fc2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

Amsterdam & Bruges

2007年03月12日
イギリスから、海底のユーロトンネルを通ってフランスからオランダのアムステルダムに行って、ベルギーを回って帰ってきました。
学生相手のコーチトリップ(激安バス旅行)で£69(15,000円位)で、バス1泊、安ホテル1泊で正味土日二日間の旅。

ペコちゃん!
1

はなちゃんです。バイリンガルでかわいい女の子と一緒でした。

1日目は、ダイヤモンド加工工場に連れて行かれて(誰も買うわけないじゃろうに)、オプションで£7で船に乗って、
2

クルーズして街を見物、(海面が地面より2.7m(多分ガイドさんがそう言ってた)も高い国なので川がいっぱいで船の道が発達している。
3

アンネフランクの隠れ家があった家に行ったら長蛇の列だったので引き返して、ゴッホ美術館に行って、本物の芸術を堪能して安宿に帰った。
なんでこんなすごい絵を描ける人が精神病院に入るんだろうね??
彼が浮世絵好きだったり、あの(題忘れた)雨の橋の橋げたをかなりしつこく描いているのはこの街に来て納得。
アムステルダムはどこか日本と似ていて橋も多く、ゴッホが興味を持っただろうと想像できる。

一休みしてから、夜の繁華街へ。
この国は、大麻や売春までも合法だそうで、ロケットケーキとかいう怪しい気分になるチョコも売ってて、街にはマリワナの匂いが立ち込めている。(と匂いに詳しい友がいっておった。)赤いライトの部屋が並んだ通りがあってお姉さんが一人ずつセクシーポーズをしていて、昔の吉原みたいなところもある。
写真を撮ったらいけないとガイドのおじさんがいうので、帰ってスケッチ。
4


2日目は、チーズと木靴の工場に連れて行かれて、その後風車見物。
5

6

風車ぐるぐる回ってました。水の向きだか水位だか変えるらしい。
7

水面すれすれに家が建ってます。
8

マツダ発見。
9

ベルギーまではこんな風景が延々。
10

11

ベージンは、ドイツに似たかわいい街でした。
12

お天気も最高で、
13

見たこと無いお花もあったり、
14

美味しいお菓子やアイスクリームもいっぱい食べたり、
15

アイとミカ。
ミカが前働いていた会社のお店のチョコレートやさん。
16

アイちゃんは、スタイリストで、市原君(イッチーって呼ぶらしい)とチェケラッチョの仕事で沖縄にずーっといって、服着せてたんだと。
星になった少年の時は柳楽君とタイにいっとったんと。
ウラヤマセーー(K母さん風に)。

きれいな街で楽しい週末、こんなに簡単に海を越えて外国に行けて不思議です。
17



未分類 | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
日本
満喫してます♪
毎日おいしいご飯を食べ、ぶくぶく太ってきました!
今日はお台場に宿泊してます。

エリザベス女王に会えて良かったですね!!
こんな時に日本にいるなんて~。。。
里帰り
いいねー、うらやましいなー。
日本のごはんや日本のお風呂や家族や・・
今日はこっちは異常に暖かくてさすがに冬の防寒コートは着ていけないほどだったよ。外人は半そでやノースリーブも。(外人は私ね!)

クイーンがホントに来たよ。
アキコが最初に教えてくれたのに、アキコが日本に帰った日だった。(笑)
時々やってくるらしいから、また次回に会えるといいね。

あっちゃんと、しっかり1年分楽しんでゆっくりして来て下さいね。
アムステルダム
ゴッホに飾り窓に風車に‥まさに同じようなとこに行ってました。
バスの旅は疲れませんか?ririさんが疲れるわけないですね。
私は週末はRegent Park行って、家の息子を描いて、のんびり過ごしました。
★ ゴッホ、 ゴーギャン& 田中一村
 おかえりーーなさい!ゴッホは自分の耳さ削いだ時点で病んでますねーー統合失調症は間違いない! 彼ら3人の画家も書ききれないほどの共通の繋がりがあり紐解くのもおもしろ!
RiRiさんの裸婦像ーーやっぱ見事に実PAPAさっDNA育みしてますねーー!
★ホント スタイリストのアイちゃんうらやませーー*偶然にも最悪な少年 カネシロ君役の市原隼人君を イッチーなんて呼びーー彼のラッパーファッションも彼女がスタイリストしてるんでしょうかね? *りりー・シュシュのすべてやウオーターボーイ観ましたが
あのーー涼しげーで優しげーな自分っちムスコズにはなーい眼がいいんよね!
★ぺこちゃんも一緒にオランダ外遊したんですね。日本での不祥事さひきずりちょっとハネーのばした感じですね!
ほーらんだ
オランダに行って来ますって何人かの英国人にいったんだけど中々分ってもらえなかった。これ、発音むづかしー。
水と草原の多いオランダの風景は、日本の田舎と似ていて郷愁をさそういいとこだったね!
ベルギーもお菓子の国みたいで、忙しい旅だったけど面白かった。
好きなことしてる時はね、ぜんぜん疲れないんだけど、勉強は3分で眠くなる。夕べも教科書広げたとたん寝てしまった。
concentrateの仕方教えてほしー。
ホスト息子君の絵、ロンドンに行ったら見せてね。
ぺこちゃんね、
ブライトンで暮らすことになりました。オランダにも連れて行こうとバックに入れてたら、ぺこちゃんみたいなはなちゃんに会って、ぺろっと舌をだすので、運命的な出会いと思って、旅行の最後にプレゼントしたら、服につけて嬉しそうでした。お母さんが、「お友達が送ってこられたこんな大事な物を・・・大切にします。」って。すいませーん。

ゴッホ美術館で。
「なんでこんな絵が描ける人が精神病院はいるかねー。」
「エッ 精神病院入ってたんですか?」
「うん、耳切り落としたりしてさ。」
「エッ 耳きった?」
「ゴーガンに襲いかかったりしてさ。」
「エッ!?」
「ゴーガン好きだったんだよねー。」
「エエ~ッ! 男として?」
「知らずに来たん??エエ~~~ッ!!!」
こんな感じでした。かわいい同行者2人とも。

アイちゃんが、撮影現場の写真見せてくれるそうだから今度載せますね。市原隼人君は、NHKの『緋色の記憶』で大ファンになりました。ラッパーファッションもかきいときますね。
えみちゃん
が言ってた、林の絵ほんとに私の絵とそっくりだった。
びっくりしたー。あれは、イクバルさんが手を入れてくれたのでかなりよくなったんだけどね。ちょっと嬉しいかも!
so~~~~~~~nice~~~~~~~~~~~~~~
even though i can't understand ur diary
but when i saw ur pis i believed u really enjoyed ur journy!
i wish i were there T^T
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示