09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

お魚から六角形へ。

2014年09月17日
三浦寿秀畫展は、15日に終了しました。
私は、お魚の絵がとても印象深かったです。
黒い魚の鱗や、皿の裏の生きのよさそうな魚やのんびりした鯛焼き君や繊細な鉄のアミアミの魚や・・・。


さて、今日9月17日からは、サカイサチコ展が始まりました。
六角形の形の中に彼女の独自の世界を描いています。
おとついまでのカモメとはまたガラリと変わったリズムの流れている個展会場です。
今日は、山口出身のさっちゃんと、山大出身の新聞社のS田さんと山口大好きのHらさんで、マニアックな山口話で盛り上がっておられました。
あすこのラブホの向こうがどうとかこうとか・・・・。

013_2014091722274283b.jpg
 ※まだ初日なのでモザイク入れときました。




<以下、三浦寿秀さんのfacebookより勝手に引用させていただきました。>

個展が終わった。 個展は、その度ごとに、今の自分への課題だけれど、今回の課題は「任運」で、頂いたものは「騰々」だった。 会場決めも、不思議なご縁だった。さあ、追込みという時に災害があって手が取られた。今回も古いのを並べた。母の入院があった。新しい場で、沢山の方の眼にさらされた。今回初めて、師匠の名前を出した。 自分としては、誰でもなく、いつだって先生に見て頂く積りで作っていて油断はないが、間抜けは常にあるです(苦笑)。大河を妄想するのでなく、自分がある今の流れの面白さ、唯一さを、できる限りに発揮して行くということに気付いたし、その流れをちょっと実感した。
そうして、これからの第一歩を進める、というその歩々が、お天道さんに丸見えということのおそろしさも。



二年後の妹さんたちとのコラボ展が楽しみです! 
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示