05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

おめでとう! について。

2015年06月13日
ギャラリーやデパートで個展や作品展が行われる時に「おめでとうございます。」とお客さんが入ってくるのがどうもしっくりこなくて何故作品を発表したらおめでたいのか?とずううっと腑に落ちなかったのです。
5月の連休の時に清水司氏と私との二人展の時にも知っている人たちがおめでとうと言って入って来てくれて別におめでたくは無いけれど・・・と私は思っていて、S先生が来られた時に「私は何で作品を観てもらうのにおめでとうと言われなければならないのかわからないと聞いてみたら、「それは何年かの期間頑張って作品を製作してこれたことと、人に見てもらうものがあるということは何かしらすぐれた才能があって個展などが開催できたわけだからおめでとうと言われても良いことだと私は思います。」とお返事をいただいてなるほどとやっと腑に落ちたんです。

このS先生は、息子っちの山本小学校の時の先生でその昔、「どうしたらこんなにいい子に育てられるんでしょうかねお母さん、教えてほしいです。」と言ってくださったことがあって、以来私は、「ママは子育てが上手いんよ。」と子供たちが大人になるまでずっと自信を持って言い続けてきた。
そういわれ続けた子らは自分たちは子育てに成功した子供だと思って悪い気はしないだろうし、親にも子にも双方に良い影響を与えられた褒め上手な先生だったのかと最近気が付きました。



先月、甲状腺の病気で手術をして色々みなさんにご迷惑をおかけしましたが術後も良好で退院して沢山おめでとうを言ってもらってどうもありがとうございました。





おまけの今朝のアトム

009_20150613231253b85.jpg
012_201506132312540d4.jpg
023_20150613231256632.jpg
024_20150613231257250.jpg



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示