fc2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

五月の句会 兼題「虹」

2023年05月17日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第百四号(令和五年五月) 

立夏を過ぎたとたんに、生憎の雨模様となった。立町ツバメさんの個展『わたしのほしぞら』の会場をお借りして、いつものように十八時開始となった。参加者は、欠席投句の四名を含めて十三名となった。(尚、今回ねむ女さんの選句はありません)

345881049_3192517994371984_5957127358704839658_n.jpg

   
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)
   (兼題は清記順に列記 雑詠も兼題の清記順に列記) 
 


兼題 「虹」 

○船に添ひ海走る虹龍の如し  彩鳥
正面の社へ二重虹立ちぬ  茂樹
○昼下がり虹の欠片の忘れ物  六星
虹架かる自転車停めて見惚れたり  走波
◎飛行艇虹より出て飛び立ちぬ  斑猫
雨もよひチタンの一輪挿しに虹  ねむ女
○それぞれに見た虹のこと話す夕  たつみ
◎虹の根や確か棚田の三枚目  麦
曇天のドライブ眼前に虹立つ  えこ
虹高し側に我が犬手には傘  進
ルーキーを寿ぐ虹や初勝利  朋子 
○あふために虹に向つてバスに乗る  七軒
虹がでた雨のち晴の一瞬に  風外

699__SU1HXzI1OTQ-d-__org.jpg

     

当季雑詠

季語眺めはたと菖蒲湯思い出す  彩鳥
薫風の奏でる葉音に息をつく  彩鳥
◎天空を引き寄せてゐる桐の花  茂樹
植栽へ細やかに張る蜘蛛の糸  茂樹
さかあがり四回できた夏(なつ)初月(はづき)  六星
345863261_775575073970130_849466282433729384_n.jpg
新緑を映し流るる太田川  六星
バスに乗る盲導犬よ梅雨間近  走波
○さみだるる終着駅の車止め  走波
座頭虫揺らす葉影やジギタリス  斑猫
沈黙の寺院を叩き驟雨過ぐ  斑猫
磯遊び木星柄の石拾ふ  ねむ女
○虹の根を掘れば宝のあるといふ  ねむ女
名を母に聞きし記憶の紫蘭かな  たつみ
   R.jpg
夏めくやサラダ彩る食用花  たつみ
母の日に妣の字知りて逢ひに行く  麦
残り香や振り向きざまに五月闇  麦
上着手に麦の秋風鳥の声  えこ
ビル一階に保育園あり鯉のぼり  えこ
男の子名前の入りし幟かな  進    
そっと咲く父が残した花水木  進
限定のランチに添えてカーネーション  朋子
登山靴やつと洗ひて風薫る  朋子
雨ならば雨浴ぶるなり松の芯  七軒
薫風に飽きることなしすべり台  七軒
メダカの子5ミリの命いとおしい  風外
あじさいがキャビアの粒咲くを待つ  風外
                  
                                       
(句会寸描)

*兼題の「虹」は、大接戦の末、斑猫さんと麦さんが一位を分け合った。雑詠は、茂樹が一位となった。兼題は、虹を見ることが少なくなってきたので、想像力を働かせた句が数多く見受けられた。雑詠は、初夏の様子をいろいろな視点で捉えていた。
                                
                               
*兼題 「虹」

◎飛行艇虹より出て飛び立ちぬ  斑猫
普段は滅多にお目にかかれない「飛行艇」であるが、「虹」との取合せに物語性を感じる。ジェット機ではなく「飛行艇」というところにロマンがある。

◎虹の根や確か棚田の三枚目  麦
虹そのものではなく、虹の根元を観察しているところが面白い。
「確か」と示しているのでもう消えているのかもしれない。下五の「三枚目」は、リズムがよい。

○船に添ひ海走る虹龍の如し  彩鳥
昇り龍であろうか。中七の「海走る虹」が勢いを感じさせ効果を上げている。「虹」を「龍」と感じるところに作者の感性が出ている。

○昼下がり虹の欠片の忘れ物  六星
昼間の通り雨か何かと思われる。中七から下五にかけての「虹の欠片の忘れ物」が独特でユーモラスである。「虹」の名残りを見つけた嬉しさも感じる。

○それぞれに見た虹のこと話す夕  たつみ
その日の「虹」が、家族の共通の話題となっている。一家団欒の楽しい夕餉の様子がうかがわれ、会話もいつも以上に弾んでいるものと思われる。

○あふために虹に向つてバスに乗る  七軒
どこかの映画のワンシーンを思わせる。「あふために」としかいってないので、誰に、どこで、何のために会うのか、たいへんロマンチックな句。

*当季雑詠

◎天空を引き寄せてゐる桐の花  茂樹
桐の花は、非常に背丈の高い花である。毎年のように近所の同じ場所で、見上げているが、その日は何となくそんな感じがした。
                                             
○さみだるる終着駅の車止め  走波
「終着駅の車止め」にスポットライトを当てている。そこには雑踏から遠ざかった佇まいが感じられ、いかにも五月雨らしい一風景である。
   346136309_174125125599081_5855189882086714563_n.jpg photo by 麦

○虹の根を掘れば宝のあるといふ  ねむ女
アイルランドの民話にこういう言い伝えがあるとのこと。作者はそれを知っていて、実際の虹を眺めながら夢のある思いを寄せている。



*次回予定
日時 六月四日(日)十八時〜二十時
場所 カモメのばぁばぁ
投句 兼題「蛍」一句と当季雑詠を二句

※新型コロナウイルスの状況次第では、通信句会とします。

投句締切 六月三日(土)
投句先 茂樹または六星さん
清記公表 六月四日(日)
選句締切 六月七日(水)
選句連絡先 茂樹まで

      (茂樹 記)
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |