07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

7月の句会

2016年07月06日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第二三号 (平成二十八年七月)


七月三日(日)、雷が鳴る物凄い夕立で心配されたお天気も五時頃にはすっかり止んで句会には支障なくほっと一息といったところでした。堀田恵子さんの作品展の会場をお借りして、十四名(内欠席投句二名)の参加者で六時過ぎに、いつものようにはじまった。
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)



兼題「花火」             (清記逆順列記)

花火パーン一二三四(いちにさんし)でどんとなり     華院
花火鳴るたびに横顔光りけり       志路
花火見る世間を離れ見る宇宙       厚子                        
○せんこうはなびポトリためいきをつく   六星
(Hulot氏へ)
遠花火ふたありだけのbal(バル) masqué(マスケ)     釜爺          
色薬部屋に咲きたる花火かな       風外             
一人見る花火は遠くセピア色       走破(旧走波)             
○音のする毎に縁先遠花火         麦                
花火持つ指先白しなぎの夕        りう子
手花火に肩を寄せ合う孫ふたり      かかし
この夜が音沙汰もなく遠花火       判字名
◎猫の眼に映る花火を見てをりぬ      茂樹
ゆりの花花火の如く散る想い       紫翠
涼しさを川面に映す花火かな       弧山


当季雑詠(晩夏)

鳴り物の遠く聞こゆるナイターや     華院
◎虫捕りの網しばらくは空を撫で      志路               
鳳仙花子供が弾き花咲かす        厚子
青葡萄もぎ取る吾子や日曜日       六星           
毬花の二つばかりを活けにけり      釜爺
色にじむコップの中の水中花       風外                  
人恋し浜昼顔が群れる浜         走破(旧走波)
○干梅を一ついただく回覧板        麦
あじさいを活ける母の手しなやかに    りう子
ほととぎす兄との話題故郷の       かかし   
ライダーのメットに余る半夏生      判字名
公園の中の慰霊碑明易し         茂樹                
岩かがみ晩夏に消えろ我が想い      紫翠
手に負えぬパソコン誤動いく晩夏     弧山




 (句会寸描)

*兼題の「花火」は、目の前の大きな花火より少し目先を変えた句に選が集まった。雑詠「晩夏」はダントツのトップに志路さんの句が選ばれた。全体的には片仮名の季語を使った句が見受けられた。元々外来のものであれば問題はないが、俳句では、平仮名か漢字を使った方がよいでしょう。


*兼題「花火」

◎猫の眼に映る花火を見てをりぬ      茂樹
こんなふうに別な角度でのんびりと花火を楽しむのも乙なものかもしれない。

○せんこうはなびポトリためいきをつく   六星
一七文字に収まっているが、七・三・七の破調の句となっており、平仮名でまとめたところに作者の工夫のあとが見受けられ、雰囲気がよく出ている。

○音のする毎に縁先遠花火         麦
 作者によると宇品の花火の情景を詠まれている。さりげない仕草を簡潔に表現している。ただ「遠花火」は、音が聞こえないほど離れている情景が主体なので使い方には注意したい。
 


*当季雑詠(晩夏)

◎虫捕りの網しばらくは空を撫で      志路 
子供が元気に虫を追いかけて走り回っている様子が目に浮かぶ。下五の「空を撫で」の表現に作者の優しい目線が感じられる。

○干梅を一ついただく回覧板        麦
「干梅」と「回覧板」との取り合わせが面白く、良くなじんでいる。ほのぼのとした楽しい句である。



*次回予定

日時   八月七日(日)十八時~二十時 
場所   「カモメのばぁばぁ」
投句   「原爆忌(広島忌)」「初秋」の句を一句ずつ
 
                   (茂樹 記)




サビちゃんの差し入れ
026_20160706184217634.png
いつもバラエティに富んだおやつなどありがとうございます。
手づくり牛乳寒天ようかん、懐かしくて美味しかった~~!!
ごちそうさまでした。(みなさんを代表して






カモメの句会は大体毎月第一日曜の6時から8時の二時間やっています。
進行してくださるのは茂樹さんで、参加したい人がわらわらと集まります。
会費は、 600円(1ドリンク付き)です。
ちょっと狭くてぎゅうぎゅうですがやってみたい方は上記の二句を作成してメモしてお越しください。


未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんは。

素敵な画像を掲載していただき、ありがとうございます!
ひっくり返して、みかんが見えると余計においしそうですね。喜んでいただけたようで、嬉しいです。
牛乳寒天、時々食べたくなる大好きなおやつです。
サビ子さん
私も好きです。
子が小さいときには赤い寒天でピンクのも作りました。
懐かしくて美味しかったです。
スプンまで用意してもらってありがとうね。

いつもいつもすみません。
楽しみにしています~~~。v-10
はじめまして。質問があります。
はじめまして。検索で拝見しコメントさせていただきます。
現在「遠花火」ということばについて調べております。
辞書にもWEBにも明確な記載がなく困っているのですが、こちらの記事の文中

○音のする毎に縁先遠花火         麦
 作者によると宇品の花火の情景を詠まれている。さりげない仕草を簡潔に表現している。ただ「遠花火」は、音が聞こえないほど離れている情景が主体なので使い方には注意したい。

この「音が聞こえないほど離れている情景が主体なので」というご指摘の元になる、いわば「出元」というか、根拠になる文面などがあればお教えいただきたいのです。
現在では単に「遠くの花火」という認識になっているようですが、元は音の無い花火らしいという文章を多く見付けることは出来ました。しかしどこも断定はできないようで、なんとなく…というご返答も多いのが現状です。
お手数ですが、もし何か手掛かりがございましたら、ご教授いただきたくお願い申し上げます。
ぜんろう17さん
コメントありがとうございます。
はじめまして。
私は俳句初心者でして、遠花火についても分からないので、また句会の皆さんに聞いてみますね。
気長にお待ちください。

もしよかったら、私たちの句会にいらしてください。
毎月大体第一日曜日の夕方6時から8時で楽しんで集まっていますので。
ぜんろう17さん
句会のリーダーの茂樹さんにお返事をいただきましたので、載せておきます。


ご質問の「ただ「遠花火」は、音が聞こえないほど離れている情景が主体なので使い方には注意したい。」の根拠はありません。
断定したのは、これまで私の参加した他の句会の席で出てきた「遠花火」の句の印象と、「遠花火」の言葉からくる感覚で申し上げたのですが、ちょっと誇張しすぎたかもしれません。何冊か歳時記も調べてみましたが「遠花火」は、「花火」の中の傍題のため、調べた範囲では解説はどこにも記載されていませんでした。ただ「遠花火」の季語を使った俳句は多く、皆さんそれぞれの感覚で詠まれているようです。お役に立てず申し訳ありません。

※参照歳時記:新日本大歳時記(講談社)、日本の歳時記(小学館)、俳句歳時記(角川)、風生編歳時記(東京美術)、新歳時記虚子編(三省堂)




また何かあればコメントをどうぞ。


管理者のみに表示