FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

豆腐と酒が好きだった山頭火。

2018年04月27日
俳人種田山頭火は、昭和15年58歳で松山で没しています。
昭和8年から14年の間に9回広島の牛田を訪ねて来ていたそうです。

今夜は牛田にお住いの藤原さんにあまり知られていない晩年の山頭火と大山澄太さんとの交流などについて聴かせていただきました。

20180426_105554311_iOS.jpg
藤原さんは、山頭火について勉強するというよりは何かを感じてもらえればそれでいいと思いますからと言われて、大山氏が残したテープや資料に基づいて主に晩年の山頭火の足跡について聴かせてくださいましたが、それは誰にも訪れる最後の時をどこでどう過ごすか、俳人としてどうだったかというよりむしろ一人の人が選んだ生き方と死に方の話のようでした。


20180426_105511908_iOS.jpg
牛田早稲田神社の近くにあるこのお宅が山頭火が何度も訪れた大山さんの家だということが分かったそうです。


20180426_105625509_iOS.jpg
私の知っている山頭火の句は、孤独で深い寂しさを感じさせるものが多いと思っていましたが、晩年広島で作った俳句では穏やかな暮らしだったことが分かるようです。

昭和15年10月11日に松山の知人の句会の場所で寝ていて翌早朝には亡くなっていたそうです。
その年に詠んだ句。

 よい目ざめの雀のおしゃべり

 むくむくもりあがる若葉匂ふなり




20180426_102908798_iOS.jpg
今夜はおっさんばっかりの会でしたからもちろんアトムおっさんも参加して熱心にお話を聴いていました。



ご縁があってサビちゃんが藤原さんを紹介してくださって、下村さんが今夜のお話会を企画してくださって、本当に良い時間をみなさんとご一緒に過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
次回ぜひ山頭火の歩いた三原の仏通寺など足跡をたどりたいと思いました。
ロンドで磯根さんの珈琲飲んで、でんでおでん食べて、カールトンで一杯飲んで。。。時間が足りないか!






未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
あぁ〜、残念!
この山頭火の会、ぜひ参加したいとこの時期に広島へと行く予定をしていたんですが、昨日どうしても京都に行かねばならなく、今日だったら日帰りで行けたのにぃ〜、明日と明後日荷物が届くんでいなきゃいけんのやわー、広島へはゴールデンウィークがおわったころになりそうよ〜、その時はよろしくねっ!
ヘルさん
残念じゃったねー、このお話会は大変面白かったんよ。
もし時間があったら個人的にお伺いしてお話を聴きに行かせていただくこともできると思うよ。
イルガビアーノがあった牛田ではんこ屋さんをしておられるんよ。
GWあけに待っとるよ~、楽しみ楽しみ!!

管理者のみに表示