09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

トランスパレントスター

2012年11月29日
今日は、東北の震災にあわれた地域の方のためにほんとに微力だけど気持ちを込めて半透明の色紙をおりました。

1


3
これは、アオキ母さんの第一号のできあがり~。
窓にぺたんと貼るとほんとに光が透けてとってもきれいなので、少しでも喜んでもらえるといいですね。
みんなでやると楽しい作業だけれど少ししか折れなかったからタンダッチャ先生とナオミールさんがおうちへ少しお持ち帰りでおってくださることになりました。
出来上がったら少しだけどクリスマスまでに南相馬の仮設住宅に公美さんが送ってくださいます。

実際に被災地に入って南相馬の方たちと交流をしてこられた中本公美さんは、震災の被害・原発放射線の被害・風評被害の中で今も穏やかに暮らせない人たちのことや実際に汚染されている土地の今とこれからのことをみんなが忘れないように心に留めておくことが大事だと思ったそうです。

今日は人のために気持ちを込めるってことをさせてもらえて感謝です。




今日の小人さん。
4

番外編、ご存知鳥博士のNすが氏の作品。
5


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
漫画「はだしのゲン」は図書館にあり、そう思いますと皆様が「福島のために忘れないように」本当にありがとうございます。

南相馬に中本久美さんがいらしたこと、こちらは0.18シーベルトの60キロ地点ギリギリのところです。
いわき市のボランテイァ教会で広島から来たという、若い男の方に出会い、話が弾みまして握手をしていただきました。

広島、長崎、福島、まさかという思いです。原発建屋はまだそのままです。

ririさんの行動に感服です。v-237v-238ありがとうございます。
絵絵友達さん
読んでいただいてありがとうございます。

私は、このたびカモメのばぁばぁで個展をされたフェルト作家の中本公美さんの明るく真摯にボランティア活動をされている姿に感化されて少しお手伝いをさせてもらったくらいです。
こういう人がいるとふと我を振り返る機会を与えられたようでした。
絵絵友達さんとお知り合いになれたのも公美さんの作品展でご縁が生まれたおかげですね。

広島では私の親や親戚も含め被爆者が大勢いますが年月と共にそういうことを知っている人がいなくなり風化されていっていると思います。
これだけの災害があったのだから原発は廃止して残留放射能の問題も早急に対処してこれからの子供達が安全にまた平和に暮らせるようにしてほしいと思います。

こちらこそ福島からはるばる飛んできてもらってありがとうございます!
中本公美さんの原動力にもありがとうです!

管理者のみに表示