08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

入院生活5日目。

2015年05月22日
朝8時に朝ごはんを食べると既に本日の目標が無いので退屈です。
上げ膳据え膳で入れ替わり立ち代り可愛い看護婦さんとイケメンの先生が覗きに来ます。
月曜に入院して水曜に手術で喉の腫れている甲状腺を片方取ったんだけど、自分で思ってるより大きくてこのタイミングで手術しておいて良かったそうです。
さっき、先生が来たから「喉の下がぷよぷよして二重顎みたいなんですけどー」って言ったら、「元からです!」と即答されまして納得。

今時の手術事情は、テレビドラマで見るようなベッドで家族と神妙にお別れじゃなくて、歩ける人は歩いて手術室の中まで行きます。お医者さんが手を洗うとことかも通ってどんどん中へ入って手術台にも自分で寝ます。そして眠くなるようにタイミングを見計らって手術が始まり「終わりましたよー」と声かけられて帰りはベッドで部屋に帰るけど翌日にはずっと寝てると筋力も弱るのでどんどん動いてとか言われます。

大昔ね、広大に入院した時ご飯が美味しくなかったんだけど、今回はとても美味しい。入院してると楽しいこと無いからご飯は大事ね!

20150522152132a28.jpg
今日の昼ごはん。


今日読んだ本。
俳句も出てきます、いる方がおられたら差し上げます。
おられなければ病院の図書室において帰ります。
20150522152141902.jpg
喉がイガイガするので、ゆでともこ特性シロップを味噌人に届けてもらった。お酒ちゃうんよ。


そして、彼女からはいつもツボのハガキが送られてくる。
20150522152143155.jpg



二人展の時の絵を取りに来られた方はわかるようにしてありますから味噌人に声をかけてもらってくださいね。


未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
全身麻酔は怖~い、けど楽!
無事に手術が終わってよかったですね。

私は9年前に副鼻腔炎の手術をしましたが、ririさんと同じように手術室まで自分で歩いて行き、自分で手術台に上がり、麻酔のマスクを被せられ「少し麻酔を入れますね」と言われたらすぐに(1~2秒で)意識が無くなりました。
手術が済んだらしくて「終わりましたよ~」と声をかけられて目覚めたら3時間経過していました。
これって全身麻酔で、前日に麻酔科の先生から「0.02%で目覚めない時があります」と説明を受けましたが、なんと答えてよいやら「・・・」でした(汗)
全身麻酔は、心臓は動いているそうですが自立呼吸はできないんだそうです。つまり、心臓は動いているけど自分で息はしていないので、0.02%の内に入ると生き返らないんだそうです。
全身麻酔は、手術を受けている時はまったく分からないくて傷みもないし、失敗して死んでもわからないので、いいかもなんて思ったことを思いだしました(笑)

最近の病院食はけっこう美味しいですよね。
まあ、のんびりしてください。


のらぶんさん
えーー! 5000人に一人って結構な確率ですね、びっくり。
私の場合はそういうお話されなかったですが、聞いてたら怖いですね。
のんきにお医者さんと手術室を見学しながら好奇心が強いのでキョロキョロ入って行きました。
今は至れり尽くせりで呑気にさせてもらってるけど、周りを見ると大変そうな方も多くて看護婦さんっていつも笑顔で偉いなーって思います。
入院するといつも思わ無いこと思ったりしますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ビックリしました!
あはは 収容ってなんじゃ!!

経過も順調で優雅なホスピタルライフを送っていますよ。

たまたま良いお部屋に通されてたまたま元気な病人だからのんびり休養みたいにしてるけれど、入院してる方を見てるとやっぱ芸術とか夢のある仕事は必要だと感じているよ。
カモメに来られる方の心にちょっと何かが残る様なしごとせにゃいけんわあって思ってるところ。
また時間があったらカモメに顔出してくださいね!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ネコランジェロ。
なれとるわー。v-294

管理者のみに表示