fc2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

雨のあと  だんご🍡の会

2024年03月26日
ただいまカモメで個展開催中の柴田翠光は、広島市中区十日市に「書肆翠しょしすい」という古本と雑貨の店をしています。
彼女の書は詩情があり発展途上の「研究中です!」という意思も伝わってくるようで興味深い。
彼女はコロナ前、広島市現代美術館で働いていたそうで、アートナビベテランのオスカル佐々木としょしすいと亜希とで『桜夜咄』という🍡と秋田のマタギの作った美味しい黒文字茶付きのお話会を催しました。


432430920_783832753211738_8417752967398469745_n.jpg
dray by Etsuko Arita




432444876_1931063763962668_3455065804306547640_n.jpg

432425171_821941326424817_2992189247890999224_n.jpg
柴田翠光 作品展  雨のあと 3/31まで


433120269_10161755009873311_1536610838532446097_n.jpg

433234775_10161755009898311_5297204209518204285_n.jpg

434277235_7435610349879221_3126754726970516747_n.jpg

432425171_1125977331878570_3793272896084405055_n.jpg

お話の中でみなさんの好きな現代美術アーティストは?という質問がありました。

篠田桃紅
小林一茶
マーク ロスコ
フォンタナ
須田悦弘
工藤哲己
松江泰治
殿敷侃
オノ ヨーコ
アグネスマーチン
棟方志巧
等の名前が出ていました。


会期中、硯と墨のかわいいセットを使わせてもらってお客様が喜んでいました。
若い人たちは初めて墨を摺りましたって。びっくり!

432441757_425352273356191_8332202829964542952_n.jpg

432536590_2239599123039843_5268887229423012903_n.jpg

434255660_2137285196626690_8821872603024169926_n.jpg




音楽会のお知らせ

3/30土曜日 2時から ミマキとリリの公開ヴァイオリン練習 
  良かったらミマキに投げ銭よろしく!

4/11木曜日 18時から 岡林立哉 モンゴルの音楽とお話

423735816_947697463032676_4588007978254687480_n.jpg

こちらは要予約 お願いします。




未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)

三月の俳句会 雛祭 🎎

2024年03月17日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報百十四号(令和六年三月)  

今日は、奇しくも兼題と同じ「雛祭」の日である。『出入りーアート絵画展』の会場をお借りして、いつものように十八時開始となった。参加者は、欠席投句の五名を含めて十三名となった。

432364114_1620615708473978_1879957779009859517_n.jpg


(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所) 
   (兼題は清記順に列記 雑詠も兼題の清記順に列記) 
 


兼題 「雛祭」

ネクタイは嫌だよ嫌だ雛祭  七軒
ひなまつりバウムクーヘン半分こ  月青
桃色に変はりし街や雛祭り  半片
◎整然とならぶ蔵町享保雛  茂樹
春カーテンうつる木漏れ日雛の家  ぬりかべ
◎幾年を想う風情の内裏雛  えこ
桃の節句毎年悩む段飾り  走波
◎嬉しさを手話で伝える雛祭り  進
◎お歯黒の官女も居りし雛の市  朋子
DSC03439-scaled-1.jpg

◎硝子越し含み笑ひの古雛  たつみ
◎沈みゆき二度とは見えぬ紙の雛  斑猫
ひなまつり幼い頃の妹よ  春一番
○美麗なる男雛の頬の楕円かな  六星


当季雑詠

秀才が歩く街道春霰  七軒
民宿の柱時計の春の音  七軒
春風にパステル色(いろ)のワンピース  月青
雨あがり流るる風の沈丁花  月青
今日までの日々を抱へて卒業す  半片
温みたる水にたゆたふ蝌蚪の紐  半片
春山をみるみる進む雲の影  茂樹
ふらここの下潦一つづつ  茂樹
水盤の渡るしわ波涅槃西風  ぬりかべ
初桜響け足音紫の  ぬりかべ
亀鳴くやスキップしてみる散歩道  えこ
稜線のぽわぽわとして木の芽どき  えこ
432450672_956290112523244_6333805884156940008_n.jpg

残さるる数羽の鴨や河川敷  走波
バス降りて衿かき合す春の雪  走波
冷たさに首をすくめる春の雪  進
◎ほろ酔いで濡れていこうか春の雨  進
前髪はぱつつん小さき手に土筆  朋子
貼り紙に惹かれて求む桜餅  朋子
柔らかき葉を叩くなり春の雨  たつみ
○母老いてデイサービスの紙雛  たつみ
如月の謀反人らの眼の光  斑猫
快晴の風は鋭利に海(ご)猫(め)渡る  斑猫
ベランダの空気の変わる沈丁花  春一番
春が来て浮つく人達スタジアム  春一番
目覚むると高層に落つ春の雪  六星
春めいて母の御召の香りかな  六星
                   

(句会寸描)

*兼題は、大接戦の末、えこさん、進さん、朋子さん、たつみさん、斑猫さん、茂樹が同点一位となった。雑詠は、進さんが一位に輝いた。兼題は、好みが分かれたようで、選がかなり分散した。雑詠は、春らしい明るく生き生きとした句が多かった。
                
*兼題 「雛祭」
◎整然とならぶ蔵町享保雛  茂樹
柳井の白壁通りである。丁度雛祭のスタンプラリーをやっていて、ある店先で目についた。

◎幾年を想う風情の内裏雛  えこ
どうやら年代物の「内裏雛」のようだ。それだけに優雅な風格も感じられる。「内裏雛」を通してそれぞれの時代を懐かしく思い起こしているのもしれない。

◎嬉しさを手話で伝える雛祭り  進
観察力が素晴らしい句。身振り手振りの生き生きとした姿が目に浮かぶ。和やかで楽しくくつろいだ雰囲気が感じられる。

◎お歯黒の官女も居りし雛の市  朋子
「雛の市」では、豪華な雛壇や艶やかな着物姿に目を奪われて細かなところには、なかなか目が届かない。見過ごされそうな「官女」の「お歯黒」に気付き、思わず嬉しくなった様子が想像できる。

◎硝子越し含み笑ひの古雛  たつみ
中七の「含み笑ひ」は、言い得て妙である。私などは、単純にすまし顔と捉えることが多い。「古雛」もよく効いていて、観る側の心の余裕もうかがわれる。

◎沈みゆき二度とは見えぬ紙の雛  斑猫
「紙の雛」にはそれぞれの思いが託されて浮かべられる。中七の「二度とは見えぬ」に世の中のはかなさや切なさみたいなものが感じられる。

○美麗なる男雛の頬の楕円かな  六星
 上五、下五の「美麗なる」と「楕円かな」が、よく馴染んでいる。「楕円」が「四角」や「丸み」では、雰囲気が出てこない。


*当季雑詠

◎ほろ酔いで濡れていこうか春の雨  進
「春雨じゃ濡れて行こう」のせりふの本歌取りのように思える。さほど冷たくもなく、程々の雨で、少し千鳥足にはなっているが、酔い覚ましにちょうど良い。

○母老いてデイサービスの紙雛  たつみ
 現代では、こういう情景が日常的である。私の実家にも亡き母の「紙雛」が壁に飾ってある。童心に帰って、お仲間と一緒に楽しそうに作っている姿が想像できる。

                            
*次回予定

日時 四月七日(日)十八時〜二十時
場所 カモメのばぁばぁ


投句 兼題「桜(花)一切」一句と当季雑詠を二句
   (茂樹 記)

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

2月は、スペインタイルと「海が見える窓」とデイリーさんの水and虎ちゃん

2024年03月15日
毎年一月二月三月はなんかワチャワチャします。。

今年の始まりの展覧会は、1976年生まれがそろって生きのいい楽しい作品展 1Q76
次は、ベテラン岩国在住の押し花の巻本ヒロ子さんの見事な押花が並びました。



2月 カモメのお二階すぺいすフラミンゴが開廊。

428638960_10230823274756057_5568674413314752518_n.jpg

Toranosuke Tamura
Photo Exhibition вулкан
田村虎之亮 写真展
バルカン

428640083_10230823274836059_3107425739211974450_n.jpg
二階はおこたでお迎えしました。

428698513_10161715300903311_567734323295043230_n.jpg



カモメの二月は、珍しいソネ里子スペインタイルと粘土造形展。

426155996_10161689717213311_3531385115161450692_n.jpg

428458940_10226578785070704_2373719288960817087_n (1)



二月後半は、やまがゆみこ「海が見える風景」

428687604_10161705498598311_3337476732744729211_n.jpg

428673463_10161710083583311_6536325060631930556_n.jpg
いつも寒い季節の個展だから次は桜の季節に。


三月初めは、デイリーアート作品展
桧山浩一さんは大和町に住んでいてそこの自然の水を描かれます。

432552611_10161739387988311_5905778605065695497_n.jpg


428691112_10161721953398311_2133811810570572878_n.jpg


私はと言うと相変わらずチーズケーキを焼いています。
そしてアトムもちょっとおこぼれをもらっています。
431972910_10161740695593311_1961828370043691490_n.jpg






さて、明日からは書肆翠店主の柴田翠光の書の個展が始まります。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

三原へ行きました。

2024年03月03日
三原は私が嫁いだ人の家があるところです。正確にはあったところです。
22歳で嫁に行き、その後別れましたからなるべくならその土地に足を踏み入れたくはないところでした。沼田川やその土手で走らせていたセパードのことや逃げた頭の黒いカナリアやすみれという懐かない白い猫や思い出せばきりがないごちゃごちゃとした思い出があります。
ガタロさんの個展があるとお知らせが来てギャラリーは元夫の実家のある皆実町でしたから縁があるのかしらと行くことにしました。すっかり場所も忘れていました。もう元夫は亡くなっているし子どもたちにはルーツとなる場所だけれど私はこれで縁が切れたんだと長い間の三原という町へのもやもやが晴れた気がしています。
もちろんガタロさんの作品は本当に素晴らしくて今までのどの個展よりも熱く語られているようでした。アーカイブスギャラリーという畳の部屋の展示場でギャラリーのあるべき空間をみせてもらいました。
先週、矢野由紀子さんが亡くなられました。まだ若くて明るい娘さんでした。カモメでの個展は子供の絵の様な可愛い作品でした。
カモメのばぁばぁで作品展をしてくださった作家の方で亡くなられたのは、ゆきちゃん杉田亨二さん沓内芙紗子さんそして丹田さん。
みなさんの絵はうちの家にもあります。私が居る間はずーっと大切にそばにおいて観ています。
16年間ギャラリーをしている間に、4人の親しくしてもらった作家さんが亡くなられて親友の知ちゃんも去年亡くなって人は死ぬということを考えないわけにはいかないから、だから楽しくみんなで過ごしましょうよと思っているところです。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |