fc2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

元気な Jet lag

2012年07月12日
四時半に起きましたよ、今朝。

あっちで一週間目にはちゃんと朝7時に目覚めるようになったアメリカの朝。
その翌日にまた飛行機に乗って地球を回ったら、やっぱり眠れなくてもんもんと明け方眠りについて、さすがに夕べは夜12時には眠くなり今朝爽やかに目覚めたと思ったらまだ暗かったんです。
軽く龍平君の「恋するマドリ」を観て、NHKのラジオ体操してシャワーを浴びたらやっといつもの朝になった。
ラジオ体操意外といいね!!



今来たガスの検針のおじさんが「テレビみましたよ!」って。
昨日も、朝ドアを開けたらそこに自転車の知らないおばさんがいたから「おはようございます!」って言ったら、「観ましたよ!」って言われた。
テレビの力はすごい
時々テレビに映るのははずかしいのにちょっと嬉しい気持ちになるね。

1
7
2
3
森 拓磨キャスターとシンガーソングライターの森本ケンタさん。
ちょうど熊五郎ことアーティストの菅健風氏が来てくれたからちょうど良かった。

広島テレビさん、取材してもらってどうもありがとうございました。 テレビ派






アメリカ報告(Los Angeles and San Francisco) ↓

お暇でしたら覗いてね。
ここがテルリン家です。
1
父ちゃん出社風景。出入りは一階のガレージから。右側通行じゃね。
2
アーバインのこの団地の家の周りには、人の背より高い鬼のような極楽鳥花も咲いています。
3
小さな中庭のアジサイもでっかい。
5
まじめに朝ご飯中(ちょっとしかられた顔)。
6

飛行機でロサンゼルスからサンフランシスコへ。
親子じゃけん後姿が似てるな。
父ちゃんはアイパッドで道路情報やレストランを探してくれる。便利じゃぁ。
8
レンタカーで、ヨセミテ国立公園着。
9
熊も出没するらしいバンガローに二泊。
食べ物は絶対テントや車に置かないこと、テント前の鉄の金庫みたいなのに入れないと熊に襲われるかもだと。
夜中にトイレに行くのがちょっと怖いんよ!!
早朝、青い鳥Blue Jey(ブルージェイ)がやってきた。
幸せを運ぶ青い鳥らしくない美声とはいえない鳴き声じゃった♪
11
ジャイアントアトム発見! アメリカでは犬連れの人も多い。
12
テルリンの食べこぼしをもらいにリスも来た。
13
Yosemite National Park 雪解けの水が流れてくるんだって。
14
メットがぶってチャリでトレッキングルートを回る。
15
ジェントルマンだからオシメはずさないんだよ。
16
水遊び1
水遊び2
17小人のおうち。
18
The Ahwahnee(アワニーホテル) ヨセミテの最高級ホテルらしい。
ドレスコードがあってにわかにあわてた三人+1。
19
持っていた服でギリギリ最高にしてみました。
20
Marvellous & delicious!
20 ←肉食的母大興奮!


橋を渡ってダウンタウンへ。
25

サンフランシスコのHOTEL REX
26
ホテルの看板犬。MAX
26
このホテルにはriri好みの絵がいっぱい。
29

SFMOMA サンフランシスコモダンアートミュージアム。
子供たちも先生の指導によって熱心に鑑賞していました。
30
こういう配置好みです。
31
カヤ君の描いた西君思い出したり。
32
菅健風氏のタワシの生け花思い出したり。
33
いつも思うけど現代美術館には超シンプルな作品があったり。(結構好きですけどね。)
35
こんなんも描けそうじゃし。
36
この旅のriri一番はこの芸術です↓。
37
モネが溶けたら紫がかった微妙なグレー!(右から二番目) おもしろか~!!
38
美術館の屋上から空を見たらピーカン。
39


海辺へ。Fisherman's Wharfとか。
40
UFOみたいなかぼちゃ、食べれるんと。
41
からくり博物館は、照樹には不気味かもね。
43
25セント入れると笑う水兵さん。
45
フラ味噌人
44
ゴールデンゲートブリッジの下をくぐるクルーズ。
46
船から見えるアルカトラズ島の監獄。
47
囚人のしましまの服のお土産品がいっぱい。
チョコレート工場。アメリカ人も驚くでかいパフェは日本人はシェアしないと食べれんよ。
48
サンフランシスコ名物、こう配のきつい坂と路面電車。
49
満員でなかなか乗れないから歩く!
50
ミネットねーさんのために猫も撮っておく。(二匹おる)
51
人気なお洒落でおいしいカフェで朝ごはん。
店の前の滑り台みたいな椅子は製作途中で、新聞記者が記事に載せてくれるってテルリンを撮って行った。52
科学博物館
53
動物好きだから近づいて写真を撮りたかったんですよ。
この後、この白鳥ママはリリに向かって走ってきて突っ掛けを攻撃!
53
おじいさんワンコ。
55
移動のバスが来なくて30分以上経過。白いパンツのイタリア女性は足がながーい。
57
おかげで博物館は閉まっていて裏口から滑り込みでセーフ。
56
街のあちこちには大小のギャラリーが沢山あります。
でかいフェイク・スイーツはピンクちゃんを思い出し。
57

Orange County/John Wayne Airport、アーバインの家の近くの空港へもどる。
広いアメリカではバスのように飛行機を使うから、赤ちゃんの泣き声が結構あっちもこっちも盛ん。
58

最終日はオレンジ カウンティのラグナ アート ミュージアムへ。
テルリンちの住宅街を抜けるとすぐに荒涼とした風景が広がる。
59
ドライブして、突然現れる海辺のアートフェア会場へ(山の中みたいだけど海辺らしい)。
60
このおばさんのアーティストの人形には時計のゼンマイとか色々ついてて面白い。
62
これね、絵美ちゃん思い出したり。
63
版画体験コーナーはフリーで、Donationware(寄付)してもしなくてもいいんだって。
64
65
左、照樹作「無題」。真ん中、リリ作「昨日の襲ってきた白鳥」、右は父ちゃんの「TERUKI」66

帰りの車から見えた大きな布をひっぱる飛行機。
70
空飛ぶ日焼け止めの宣伝だって。



アメリカは大きいね。


読んでくださったみなさん、長い旅のレポートにお付き合いくださってありがとうございました~。


未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
おかえりなさい!!
りりさん、こんにちわ
息子さんご家族と良い休暇を過ごされましたねえ。
ユーチューブの動くてるきくん
最高に可愛いです!!

ririsさ~ん こんにちわ~
楽しめた1週間?だったね!!
照君とズーッと一緒で♪

白鳥も放し飼い?襲われそうになった(笑)
子を守ったんだね。

シスコの路面電車に乗れず横目で見ながら坂道歩いた。
どの位歩いたのかな?

No title
おかえりなさーい!
怒涛のアップ!知らないとこばっかだからわくわく見ました。
ヨセミテ行ってみたい、おむつテルリンがポーズしてるとこは湖かと思ったら
でかい川か~、木漏れ日が涼しげでいいとこだなあ。
ホテルも興味深々。

アートレポート、好みがririさんとかなりかぶる(笑
版画作品はririさんのも好きだけど、照樹様の作品いいっす!

テルリン宅はオサレだな~
映画の一場面みたいな玄関やキッチン浦山です。
ローズマリーさん
帰ってきました~。

遠くにいるから久々に会えると嬉しいものですね。
息子がこんなに優しいのも驚き!
大人になったなーって思いました。
今だけかもじゃけど。笑
アクリちゃん
楽しい家族でのんびりできるゴージャスな一週間でした、ありがたいですね。

白鳥ね、私のクロックスをめがけて走ってきてつつかれたんよ、たまげたわ!

路面電車に乗れないときは15分くらい歩いたかも。それも景色を見ながら楽しかったよ。
サンフランシスコは坂だらけじゃった。
どるっち
ただいま。

わたしゃあいつもせまいギャラリーじゃけん大きな景色はゆったり気分になったよ。
サンフランの街中はアーティスティックで面白いところじゃった、身近に触れ合える芸術がいっぱいって楽しいね!
どるっちとかぶった?嬉しいな!v-218

アメリカの家は広い!
息子たちは日本に帰ったら何もかもが縮小されてきっと窮屈になるかもです。

やっぱりテルリンの作品が一番やね。v-510

管理者のみに表示