fc2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

とても気になる昨今のこと。

2008年07月25日
人殺しのニュースが珍しくなくなってきた。
家族で殺しあうニュースにも慣れてきた。
もし、通り魔殺人を理解できると思う若い人がいたらとても悲しいですよ、私は。

私ね、子育てを終えてからこんな歳で海外に行ったんだけど随分世界が広がったよ。
狭い日本の狭い教育の中だけにいたらわかんなかったことに色々気がついた。
中国でもモロッコでも目の色変えて必死に生きてる子どもたちがいたし、フランスでもイギリスでもつつましく生活して他人に優しい人にいっぱい出会った。

大概は、日本みたいに国が過保護でなくて、自分の責任ではっきり意見を言って、何でも主張する。
赤信号も自分の責任でずんずん渡る。

人間が強い。
死にたいなんて、思ってる暇はないんだよ。
世間の目なんてどうでもいいんだよ。

私、むかーしガンになったことあるけど、そういう大病をするとね、お医者さんや看護婦さんが必死こいて治そうとしてくれるのに感動するよ。
命の大切さがすごくよくわかったんよ。

もし、なんもやる気がおきなくてつまんなかったら、がんばって100万くらい貯めてから、海外に行って来たらどお?
言葉なんかできなくってもどーにでもなるから。

むしゃくしゃするから、親を殺そうとか、誰でもいいから殺そうとか、そりゃおかしいよ。




英語つながり・デザインつながり・友人つながりの、Mr.SINGからメールでコメントをいただきました。ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

アキバの事件について、かなりの反響があって、どうも加害者を全否定までしていない若い人達が想像以上いるらしいと、友人に聞いたことがあります。
その友人は、ネット上での検索件数の多さにビックリしていました。

おきている現象と、その原因については考える必要があるのではと思います。
あまりショッキングな話題にはならないですが、「自殺」がもの凄く多いでしょ。
平成15年で32,109人ですよ。

自殺せざるを得ないというのは、何らかの圧力で殺されるということでしょう。
何らかの圧力が社会からもたらされていると仮定すると、自殺とは、社会が殺人をすることに等しい。
「いじめで自殺」とは彼あるいは彼女の属する小社会が彼を殺すことに等しい。
小社会が我々の社会の一部なら、我々の生きている日本国という社会が殺人を犯していることです。
アキバの事件を「社会という不特定多数の個人の集団」へテロという行為で反撃するという風に考えるとどうでしょうか?
もし、自殺する人の半数でも、テロという手段で社会に反撃すると考えると、空恐ろしくなります。

原因は、どうも今の社会の精神生活の貧困さにあるような気がします。
個に何らかの圧力を加えている今の社会はかなり悲しい状態にあるのですよ。
もっと言えば、検挙されない犯罪者が多数この社会にいるということ。
また、弱者を救うシステムが身の回りにないということ。
そういうこととして、我々が生きてるうちの修正は不可能じゃないでしょうか。

------------------------------------------------------------------------




未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
同感です。
今の日本は、いつの頃からか、
子どもも大人も、自然の中で思いっきり遊んだり、学んだり、
人と人の「心のヒダ」が感じあえる機会や経験が、少なくなってきたのでしょう。
Mr.SINGのメールに書かれたご意見に、頷きながら読ませていただきました。

ririさんのカフェから、そのような哲学から現実へのシグナルを、
作品を通じて、発信されそうですね。
京のふくろうさん
私も、シングさんの言ってること、まったく同感です。

が、しかしそれでも若い子に強くなって欲しいと思ってます。
私なんかじゃ、何もできんけど、「優しいだけじゃ生き抜けないよ、おばさんみたく、世にはばかれや!」って言いたかったもんで。
こんちは。京のふくろう さん、ririさん。
人は、似た者同士が集まる習性があるのですが、実はその様な集団は危険なのです。
異なる考え方を持つ者を排除しようとします。
世の中ゴローバル化と言ってますが、現実には各国がそれぞれのエゴで利益を求めていることには変わりありません。
マホメットの真実とキリストの真実と釈迦の真実が同じものなら、世界は一つになるかも知れませんが、中近東で行われていることや、中国のチベット弾圧などを考えてみると、一見宗教的な物の考え方tの対立という風に見えますが、裏には資源の奪取という意識が見え見えです。
利が増えることがその国の国民の生活を向上させるなら、国民はその政府に文句を言わないでしょう、
たとえ正しい事を言っても、その国の利が減り国民生活がダウンするようなら、その人は無視されるか
社会的に葬られるでしょう。

夢物語でしょうが、今までのものは博物館に展示して、世界の人種、文化、国境が全て交わりあって、国境のない、肌の色は皆が黄金色で、宗教も皆が同じ、そういう世界が出現したら皆は幸せでしょうね。
でも私は地域に密着した文化、人の肌の色、異なる言語、そういうのを排除したら、人類の破滅へ向かう事になると思います。
北アメリカでは、インディアンの抹殺。南アメリカではインディアの抹殺、オーストラリアではアボリジニの抹殺、アフリカでは黒人の奴隷化土地の収奪。日本ではアイヌや琉球の日本化。
そして現在では、世界のアメリカ化。
我々が学校教育で習ってないこともっともっとありそうです。
新聞、テレビの報道などでも中々見えてこないです。
そうですね~。
個性があると、修正されてしまう・・・って思い当たること多いです。
留学先の学校では、ロシアとサウジアラビアとブラジルとイタリアとフランスとオマーンと韓国とトルコと中国と日本とスペインと、ドイツと、スイスと、隣の席で勉強していましたが、とても平和でした。先生はイギリス人で。
それぞれがいいたい放題に相手国に政治のことも宗教のことも疑問をぶつけてましたが、若くて率直で清々しい会話でした。
日本の若者ももっともっと海外で交流して欲しいと思いましたよ。

確かに今の日本の社会って不安だらけですが、その中にいても豊かな種まきしたいですね、ぼちぼち。気持ちだけでも!v-22

管理者のみに表示