09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

そして、なにもなくなる・・・!

2015年11月11日
いよいよ実家が無くなることになったので、今日は姉と私と長い間家と墓の守りをしてくれたお義母さんと三人で実家でお昼ご飯を食べた。
私は小さなお結びひとつで良かった。
家とさよならするのにはそれで十分。
そこに父が座ってテレビを見ていたとか、ここに母が座ってタバコしていたとか、この縁側から姉がお嫁に行ったとか・・・。
双子の息子たちは生まれた時からそこにいて、味噌人はばーちゃんと布団の中で犯人当てをしていたね。
母が生きていた頃は、庭の滝の様相の石組みを水が流れてきれいな鯉が泳いでいたし、いい家だった。

   021_20151111012119a83.jpg

いつも親戚や誰かしらが来ていて母は精一杯のもてなしをしていた。話も楽しくて気取らない人柄でなにかと人に頼りにされて母が要のような家だった。母に苦労ばかり掛けた父は晩年はおとなしくしていたな。

さて、私の父母は天国に行き子供たちはそれぞれの場所で家族を作り、育った家もなくなった。
そして私は身軽になった。




おまけのアトム

最近のマイブームは、ピースパークで朝食を! です。
毎朝、9時過ぎから10時ごろの間、ここら辺にいます。↓

018_201511110121220ba.jpg

013_201511110121200fd.jpg
良い気持ちですよ、アトム、探してみてください。

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
思い出のある家がなくなってしまうのは寂しい。。
我家も建て替え取り壊し前のカオスな部屋で家族ととったほか弁の最後の夕食、
これがミョ~に記憶に焼きついてます。
今でも時々夢に出てくるんだよね、リアルに。
家って不思議だなあと思います。
どるっち
そーなんだ、一緒じゃね。

家って不思議ねー、私もすっきりするのには時間がいるなって思う。

ありがとね!!

管理者のみに表示