08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ヒロシマ70 入野忠芳・香川 龍介・田谷行平

2015年06月24日
画家は良いなぁと思った。

描いた人がそこにいなくても、絵をみていると何かしら伝わってくる。
入野先生の場合は、そこにある被爆樹木の力強さと歴史と命と。
それから、樹木から零れ落ちる言霊もそこに描いてある。
そして、「百日紅の木は描きにくいだろう、こうすればいいだろう、ほら花も葉っぱも自然で生きているでしょう。」とか言われている気がした。

020_201506232350593bc.jpg

009_2015062323505968e.jpg

泉美術館
ヒロシマ70 入野忠芳・香川 龍介・田谷行平
ー入野忠芳の遺作とともにー

7月12日まで 月曜休館


会場を入ってすぐのところで入野先生の奥様が迎えてくださっていました。
昔先生が黒板に「旅に出ます。」とだけ書いていなくなってたことや、高校生だった私のスリッパの音がやかましいから底の薄いのに替えるように言われたことや、中国を一人旅した時の話を聞かせてもらったことや、懐かしくていろいろお話させてもらった。
それにしても、先生は手が片方しか無かったのだけれど不自由そうだったとか動作が人と違っていたとか何も覚えていない。





それから、夜は京子先生のフレンチレッスンでした。
何故か楽しい60過ぎての語学学習!
いつから入っても十分追いつけるスピードですから、休み休みでもどうぞいらっしゃいませ。
来月は、7月14日(火)と28日(火)の7時から8時です。
先生に500円+1ドリンクオーダー。

因みに今日は、数を数えるのをやりました。
99=4×20+19 で、キャトル ヴァン ディズヌフ と読むのだそうです。

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
感動でした
えつこさん
私もです。

管理者のみに表示