fc2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

令和六年一月 兼題「七日」

2024年01月19日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報百十二号(令和六年一月) 

元日に能登大地震が起こったり、羽田空港の火災事故が発生したりして暗いニュースばかりの新年を迎えた。まだ冬休み中のカモメのばぁばぁさんの会場をお借りして、いつものように十八時開始となった。参加者は、欠席投句の七名を含めて十六名となった。

418938651_754871719561624_8616026399566666553_n.jpg


(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所) 
   (兼題は清記順に列記 雑詠も兼題の清記順に列記)



兼題 「七日」

○今一度草を確かめ七日粥  茂樹
美しき叔母の寝顔や七日の陽  斑猫
寂しさも紛れて正月七日かな  厚子
七日にて朝昼晩も戻りけり  進
人の日に雨ひとつぶの落とし物  半片
七日朝若芽の粥からもらうエナジー  彩鳥
◎せがまれて七日のカレーライスかな  ねむ女
○人日やボードゲームの白と黒  たつみ
七日には正月の酒気0.00に  風外
○さりげない暮らし尊ひ七日なり  月青
七十の手習はじめ七日かな  六星
水洗に流れゆくもの七日かな  七軒
子ら帰り一人になりぬ七日かな  走波
もう七日フードロスなく食べないと  春一番
◎境内に雀戻りて七日かな  朋子
七日の日アウシュビッツの映画観る  えこ

     
当季雑詠
      
食堂の日溜りにゐる冬の蠅  茂樹
曳航船の水道進む淑気かな  茂樹
o1120074614527785245.jpg
阿修羅観ゆ原野沈黙雪止まず  斑猫
モルヒネの匂ひ澱める冬の部屋  斑猫
繭玉を取って小皿の華やかさ  厚子
元旦や地球にグーパンチ喰らふ  厚子
年玉を用意すれども客はなし  進
年ごとに数の減りたる賀状かな  進
寒き夜に見知らぬ街の迷子かな  半片
冬凪の海に眠りぬいくさぶね  半片
『ある愛の詩』で知ったアイスホッケー  彩鳥
※外仕事ろう梅の香に癒やされて  彩鳥
マラカスを振って幼の初ダンス  ねむ女
膾のみ壜に残れる七日かな  ねむ女
◎黒豆の味はどうかと初電話  たつみ
伝票の束を紐解く事務始  たつみ
冬の伊予漱石髭の招き猫  風外
冬休み横顔の子規見に伊予に  風外
蝋梅の花びら透けて香りたつ  月青
初日の出パジャマのままの日が眩し  月青
冬うらら老俳人の泣きぼくろ  六星
416078370_668504052158707_5076628347286359101_n.jpg
翔平もガザ地区もみな年明くる  六星
靴下の踵のぬるる寒さかな  七軒
若水を輪島の椀に灌ぎたる  七軒
○冬ざるる対岸走る人ひとり  走波
○霙るるや路地に小さな水溜り  走波
初詣散歩ついでで清々し  春一番
お年玉受け取る笑顔あどけなく  春一番
小晦日きしむ扉は二年越し  朋子
立ち呑みの黒ダウンの背三つ四つ  朋子
腰掛けてシャワーだけなる初湯かな  えこ
祈る祈る令和六年三が日  えこ
   
※当季雑詠、彩鳥さんの「ろう梅」の「ろう」は、虫偏の難しい漢字の「ろう」ですが、文字化けするためにひらがな表記にしています。
                       


(句会寸描)

*兼題は、接戦の末、ねむ女さんと朋子さんが一位を分け合った。雑詠は、たつみさんが一位に輝いた。兼題は、正月のさり気ない日常が詠まれていた。雑詠は、新年と冬の句が入り混じってバラエティーに富んでいた。
                               

*兼題 「七日」

◎せがまれて七日のカレーライスかな  ねむ女
年配者になるほど七草粥などのあっさりしたものが、食べたくなる頃であるが、子供や若い人たちは「カレーライス」が食べたくなるようである。

◎境内に雀戻りて七日かな  朋子
「七日」といえば初詣の賑わいも一段落して静けさを取り戻す頃である。作者も「雀」も日常が戻って来たことを実感している。ちゅんちゅんと鳴き声も聞こえてる。

○今一度草を確かめ七日粥  茂樹
毎年「七日粥」をいただいているが、どうしても七草の名称と姿が覚えられない。そこで今回も、パック裏の七草の解説と実物を調理の前に見比べた。

○人日やボードゲームの白と黒  たつみ
今年の「人日」は休日で正月休みの余韻に浸っている。「ボードゲームに白と黒」はオセロのようだが、「オセロ」と直接云わないところがいかにも「人日」らしい。

○さりげない暮らし尊ひ七日なり  月青
今年の元日に、能登で大地震が起こった。そんな中で、さりげなく暮らせることのありがたさを誰もがしみじみ噛みしめていることだろう。


*当季雑詠

◎黒豆の味はどうかと初電話  たつみ
中七の「味はどうかと」が臨場感に溢れていて、心がなごむ。親しい間柄と思われるが、電話をかけたとも受け取ったともどちらにも想像することができる。

○冬ざるる対岸走る人ひとり  走波
 太田川などで、よく見かける光景である。「対岸」の山の景色や町の様子もどこかしら寒々と写っている。数人なら気にならないが、一人は案外気になるものである。

○霙るるや路地に小さな水溜り  走波
「霙るる」光景が、厳しい冬の到来を予感させ、「路地」と「水溜り」が寒さを助長している。「霙」が「路地」に吸い込まれていく様子は雪とは違った趣がある。

                            

*次回予定

日時 二月四日(日)十八時〜二十時 
場所 カモメのばぁばぁ
投句 兼題「立春」一句と当季雑詠を二句
    
  (茂樹 記)

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

【1Q76】 辰年8人展

2024年01月17日
2024年しょっぱなの展覧会は、今年辰年同級生の【1Q76】。

419840984_10230615254635684_5294111720653657049_n.jpg


1/10wed - 1/14sun

石田敦子
おりでみつる
戸川幸一郎
野村拓也
はる
藤島孝臣
まつおあき
丸町年和

418519944_10161651105678311_5285724093815540135_n.jpg

418510051_10161648649563311_1408241627383766997_n.jpg

416389375_10161648563818311_7095055690165050244_n.jpg

416364472_10161649729143311_7692328207090897589_n.jpg

418475594_10230615317837264_5738464758677831170_n.jpg

418443445_10230600572148631_7588924400917564339_n.jpg

418456336_10230600571508615_8422723077641035824_n.jpg

418446911_10230600571428613_8230465076756696259_n.jpg

418545357_10230600572068629_5685838752199999165_n.jpg

418515775_10161653112628311_1204430394984931204_n.jpg

419125921_10161652987438311_108413327280777957_n.jpg

そしてリリはミマキ君とヴァイオリンセッションしたんですよ。ほんまよ!
カエルの歌。
ミマキ君は、「春の海」演奏
マルマチ君は寿ぎの謡。

今年も明るく楽しくギャラリーはオープンです!


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年 令和六年があけました。

2024年01月09日
能登半島地震のニュースから始まって関連の飛行機事故など日本列島に激震が走る2024年の始まりでした。
つくづく地震の多発する国に住んでいることを怖いと思います。
被災された地域の皆さんに早く平穏が帰ってきます様に。




私、今年は人生初の11連休しました。海外に行った時のは別にして。
そして、今年から月曜と火曜日を定休日とさせていただきます。やっぱりゆとりの時間を大切にしたいと思います。収入が減る分はつつましくすればいいかなと。


昨日は、友だちと宮島一周クルーズに行きました。宮島があんなに広いとはびっくりでした!

416377661_10161646239438311_3933122952656471027_n.jpg

417230646_2091722531165980_2433584800379048412_n.jpg

417216505_2091722587832641_46192309849799393_n.jpg

416339001_10161646239443311_4318459200147716690_n.jpg

416286258_10161646239433311_4520807154078512248_n.jpg

417784543_10233151418151352_9033242922925900480_n.jpg

417707696_10233151397870845_4221939432870740566_n.jpg

417695879_10233151397830844_1337900195917543385_n.jpg

417248845_2091722911165942_8437783779043988187_n.jpg

417695498_10233151357829844_3051061414844823575_n.jpg

417712893_10233151397910846_8860736093236414770_n.jpg

417238429_2091723037832596_5669860308397943680_n.jpg

417235155_2091722934499273_576291362084727492_n.jpg

416340918_10161646239418311_6031003287493324349_n.jpg

417751660_10233151418031349_6032254332421704384_n.jpg

船長は、キッタカオトヤ君です。ご近所の4兄弟の次男君。
最後は、車いすのお客様を下船させてあげてカッコよい船長でした。
安芸グランドホテルからの宮島一周クルーズは大体月に三回くらいされているみたいです。私たちはとても楽しく船のプチ旅ができました。おすすめですよ~。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |