鳥獣の戯画の染め味春の展        判字名
〇春浅し空の蝦蟇口ならびけり       茂樹
亀鳴きてほっけも蛙(かはづ)も染め出で来     麦


      (句会寸描)
*兼題の「春の花」は大接戦の結果、かかしさんが一位となり最高点を獲得した。ギャラリーの作品を眺めながらの当日句は俳号改名の下駄麿(旧釜爺)さんと判字名さんが一位を分け合った。兼題については情感の溢れる句や春らしい明るい句に人気が集まった。当日句については、バラエティーに富んだユニークな発想の句が数多く見受けられた。



*兼題 「春の花」

◎梅の香や眠る草木を揺り起し       かかし
 「梅の香」と「草木」の取り合わせが新鮮で、下五の「揺り起し」と大胆に詠んだところが共感を呼んだ。「梅の香」を独特の視点で良く捉えている。

○通い路の曇天に映ゆ紅き梅        華院
 普段見慣れた景色の変化を見逃さず、端的に捉えている。作者の日常の細やかな視線がうかがい知れる。

○ゆくりなき雨を絡めて椿落つ       志路
 椿が落ちる状況を「ゆくりなき」というやわらかな表現で情感を持たせている。突然の雨に打たれて、椿が落ちていく様子が目に浮かぶ。

○紅梅に触れて紅さすくすり指       朋子
 女性ならではの感性で、紅梅の艶やかな雰囲気を漂わせている。下五の「くすり指」に情感をにじませている。

〇クレヨンが弾けて飛んでチューリップ   麦
 いかにも、春らしい明るい句である。中七の「弾けて飛んで」の「て」「で」のリフレインが春の弾みをつけている。



*当日句

◎錆色の海泳ぐかな桜鯛          下駄麿(旧釜爺)
 当日の作品展の印象を「錆色」の一言で捉え、「桜鯛」と取り合わせたところが独創的である。ただ、「錆色の海」に「桜鯛」は似合わないとの声も出た。

◎鳥獣の戯画の染め味春の展        判字名
 滑稽で楽しそうな鳥獣の染物の作品が目に浮かび、いろいろと想像を掻き立てられる。下五の「春の展」が今一つしっくりこないのでもう一工夫が必要と思われる。

○染め抜きし命の揺らぎ春灯        志路
今回の柿渋染の雰囲気を簡潔に述べており、「春灯」がよく馴染んでいる。ただ、作品を観ていない人には、「命の揺らぎ」が分かりづらいと思われる。

〇春浅し空の蝦蟇口ならびけり       茂樹
中七の「空の蝦蟇口」に軽いユーモアを感じて共感を得られたようだ。



*次回予定
日時 平成二十九年三月五日(日)十八時~二十時 
場所 「カモメのばぁばぁ」
投句 兼題「卒業」と雑詠「仲春」を一句ずつ
 
                   (茂樹 記)







六星私的な俳句雑感。

茂樹さんがカモメにふらりと来られてから私たちは初めて俳句を作るようになった。
それが面白くてカモメ夜の美術館句会はもう二年以上も続いていて、今回も会場が熱気にあふれて熱くてエアコンも切ってしまうほど萌えまして!
わたしは父が俳句を詠んでいたことは知っていたけど二十代の若いころの母も夕凪に投句していたことは全く知らなくてこの句会のおかげで黄ばんだ「夕凪」を読み直してみたら母の句は案外にかっこよくて、麦さんや走波さんにみてもらった。

001_20170210001047cad.png

奈々海ちゃん、こんな素敵な句をありがとう~。






未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

掘りごたつでのんびり~火曜日記。

2017年02月08日
今日は筒賀の大銀杏のある田舎に行きました。

018_20170208003951fee.png

016_201702080039499c7.png

012_2017020800394768c.png
横ちゃんがおおごっそしてくれちゃったです!
横ちゃんは、ハシバミ鳥さんのお友達です。

013_20170208003948689.png
沢庵食べたら、かわいいおかめがでてきたー!!




明日はハンブルグからヘルブラウさんがカモメに来ますよ。
しばらく居ってじゃけん、会いたい方やドイツ語話したい方いらっしゃいませ!



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

よおわすれるけんね。

2017年02月04日
ど ど ど どなたの絵でしたっけ?

良い絵ですよねー。

16265369_245240232599540_14.png

Toshiさん所蔵です。

カモメの壁のどこに掛けてあったかも覚えているのに、作者のお名前が思い出せなくてすみません!  だれか!!







こちらは、杉田さんの絵です。
整理が下手なのでパソコンのあちこちにカモメで展示されていた色んな作品の写真が発見できます。

images.png






いつもToshiさんがアトムにリンゴをくださいますが、今日は手づくりの袋入りでご近所の奥さんにリンゴをいただきました。

012_20170204232845605.png
自然な味がしました。



お花屋さんの戸NONAKAmiji華bana+ギャラリーcobeya のみほちゃんがちょっと遅れたけどって花束を作ってきてくれました。
013_20170204232847c18.png
このぷくっとしたかわいい花の名前聞いたのにもう忘れたー。


グリーンベルって名前の花だそうです。
花博士の奈々海ちゃんありがとう~。



毎日色々忘れます!


未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)

Ishikoroさんの柿渋染め

2017年02月03日
二月のカモメは、ちょっと渋い和モダン風の作品が並んでいます。

001_20170203233609e62.png



003_20170203233505937.png



004_20170203233031d77.png

005_20170203233031e57.png

006_20170203233033d50.png

007_20170203233034ee5.png

008_20170203233036ab8.png





016_20170203233040ed0.png
行燈の枠はいしころさんのご主人作です。




011_20170203233039140.png
いしころさんのオリジナルキャラの宇宙人家族フラフラお買い上げの演劇青年。ありがとう!









カモメのばぁばぁおなじみの作家さんが描いてくださいました。
みなさん普通にバッグにスケッチブックが入っててびっくり!

8005.png

8006.png

8007.png

ありがとう。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

苦手なんです。

2017年02月02日
大っ嫌いな確定申告の季節です。

今日は、パソコンと資料一式をカバンに詰めて草津の方の中小企業ナントカに電車に乗って行ってきました。
毎年ちゃんと経理事務ができているか池田税理士さんにみてもらって申告できるように資料をまとめてもらいます。
どうしてナントカに行くバスはないのか?草津で降りてから20分も荷物担いであるかんにゃいけんのか!!!
車もない弱小店舗は何かにつけて大変なのだ!!


あ~~~つかれたぁ~~~~


毎度毎度そういう時にカモメのお留守番をほぼほぼ好意でしてくださる黒猫亭朋子さんありがとうございます!

ps. ミネットさんがんばってね! (この季節に同じく難儀する同士)









税務申告相談に行く前に、二紀展に行きました。

麻野瞳さんが以前カモメで個展をした時には赤ちゃんの身体の絵でした。
今回は二人目の子供が大きくなった絵です。
いつも母として子供への愛情が画面いっぱいにあふれています。

009_20170202005545959.png
また賞が取れたね、「おめでとう~!!」











おまけのアトム
001_20170202005543534.png

「アトムーっ!」って呼ぶとめんどくさそうに振り向くときもあります。
たいていはシカトですけど。
私の立場は婆やか?!








未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)

びじゅちゅーん火曜日記

2017年02月01日
今日もポンちゃんと山ジムでストレッチや色んなマシン使ってから屋外プールと温泉してきました。
そして、二人で《めざせ58!》の目標を作ったのに、天丼やら寿司やらケーキやらくっちまった。




夜のお勉強会の前に少し時間があったので、広島県安芸府中町にある神社 多家神社(埃宮) たけ神社(えのみや)に行きました。

009_20170201005408ea8.png

010_20170201005409a4f.png

007_20170201005405fd2.png

008_20170201005406a75.png
烏って悪い鳥ってイメージがあるけど、神様のお使いもしてこの神社ではかわいいキャラなんじゃね。







夜は下村邸で美術についての講義を聴かせてもらいました。

つかみが、ダナエについてだったので初耳でたまげました。
ミメーシスだとか新プラトン主義だとかイデアとか・・・よくは分からなかったけど少し知識があればもっと深く芸術がよみとれるかも知れないと思いました。
そして芸術は難しいものでもなく生きていく人間の日々と気持ちに添っているもののような気もしました。
それと、高尚な芸術・・・高尚という言葉は違うかもしれないけど高みにある芸術が分かる人間でありたいとも思いました。
誤解を生みそうだけど、有名な作家の絵とか値段が高い作品とかというのではなくってね。

トイレに行く廊下に気になる風景画がかかっていたので「どなたのですか?」と聞いたら下村仁一さんという下村さんのおじさまの作品でした。

下村さんや黒猫亭朋子さんや小畑さんは誰に言われるでもなく歳を重ねても学問を深めていてすごい!!

014_20170201005410856.png

今夜はお仲間に加えてもらってありがとうございました。





おまけの味噌ップル。

C3ak-XXWEAMjrmi.png

味噌人とエンジェルは、インド旅行中です。
ririも3年前にうろうろしていたガンジス川のほとりでカレーを食べているもよう。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年はじまりの展覧会。

2017年01月31日
今年のカモメの1月は、22歳の初個展、松尾錦君のフレッシュな線画で始まりました。
みなさんに応援してもらって好評の作品展でした。

ふたつめは、あいだみつよさんの曼荼羅原画展。
きれいに丁寧に心を込めて色を置いてある作品たちでした。
今日初めて体験されたお客様がとても楽しそうで何度もお礼を言ってくださったからこちらまで嬉しくなりました。

年の初めにふさわしいお二人の個展でした。
寒い中を横川のギャラリーまでお越しくださってありがとうございました。





2月1日(水)からは、Ishikoroさんの柿渋の作品展です。

turu.png

kame.png

初日は朝から作家在廊予定です。
平日は午後から夕方まで、日曜は終日在廊予定です。
お待ちしています!






俳句仲間のはんじなさんが、佐藤麗生君の油彩作品をもとに短歌を作ってFace bookに載せておられてからパクッてきました。

reos.png
写真は、佐藤麗生作「メンタルスケッチ(青森)」: 東北の海は黒い。
はんじなさんが、写真の絵を見て作った短歌
 「信号の如き漁火一旋し東北の海黒き永遠」 





さっちゃんが、とてもお勧めだから聞いてね!と言ってたNHKラジオの再放送予定が今朝の中国新聞に出ていました。

chugokuN.png

2月4日(土)午前9時5分から、NHKラジオ第1です。






おまけの野鳥
005_201701310051495af.png
これ、なんて名前ですか?
雀の二三倍くらいでした。

みなさんから色々コメントをいただきまして、「つぐみ」という鳥だということがわかりました!


おまけのアトム
002_2017013100514634b.png
俺はダックプー。



未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)

ピーター+ディーン!

2017年01月29日
美術館からいつもの様に展覧会のポスターとチラシが届きました。

4月中頃からひろしま美術館でピーターラビット展があるそうで、まだ先じゃけどいつもよりチラシがかわいいからお客様と見ていたら、音声ガイドが、ディーン・フジオカじゃと!
音声ガイド借りねば!
美術館儲かりそう~~。

pic15.png


mainvisual.png













おまけの歌丸

003_20170129232009201.png

「めしめし~~~!」って上がってきて瞬く間に食べたらすぐ深く潜っていく。






未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)

生まれた日。

2017年01月29日
親戚の万亀おじさんから絵ハガキが来て、「何で絵葉書?たまにはいつものメールじゃなくてハガキが来たら嬉しいだろうってことかなぁ?それにしては文章ないじゃん?」って不思議に思ってたら今日理由がわかった。

ミュシャの絵の下にカレンダーみたいに1月の日付があって28のとこに小さく赤丸がついてた!


011_20170129004608ff2.png

017_201701290046109b1.png
自分の誕生日をお祝いしてくれるハガキがもらえるという発想が無かったものでいくつになっても何が嬉しいんだろう???って分からなかったよ。
嬉しいです! 万亀おじさんありがとう!!


019_2017012900461173b.png
ほいで今日はいっぱいいただいた。ほんとすいません!


001_20170129004605ecf.png
先一昨日は義兄の、一昨日は親方(下の孫)の、昨日は味噌人(娘)ので今日は私と絵描きの友達や友達のお母さんや妹や娘や・・・・全部女の知り合いたちの同じ誕生日でした。
みなさん、おめでとう!
私は歳が増えて大して嬉しくないのですが、この歳まで楽しく暮らせていることに感謝です。
ありがとうございます!!





おまけのアトム
003_20170129004608d18.png


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

まんだら作品展キラキラ。

2017年01月26日
あいだみつよさんの曼荼羅原画展は、1月30日(月)まで。

週末の土日は、作家さんが来られて曼荼羅体験ワークショップもできます。
1枚制作  参加費1,000円+1ドリンクオーダー

028_20170126234342153.png

キラキラしてきれいだから道を歩く若い女性が「観ていいですかー?」って入って来られました。
作品はすべてパターンも色も違っていて一つしかないオリジナルだそうです。








おまけのアトム+歌丸

味噌人ちの金魚の歌丸にエサをあげに行くと、探しても住人が居ないので呆然と座ったまま動かなくなってそれから寝そべってそれからダッシュしてドアの所に行って「もう帰ろう!」って怒った顔をして出て行こうとするアトム。

002_201701262343265f4.png

003_201701262343278f4.png

004_20170126234328085.png

006_201701262343306c6.png

008_201701262343326ca.png

009_2017012623433398c.png

010_20170126234334c9e.png

016_201701262343373bf.png

018_201701262343399a2.png

012_20170126234336637.png
 「めしめし~!!」ってエサを要求する歌丸。


024_20170126234341ee4.png
その後、家に帰ってふて寝をしている。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

広島城辺りの歴史散歩の報告。

2017年01月26日
今日は、好いお天気で良かったです。

ブラアリタに参加されたみなさんは、今回も楽しく歴史を勉強しながら広島を回って来られました。

16195851_1425853330781803_8.png

16265702_1425853990781737_6.png

16266085_1425854197448383_7.png

16266301_1425854430781693_8.png
Photo by ねぎもとさん。



009_20170126005935345.png
カモメのばぁばぁ到着後もしばらく郷土の歴史や地理の話に花が咲いていました。

好評につき、二か月に一回第四水曜にブラアリタをしていただけることになりました。
次回は、3月22日(水)に決定しました。→己斐・福島町の辺りの予定。(詳細はまたお知らせします。)







今日は、ririは年一回の広大の検診の日でブラアリタに参加できませんでした~、残念。
もう忘れるくらい前に乳がんの手術をしてから多分18年くらい経ったのかな、途中で甲状腺も腫れてきたりしたからずるずると通っていたんだけど、去年くらいからさすがにもう卒業したら?って言われて今年で広大に行くのはやめることにした。
重い病気の人が何時間も検査を待ってたりしてるのに悪いものね。
部屋を出るとき長年の付き合いの女医さんが「広大にはもう帰ってくんなよ~っ!」って。
左手は血管が出にくいからずーっと右手を出してたら、手術した方で採血するなって言われて今日は左手を出してみたらちくちくいっぱい刺されて痛いし目玉焼きみたいに絆創膏貼られたから記念写真撮ってみた。

001_20170126005933260.png
毛深~~~!



今日はチャリで、中国新聞~広大~ブラック画材~船田奇岑(キシン)個展~広島城~カモメのばぁばぁって大急ぎで回った。
広島城で合流できないかと思ったけどみなさんより早く通ったのかな?

奇岑さんの作品面白かった。色形筆づかいもすべてとても好きな作品があった。えかったな~。



今日も朝早くから黒猫亭朋子さんがお留守番してくれちゃったです。
いつもありがとう!






おまけのアトム
012_20170126005936ab5.png
自分で滝川にもらったアトムそっくりのおもちゃを目の前に置いて昼寝してるアトム。



未分類 | コメント(11) | トラックバック(0)

ブラありた! 今週水曜です!!

2017年01月24日
有田さんと歩く歴史散歩のお知らせ

◎1月25日(水) 1:30〜2時間くらい
◎カモメのばぁばぁ 集合
◎今回の散歩場所 広島城本丸と東
◎雨天決行
◎会費 600円(テキストとドリンク代)

資料を載せておきます。
(下見用だそうで少しよれよれだけど)


m003.png

m004.png

m005.png

どなたでもどうぞ。







おまけのアトム

007_20170124004552ab0.png

旧太田川護岸は四季折々に美しいところです。
時々カワセミも現れますよ。




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

田谷先生の作品観に行きました。

2017年01月23日
田谷 行平 展

2017年1月21日(土)- 1月29日(日)
11:00am - 7:00pm

GALLERY TAMURA

15977703_933739626762344_71.png


詩集を読むように作品に触れる時間。


ずーっと昔、母と田谷先生の作品を観たことがあって母が「こういう作品面白いじゃない、由利もこういうの描いたらええね。」ゆうてました。
無理無理・・・・四十年以上前のこと。

田谷先生と会うと反射的に入野先生を思い出してしまう、やっぱり。

悦子さん、珈琲セルフで淹れてくださってありがとうございました。






おまけのカワウ

018_20170123003032933.png
皆さんおそろいで今朝、南へ行かれてました!
見上げてたら、田谷先生もそこにおられてびっくり@ナイアガラ付近。




おまけのアトム

008_20170123003030bbb.png
朝日があったかいねー。







未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

曼荼羅

2017年01月22日
一月後半のカモメの展覧会は、あいだみつよさんの曼荼羅原画展「春を呼ぶ」が開催されています。

021_201701212347469e3.png

020_2017012123474463e.png

019_20170121234743342.png

016_20170121234741c00.png

繊細な作品ですね。
作品写真は、由希ちゃんより。








昔、広島にガラスの里っていう文化施設ができた時、私がデザインを担当させてもらいました。
曼荼羅をモチーフにデザインした部分が多かったので懐かしくてネットで写真探してみたらまだそのまんま。


DSCN2218.jpg
ガラスの花時計。

images (1)
ガラスの噴水。

o0400030011279971841.jpg
ガラスのじゅうたんなど。
背景は、当時はインクジェットもない時代だから、藤本泰男さんの直筆カキワリでした。
ガラスのお城などを作ったのは、立体物では群を抜いて腕のいい美研工芸でした。
あー、なつかし!










八点鐘ってカフェにやっとお邪魔できました。
骨董好きなお客様たちがいつも「はってんしょうにいこうやぁ。」って話しておられていつか行ってみたいと思ってたところです。
想像通りのジャズが流れてネルドリップの珈琲のいい香りのする素敵空間でした。

009_201701212347400f2.png

003_20170121234738a71.png

007_20170122001733b8e.png




未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

追悼  狂児さん。

2017年01月19日
画家の杉田亨二さんが昨年11月に病気で亡くなられていたことがわかりました。

私は、狂児(きょうじ)ですよと言っては笑ってましたね。

私が初めて見たのはレイノでの個展の時の病院の窓から描かれた外の景色でした。
とても印象深い作品でした。



2015年9月のカモメでの個展の時の絵を少し載せておきます。

ダウンロード
大芝辺りで泳いでいる学生時代のご本人。

ダウンロード (3)
奥さんの子供のころを描いた絵。

ダウンロード (2)
横川第一公園の辺りに会社があったそうです。

ダウンロード (1)
昔の横川駅の辺り。


012_20170119233201fd4.png
これは、私が好きで購入した杉田さんの絵「青い花瓶」。


奥さんのとこに行けて良かったですね、杉田さん。








おまけのアトム

014_20170119233203f12.png
散髪したから男前になったんよ。  撮影は由希さん。ありがとう。








未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

春を呼ぶ

2017年01月19日
2017年1月後半は、キラキラな作品、あいだみつよさんの曼荼羅原画展「春を呼ぶ」です。

細やかな線と点で描かれた作品は楽しんで描かれている様子が伝わってきて、春が呼ばれてきそう!

C2TgqKLUUAAfNvH.png

初日は作家のみつよさんは不在につきそっくりのお姉さんが在廊して作品の説明をしてくださいました。







この世界の片隅に

主人公のすずさんの声をしたのんさんの舞台あいさつがあるからと呼んでもらったので今夜三度目を観てきました。
三度観ても初めてみると同じくらい新しい発見があったり感動があったり。

img-03.png
この建物は現存の平和公園のレストハウスだそうです。
向うの橋は当時の元安橋。


のんさんは、ちょっと声が嗄れてたけど一生懸命応えれるだけのことに応えてました。
呉のあげ饅頭も美味しかったそうです。
身体を使わずに声だけにすべての感情をのせなければいけないから監督にしつこく何度も何度も分からないことを聞いて役作りをしたそうで、監督もしつこい人でそれにこたえてくれたのだそうです。
普段から広島弁を話して難しい広島弁をこなせるようになったんだって。
彼女の「ありがとう」は、ホンマに広島の人の「ありがとう」に聞こえる。すごいねー!
のんさんの一番好きなシーンは、義理のお姉さんとの縁側のシーンだって。


この映画が沢山の人に観てもらえて、一つでいいから若い人にこの時代に起きたことを考えるきっかけになればいいと思わずにはおれません。
制作協力した大島の漫画図書館のあきこさんや早くからクラウドファンディングで協力されたオバタさんやお寺の青原監督や知った方の名前がエンドロールに出てきました。




未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

広島も雪が降りました!!

2017年01月15日
雪降りましたね!!

真っ白!

朝、外を観てびっくりしました~。


004_20170115195240b30.png

007_2017011519524219a.png

015_2017011519524227e.png







松尾 錦 個展、 明日16日が最終日です。

026_201701151952543be.png

025_20170115195253276.png

024_201701151952513c0.png

023_20170115195250a71.png

022_2017011519524829e.png

020_20170115195247309.png

019_20170115195245da4.png

018_20170115195244785.png

027_20170115200131580.png


明日は、会社はお休みをいただけたそうで、作家終日在廊予定です。
最終日に付き、pm5時までです。
よろしくお願いします。






おまけのアトム

今朝から下屋敷。
脚に雪がくっついて難儀したらしいです。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

平成二十九年 一月の句会

2017年01月13日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第二九号(平成二十九年一月)


一月八日(日)、カモメのばぁばぁさんの玄関の窓には名残惜しそうに手製の松飾りが置かれてあった。
松尾錦さんの作品展の会場をお借りして、十二名(内かかしさんと咲華さんは雑詠(晩冬)のみ欠席投句)の参加者で六時過ぎに、いつものようにはじまった。(遅れて来られた後藤朋子さんは見学のみとなった)
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)

002_20170113185805a98.png



席題 「規」           (清記逆順列記)

規律よく早起きすれば肌寒く       錦                         
息白し規律正して登校し         走波                       
ダイエット規制緩和で聖菓買い      幸音             
雪おりぬ筆持つ子規の枕辺に       六星         
○電線の上にも規律寒雀          志路             
子規来たる碧虚(へききょ)も集ひ初句会       釜爺
誓い立てたちまち規ただす三が日       麦
○定規あて描く真冬の大三角        華院
◎左義長や規矩にて描く円の中       判字名
○鉛筆に三角定規日脚伸ぶ         茂樹
                               

当季雑詠 (晩冬)

もみじの木木の葉舞い散り冬さみし    錦 
○つないだ手冷たくて抱きしめたくなる   走波                                                
初詣願いを込めて五円投げ        幸音
◎金柑を摘む吾子の手に陽溜まりぬ     六星
○初御空讃岐の嶺々(ねね)はやはらかし      志路            
パソコンを覗く初髪えひもせす      釜爺
○二卓をロろの字に囲む節料理        麦
○箸かきてすする七日の茶漬けかな     華院
ポナンザが秀句に名告なのる初寝覚      判字名
慰霊碑に小さき御鏡供えられ       茂樹              
◎三日月や金星が沿う二日の夜       かかし
宝船海をながめて夢をみる        咲華



      (句会寸描)

*席題の「規」は大接戦の結果、判字名さんが一位となり最高点を獲得した。
雑詠の「晩冬」は二名に選が集中して六星さんとかかしさんが一位を分け合った。今回は席題については前回より更に特色のある句が多く見受けられた。雑詠は、正月らしい明るく分かりやすい句が人気をさらった。
来月は、雑詠の代わりに「当日の作品を眺めて一句」になったのでどんな作品になるか楽しみだ。

*席題 「規」

◎左義長や規矩にて描く円の中       判字名
三十分余りの時間の中で「規」をこれだけ奇抜に用いたのは、一歩抜け出た感がある。ただ「規矩」(コンパスと物さし)が実際に使われているかどうかは別にして、下五の「円の中」の「中」が何なのか気になるところ。

○電線の上にも規律寒雀          志路
普段は、何となくじゃれ合っているのが雀のイメージだが、さすがにこの時期は、そうはいかない。「規律」と「寒雀」が上手く馴染んでいる。

○鉛筆に三角定規日脚伸ぶ         茂樹
 窓際の机の上に鉛筆と三角定規が雑然と置いてある。そこへ日が差し込んできたというようなイメージか。

○定規あて描く真冬の大三角        華院
 作者曰く、「定規あて」は実際に外でやってみるのではなく心のイメージだそうだ。いずれにしても「真冬の大三角」は、なんとも美しい。


*当季雑詠 (晩冬)

◎金柑を摘む吾子の手に陽溜まりぬ     六星
 ちょっと時期がずれているが、ほのぼのとした温かい雰囲気があり作者の優しい視線も感じる。ただ調べが散文的になっているとの声も出た。

◎三日月や金星が沿う二日の夜       かかし
この句は非常に分かりやすく共感する人は多かった。それだけに「三日月」(秋)と「二日」(新年)の季重なりが惜しまれる。季語を「寒月」とか「冬三日月」一つにして「二日」を省略するか、逆に「二日」を強調したいなら、比較的季節感の弱い「月」ぐらいにするか、もう一工夫が必要。

○つないだ手冷たくて抱きしめたくなる   走波
少し破調の句だが、思いを全面的に押し出しているところ「抱きしめたくなる」に共感を得た。因みに作者は今、池田澄子さんの句にはまっているそうだ。

○初御空讃岐の嶺々(ねね)はやはらかし      志路
 瀬戸大橋から四国を眺めた景はこんな感じで、のんびりとした正月らしい句である。ただ下五の「やはらかし」に思いが入っているので「なだらかに」にしてはと作者に問いかけたら、それも考えて悩んだ末の結果だそうだ。

○二卓をロろの字に囲む節料理        麦
 最初にこの句を目にしたときに情景が目に浮かばなかったが、二卓をくっつけると「ロろの字に囲む」ことになるのが分かり、「節料理」を一家団欒で楽しんでいる姿が目に浮かんだ。

○箸かきてすする七日の茶漬けかな     華院
 下五の「茶漬けかな」がいかにも、今風でユニークである。七日の過ごし方も多様になっている昨今である。



*次回予定

日時 平成二十九年二月五日(日)十八時~二十時 
場所 「カモメのばぁばぁ」
投句 「春の花」と「当日の作品を眺めて」の句を一句ずつ
 
                   (茂樹 記)








てごや音助チームが作ってくれちゃった正月飾りに入っていた梅の枝にかわいいお花が咲きました。
一輪が数ミリです。小梅かなぁ。

014_201701131858093f6.png


ゆでともこちゃんが毎年喉に良いからとかりんシロップを作ってくれます。
咳が出た時にちょっとずつ飲んだらいいよ。
いる人がおられたらおすそ分けします。

012_2017011318580631e.png



これは、先日カモメの定休日の火曜にギャラリー交差611に行って、好永芳子さんの版画展で購入した陶のブローチです。

001_20170113185804213.png
かわいいね。



ガタロさんがお話しながら、錦君の細いボールペンで描いてくれました。

013_20170113185808cba.png
アトムはかわいい!



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »