fc2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

Black Gold

2008年09月10日
『おいしいコーヒーの真実』

という映画を観てきた。
エチオピアでコーヒー豆を作っている人たちは、豆の価格が低いので、とても貧しい。
エチオピアの子供の通う学校の黒板はぼろぼろで、学校に行きたくても途中でやめなければいけない子供もいる。
ririは、コーヒー一杯400円で売って、今、生計を立てている。

一生懸命働いても貧しい人の上で成り立っているのか?
何ができるのかな?
少しくらい高くても、フェアトレードのコーヒー豆を探して買えばいいのか?
調べてみなくてはね。

コーヒー一杯が、貧しい国の人の手で育てられた木にやっと成った実を低賃金の女たちの手で選別され、袋に入れられて、海を渡ってきたものかもしれないと、気にかけて、大切にコーヒーをいれて、コーヒーをのまなくっちゃ。


未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
  今日、コーヒー豆を買うときRiRiさんのコメントが頭ン中よぎりましたよーー!
かつて、日本だって「女工哀史」の時代があったんだーー!この飽食の時代に物の大切さを教えることは至難の業と思いながらも一人一人が努力していかないと~~~まずは、自分から!
大事なこと
忘れてたなって思いました、夕べ。
毎日、お客さんにコーヒーいれてると、とても機械的で、心を込めるとかより、時間や温度ばかり気にしていて、ましてや、豆を作った人のことなんて思いもしなくてね、いい映画みました。
自分から! ですね。
そういえば、紅茶も似た現実があると聞きました。
あたりまえのように飲んだり食べたりしているものが
様々な現実や人の汗と努力によって生み出されていることを
忘れないように感謝したいと思います。
自給率40%以下のこの国の住人としては。。
紅茶もなん。
そーなのか、何にも知らないなー。

何でも、食べ物、粗末にできないね。
私も、もうちょっと感謝します。
フェアトレード非常に大切です
私全てフェアトレードの物が売ってるとちょっと高くてもそっち買います。
農家の人の懐がちょっとでも暖かくなりますように。
広島にも
フェアトレードのものを扱うお店がありそうだから、私も調べて少しでも参加したいよ。
あんなちゃんが、来週広島に来るんよ。
久しぶりに、ロンドン話しとワカバ話しが、楽しみ!!

管理者のみに表示