09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

木の額と田舎の植物たちの絵。

2012年03月16日
三月後半の展覧会は、「もりはらあきらの額+多美子さんの絵 展」です。

カモメのばぁばぁの絵画の展示では、最多展示数の二百点越え!
建築家の森原さんの一点ずつ違う手作りの額に、広島北部の庄原にいらっしゃるお母様が描かれた水彩画が入っています。
七十五歳のお母様の絵は、ほぼ実物大で身の回りにある植物などを多く描いておられます。

1

3

3

4

5

6

6
木の種類によってお値段は様々ですが、たとえばこのみかんの絵と手作りの額、セットで1,000円です。

みなさん、お早めにいらしてください。

手作りの額のさわり心地は優しい感じ。
自然いっぱいの田舎で一人でこうして絵を描いておられるお母さんの絵を観ていると元気が出ます!!






江森郁美のアサリおやじはこんな感じにラッピングされました。
7かわいい。

イクミちゃんの大学の後輩のミイクちゃんが、「間に合ったー!」って夕方入って着たけど、間にあっとらんけ。
昨日までじゃけーー。




お客さんにイタズラしたくてあちこちに場所を変えて仕掛けては、すべて自分で引っかかってる毎日。
9



カヤップル・コニコさんに1月にもらったお花。
10
どんだけ丈夫!



ふたごっちの次男ぶー平とさやかの選んだ茶碗が今日もお客様に好評です。
12
出町光識氏の茶碗、ポンちゃん作の菓子皿、竹ごんべさんの煤竹の楊枝、ririの手織りコースターでお出ししています。



親戚のおっちゃんから「じゅんたがマツダの新聞にでとるでー、みたかぁ?」って電話がかかってきた。
純太は、今アメリカで働いてるふたごっちの長男で休日に赴任中の日本人とアメリカ人とのチームで野球をしているらしい。
14
弱小チームがこんな時だからこそ絆を深めて力を合わせてがんばってるって言うポジティブな記事。
ちっちゃいことでも明るいニュースは嬉しいね。
万年筆ライダーさん、わざわざ持ってきてくださってありがとうございました。


未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
素敵だね&宣伝
 純太郎くん素晴らしいですね。素敵な人柄がなせる業です。
記事を書いたM社広報部も素晴らしい。
ついでに報告
M社広報部の依頼でM社のフェイスブック(ウォール)に小生の車の絵が毎週発信されることになりました。こちらも感謝です。(世界版は先週から日本版は来週から)機会があれば見てください。
万年筆おじさん
こういう大変な時代だから、あの記事はちょっとホッとしました。
元気がでました。
ありがとうございます。

はい、MAZDAのフェイスブックみてみます。
楽しみ!!
No title
いいお話ですね(^^)v
で日本とアメリカの対決どちらに軍配が上がる方が多いのかしら?
アクリちゃん
アメリカの日系企業のチーム同士がゲームするらしい。
チーム内は日本人だけじゃないらしいよ。
海外には日本の企業が色々あってその野球チームの中でもM社は弱小と言われていたけれど、努力して強くなったんだって。
たまたまうちの息子は野球をしていたから役立ったみたいです。お仕事にも役立っているんかなぁ。

管理者のみに表示