fc2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

宮沢賢治とみんなと秋の夜。

2008年09月28日
日が暮れて、『山猫軒』の看板がでて、
1

7時を待たず、人は集まり、
3

演目のはじまりはじまり。
2





「ぼくはもう戻ろうとおもう。」・・・
4
5
6


お日様は燃える宝石のように東の空にかかり、あらんかぎりのかがやきを悲しむ母親の木と旅に出た子供らとに投げておやりなさいました。
7


わたくしという現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
8


(Ora Orade Shitori egumo)


ドッテテドッテテ、ドッテテド、
 でんしんばしらのぐんたいは
 はやさせかいにたぐいなし  ♪♪
9


『クラムボンはわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
11



日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
12




みなさん、お見事。
山猫軒店主は、びっくり感動の三時間でありました。

ともこさんの玄米おむすびや、むっちゃんやぽんちゃんたちのおいしいご馳走をいただきながら、バーテンダー緑のワインをいただいてゆっくり朗読を聴かせてもらえてほんとうにいい夜でした。
13
14
15
16
17
19
20


お掃除味噌人。
18


来年の秋の夜にまたやりましょう。
 次は、 セロ弾きのゴーシュ ですぞ!

みんなの朗読がおわるごと、久保田さんが、ご祝儀カンカンを回してくれたので、七千二十五円も集まりました。これで、来年もできます。
みなさん、ありがとう。

未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
いやーなかなかたのしかったね!
満員御礼、札止め状態。
こんな窮屈なとこでやるから、いいのかもしれない。
いつもながら、おいしい物がたくさん食べれるのも
本当に魅力の一つじゃね。
月に一度ぐらいは、いろんな企画を考えて
やるとおもしろそう、『山猫軒』はナイスアイデアでした。
ヴィデオは撮ったんだけど、デジカメで撮り忘れました。
『遠くで汽笛が聞える』には残念ながらアップできません。
DVDには、ダビングできますので1枚山猫軒に届けておきます。
ドッテテ ドッテテ~♪
ririさん、アキさん、そして仲間の皆様!
先月からカモメに居着いている(笑)
でんしんばしらの知子です♪
個人的には台詞も間違い、音程も外れる
稼げない「でんしんばしら」でしたが・・・(笑)
皆さんの芝居っぷりに驚き、心もお腹も満腹!
本当に楽しい時間を有難うございました♪
次回も楽しみにしていま~す!


秋の夜長
もこんなに楽しくなれるようですね。
皆さんがそれぞれに参加してそして観客という雰囲気がよくでてます。
広島発信で広島もんはなかなかいいぞーと手拍子です。
こういう催しは1年になんども季節ごとにされては如何ですか。
熊さん
やっぱ、DVDにしてくれるんだ!!
楽しみ~~。
いつも、頼まないのにおいしいものがいっぱい持ち込まれてうれしいねー。
でんしんばしらのともこさん
きれいなお嬢さん改め、電信柱’sじゃね。
でんしんばしら、大うけでおもしろかったよ。
山口親分も夢を見させてもらったって喜んでたから、すごい!
わたしゃ、書も人も、上手く写真撮れんかったー。
普通でもだめなのにワイン片手では無理じゃったわ。
おむすび、あっという間になくなっちゃったね、ごちでした。
ヘルブラウさん
老若男女で、秋の夜長が楽しかったです。
たまにはいいもんですね。
しかも、みんなの朗読があんまり上手でびっくりでした。
広島からも、いいもんが発信できるようにアンテナたててがんばりますね。

管理者のみに表示