fc2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

モロッコのおじさんと日本のカレーライス

2007年11月19日
昨日、亜希ちゃんにもらった日本のカレールウでさっそくここのファナナ家(ラシードんち)に居候のお礼方々日本風カレーを作ろうと思ったらモロッコから、ラシードがタンジェの拘置所から脱出する時にお世話になったらしいおじさんと従兄弟がやってきたのでみんなでいただいた。
ラシードがべジなので肉が入れられなかったけど大量のきのことシュリンプを入れて(ラシードはエビも大嫌いらしいけど)とても美味しく出来たので、おかわりおかわりで記念すべき久々のヒット。
1

日本のカレーは美味しいとモロッコで評判になるかもじゃ。
ぽんちゃん、あきちゃん、ありがとう。

今日も外は寒いので、モロッカンティーポットとモロッカンミントティー用の赤いグラスを描いてみた。
このポットを使うときは、高~いとこから注ぐ。
それには別に意味はなくポーズだそうだ。
riri思うに、水が貴重な土地だから、お茶もそうして大そうに振舞って大事にいただくのではなかろうか?
モロッコのお茶のグラスは小さいし。
2

暑い国、モロッコで飲んだミントティーはホントにうまかった。

モロッコついでに、庭に置いてあるタジン(土鍋)の写真も。
何で蓋あんなに長いのか知らないけど、好い形。
3




ラシードが今までなぜ彼女のことを友達に言わなかったか、家族に会わせたくないか解った。
人種や宗教の壁が厚いらしい。
ラシード自体は無宗教であっても、ラシードという名前でイスラムの人という分類になるんだそうだ。
あのピーナツ頭を見れば一目で分るラスタマン(ラスタの人は大概髪は自然のままに伸ばしてドレッドにしてぐるぐる巻いて帽子をかぶってる)って言うことも宗教では無いけれど敬遠する人もいるんだそうだ。更にヨーロッパにはユダヤ教の人も多く、シナゴークという特別の教会に行き、中々他の宗教の人とは相容れないらしい。
そして、このフランスはどこよりも色が白か黒かで人を分けたがるという。
日本じゃ考えられないけど、ヨーロッパで暮らす人たちには大きな問題らしい。

ラシードは、自分のことをノマドだって言ってた。

家を持たない遊牧の民。
そして、空間を分割せず、固定した中心を成り立たせず、また階層性を退ける・・・
と辞書にある。



■MOVIE

Journey to Kafiristan

ドイツ映画。そう悪い意味で無くアンニュイな風景・時代・登場人物。
何故か、何時までも余韻が残った。
7

In 1939, the author Annemarie Schwarzenbach and the ethnologist Ella Maillart travel together by car to Kabul, but each is in pursuit of her own project. Annemarie Schwarzenbach, who was among Erika and Klaus Mann's circle of friends in the 30s, is searching for a place of refuge in the Near East to discover her own self. Ella Maillart justifies her restlessness, her need for movement and travel, with a scientific pretext: she would like to explore the mysterious Kafiristan Valley and make a name for herself with publications on the archaic life of the nomads living there. Both women are on the run, but political developments and their own biographies catch up with them again and again. Their mutual journey through the outside world, which runs from Geneva via the Balkans and Turkey to Persia, is compounded by the inner world of emotions with a tender love story.
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
riccoさん繋がりのワタクシ、また伺っています。
素敵な旅、その中に沢山“染みる”発見あるのですね。
ririさんの目の位置とても共感できて、伺うたびに嬉しく元気になります。
ところで、mixiにはご縁ないのですか?
it's sooooo nice to see ur pictures. U must have good time in France. plz say hello to Rachid. i miss U 2. i really wish i were there. very enjoyablev-238
アイルランドのりっちゃんちのふくろうさん。
こんばんわー。
共感してくれてる人がいるとおもうと幸せ~な気分になりました。
ありがとう。
なんせ、私のともだちは、薄情でコメント書きませんから。
ミクシーはあんまりわかんないんだけど、一応入ってますよ。
昔からのハンドルネームの鉄人28子とかブライトンとかで出てきます、多分。
京のふくろうさんのも教えてください!
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
HNは「京のふくろう」そのまんまです。
見てもらったらわかると思いますが、
日記と言うより、四季記(ならまだマシ)なほうで、
でも、ブログ作るほど甲斐性ありませんのどす。
美しい風景・・・・・・・
見とれていました。
全部見て無いけど、桜のとこでおおーーって止まってました。
青い妖精の帽子は、スコットランドの小高い山に登った時に見たのと似ています。
私の日記は、えーかげんな文とテキトーな写真ですが、植物好き・自然派んとこは共通ですね。

管理者のみに表示