fc2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

美しき庭師

2009年04月27日
昔、何かの洋書の挿絵で、「美しき庭師」っていう絵を観たことがある。
ラファエロの絵とは全然違う。
とても素敵だった。
せんずいかわらもの 山水河原者 という被差別者の作庭師にもロマンを感じる。
洋の東西を問わず、自然を模してふらふら旅をしながら美しい庭を作る仕事に憧れる。
造園会社の試験を受けたことがあって、入社試験は、樹木の数を20言えるかどうかみたいな適当なものだった。会社一のええかげんな営業部長が試験官だった。
その会社で出会った職人さんたちは、山や川や木や花や自然のエキスパートみたいな人ばかりで、日々教えてもらえることがいっぱいだった。

その時の先輩のヒデさんが、カモメのばぁばぁ開店祝いを持ってきてくれた。(今頃だけど。)
手作り花器。
牛乳パックに和紙を貼って、水彩で鯉や蟹が描いてある。

1
素焼きの植木鉢に蛙やバッタの絵を描いては会社の人にプレゼントしていたおじさん。



6月後半の二人展のテーマが決まりました。

4
宮川ママの日本画、尾崎ママの陶芸が中心の作品展です。
お楽しみに!



今年1月後半にここで写真展をされた 磯崎 光さんの写真展がギャラリーSORAであります。
2



先日のあのでっかい牡丹の絵が届きました。

3

やっぱり万年筆が一緒だね。笑
姉貴のお友達が持ってきてくださった牡丹一輪、絵葉書サイズでその時の感激の気持ちとお礼の思いがこもった絵をいただいて、人のふんどしで相撲じゃ。



未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
とても牛乳パックだとは思えません!>花器
知り合いに庭師さんがいますが、いろんなことを知ってないと
なれない職業ですね。
万年筆ライダーさんも博学(なにを今さらですが)な方ですね。
こんなふんどしならいくらでも相撲とっちゃってください。
とうてい無理な話だけど庭師は憧れの仕事です。師がつく仕事っていいよねぇ~、
でも教師はいやだなぁ~、そしていかさま師?ってぇ~のもあきまへん・・・(なんになりたいんやねん!・・・笑)

私の傲慢で奇妙なブログへのやさしいコメントありがとう! 
たまにまた覗いてみてくださいね。
どるっち&ヘルさん
うんうん、庭師ってかっけーよねぇ。
山師となると、詐欺師も含まれるかな。楽師もいいね。

万年筆ライダーさんも、多分万年筆以外にもこだわりの物を見つけるの上手そう。
展示会待ち遠しいね。
奥様のトンボ玉工芸と一緒にしようかなってゆうておられたよ。
素敵な男子は愛妻家が多いんよね。

ヘルさん、ちょくちょく覗きまけんね。

管理者のみに表示