09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

おかんの命日@火曜日記

2015年06月16日
今日は定休日で、朝もはよから県庁行ったり郵便局行ったり・・・
久々の街中だからシャレオに降りてしまったら古本市に出くわして1,000円もする写真集買ってしまった。
まあいいか。


横川に帰って、アイーダと待ち合わせてサソンボンでランチして姉の家でお習字体験。最近友達になったフランス人のアイーダは働きながら世界を旅しているんだそうな。
004_20150616230413b26.jpg
何という字を書きたい?と聞くと「平和」と書きたいって。


今日は27年目の母の命日だから俳句を作って書いてみた。
009_20150616230415ad8.jpg
姉も私も、
夕凪や片膝タバコの母が居り    に座布団一枚!
俳句も字もへたっぴだけれど、茂樹さんと俳句のお仲間のおかげで作って楽しめるようになりました。

それから実家に行って、「余技作品集」という父の残したらしい黄ばんだ本を発見。

012_201506162304186f1.jpg

013_20150616230419f4e.jpg
カットの所に、猪熊源一郎や三岸節子とか書いてある。 お!

011_20150616230417ef5.jpg
おとんの句が一席で、これ三岸さんのカットなんじゃろうか。m.s.じゃけん。 おお!

この本は、私が生まれて一か月後の発行になっていて、父が32歳、母は25歳のころみたい。
私や姉の知らないおとんとおかんの青春の頃やね。


未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
おとんすごい人だったんだー
それにしても昭和の出版本ていいなあ~
活版印刷?
イラストなんてもう溜息もんです。
どるっち
あ、どるっちが好きそう。
昔の本。笑

印刷はよく分からないけど、東京都中央区の合資会社 伊坂印刷所と書いてある、定価250円って。私が生まれた年だから62歳じゃ。
私もレトロになったということか!?v-510
No title
私も、目次の猪熊さんや三岸さんのお名前にすぐに反応してしまいました。余談ですが、三岸さんの旦那さん、好太郎画伯の絵がとても好きです。札幌の三岸好太郎美術館を訪れたことがありますが、すごくよかったです。
サビ子ちゃん
ほーじゃろー、サビ子ちゃんが食いつきそうな部分じゃと思ったよ。
しかもこの頃はこの方たちもまだ若かったんだろうからビッグネームじゃなかったと思うからこういうカットの仕事もしよっちゃったんじゃろうね。
三岸好太郎さん、ええですね、今ググってきました!
ああいう絵が描きたいなーって思いました!!
No title
18日はあれから廿日市に帰りすぐ長束に行き、さっき帰ってきて、今、このブログ読んでます。私、見落としとったよ。
いい本を見せて貰ってありがとう。

ririさんの「夕凪やかた膝たばこの母がおり」いいねー。一票いれます。わたしのおばあちゃんが煙管にたばこをつめて吸っていました。おばーちゃんを思い出してしんみりしました。
やっぱりお父さんの血を引いたんじゃ!

また本みせてーね。
彗ちゃんハハさん
いつも作品展をみに来てくれてありがとう。
それから、俳句の本もみてくれてありがとう。
茂樹さんに教えてもらったところ父の句を選ばれた俳人の方はすごい人なんだそうです。
今頃天国で父が喜んでいると思います。やっとわかってくれた人がおったと。笑
うちのおかんもタバコ吸ってる姿が普通でした。おばーちゃんと一緒ですね。
私は父の俳句が上手かったと知るにつけプレッシャーですじゃぁ!

管理者のみに表示