07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

江森郁美の世界。

2012年03月02日
1

2

3

4

5

6

7

8

9 カタツムリ 一匹 2,000円 素焼き

10

11
真ん中のアサリおじさんは、飛行機に乗ってハンブルグで暮らすことになりました。


お近くの方はどうぞ本物の彼女の作品を観にお越しください。
お待ちしています。








Click → 今日のアトム
12


小さな小さなプチプチガーデンに植えたすずらんがいい香りです。
13
さっちゃん、ありがとう。

未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
すごい
日曜美術館に出ていた方{感動してみました}が先生なんてすごい。
絶対観に行きます。
貧乏だけど作品を手元に置きたくなる作家さんですね。
楽しみe-266
おざきかあちゃん
私もあの再放送を観て感動しました。

この江森さんは描写が上手いだけでなく独特の自分の世界を持っているからいいねとタンダッチャ先生がゆうとられました。

是非時間を見つけて観に来てください。
よろしくおねがいします!!
ririさ~ん こんにちは~
わぁ~江森さん、知っています。
と言ってもどなたか?あのポップラの時お世話になった
人達の中の1人だったんですねぇ~
今、ダンナが帰って言ったものだからビックリ!!
あの時は弁当もおむすびも売っているから、そこで
買って下さいとか。言われて何も用意していなくてね
ランチが行き届かなくて気の毒じゃった。
今でも、そのことが忘れられんのんよ~

ここにある向日葵の絵がそっくり変わらないねぇ~
懐かしい~~~
よろしく伝えていて下さいませ(^^)v。

また、若い方でエレルギィーもらえていいなぁ~
アクリちゃん
ご縁があったんですね。
今日、会えて良かったと江森さんも言っておられましたよ。

またゴンべさんが絵をみせてくださるそうだから楽しみにしてます!
No title
デッサンのすばらしさはもちろん、小さな絵からも回りの世界が広がっていきそう。
アサリおじさんを作る人と同じ人とは思えない(コラ#
絵画も造形もどっちもすごい!

↓のやっぱりアトムなんですね。
語りかける眼差しがなんともいえませんねー
どるっち
そうよね、モノトーンの様な写実絵画とどこかユーモラスな立体作品とどちらも同じ作家で、お客様も感心しています。

私の写真が下手でこの作品をちゃんと伝えられないことが残念じゃぁ。
実際には同じ黒でも表情が違っていて素晴らしいです!!

長野県の排出するアーティスト、恐るべし!!!!!v-221

管理者のみに表示