08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

三浦 寿秀さんのおはなし

2015年04月10日
本日の「かもめのばぁばぁ」

展覧中のお母さんと小さい女の人が二人。

「じゃあ、今日は帰らなきゃ」
「それじゃあ、さようなら」
「さようなら」


ちょっとしたら、
一番小さい人が「自然に呼ばれた」ってみんなして戻ってきた。
ああ、すっきり。
そうしてまた、
「さようなら」
「さようなら」

そうしてまたちょっとしたら、
二番目に小さい人も「呼ばれて」戻ってきた。
ああ、すっきり。
さっき一緒にしてくれたら一度で済んだのにね。

その人は両手でシロツメクサの花束を持っていた。
とても大事そうに。

葉っぱを一枚落としたので教えてあげたら、
「ありがとう」
って、大事そうに束に加えて小さな手で握った。
「さようなら」
「さようなら」

そうして僕の帰り道の3歩目に、
シロツメクサの花が、
こことその先とに落ちていた。
目印みたいに。

その人の歩いた目印。
その人たちの辿った目印。
大事なシロツメクサの花。
ありがとうって言って握ってた花束。
そこを辿って家に帰ったんだ。

花は貰って車にのせたさ。


sirotumekusa.jpg

久ーしぶりに三浦 寿秀さんがやってきて、お母さんとそらちゃんとひなちゃんが、おそとでお花を摘んでいてあわててカモメのばぁばぁに帰ってきたときのこと見ていて描いてくれたのね。
ありがとう。




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示