fc2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

グッチしゅうへい

2020年06月11日
山口修平作品展

カモメのばぁばぁでは3度目の個展です。

今回は、作品展にもひとつづつの作品にも題はつかないそうです。




1_202006111031516e8.jpg




20200611_010602890_iOS (2)




20200611_010623752_iOS (2)




20200611_010630450_iOS (3)




20200611_010637616_iOS (2)




20200611_010644348_iOS (2)




20200611_010651280_iOS (2)




20200611_010659744_iOS (2)




20200611_010710242_iOS (2)




20200611_010722440_iOS (2)




20200611_010741136_iOS (3)









同級生の麻野瞳さんは、ぐっちって呼んでました。( ´∀` )

20200607_144508171_iOS.jpg

phot by IZUMI GOTO(ヲルガン座のゴトウイズミさん、ありがとう!)



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

六月もテレハイク会 🐌

2020年06月11日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報 第六十九号(令和二年六月)
六月七日(日)に予定していました句会も、新型コロナウイルス感染予防のため、通信句会となりました。今回も、別紙にて投句と選句結果を掲載します。投句は初参加の山口修平さんを含め、十四名の方々にご参加いただきました。
(○○○は原句修正箇所)
(投句到着順列記)
20200611_001300359_iOS (2)
兼題 「蝸牛」
拝石に蝸牛は殻を残しをり   海月
かたつぶり死んだふりして雨を待つ   風外
護謨園に燃ゆる麒麟と蝸牛   釜爺
(金子光晴)
影よぎり殻に隠れてかたつむり   走波
枕木の上を糸引く蝸牛   進
晴るる日のでで虫殻に閉ぢ籠もり   ねむ女
ででむしの葉っぱ地となる天となる   修平
ででむしや墓碑に行書の倶会一処(くえいっしょ)   新治
禍は籠りて過ごせかたつむり   朋子
ででむしや一花越えれば日の昏るる   麦
風吹けど葉裏動かぬ蝸牛   たつみ
ぬれ縁はでんでん虫のヨーイドン   六星
かたつむり歩みの跡の銀の道   えこ
落下せぬブロック塀のかたつむり   茂樹
当季雑詠
肉体に初夏(はつなつ)素鼠(すねず)に袖通す   海月
重力が横に働く油虫   海月
黒光り庭かっぽする大百足蟲   風外
足止まるなぜか食べたい木耳も   風外
老鶯の誰想ふかな啼き惚け   釜爺
二の腕の揺れてをんなの薄暑かな   釜爺
二波怖し自粛緩和の初夏の町   走波
薄暮の縁に蚊遣りの煙かな   走波
見上げれば雲の高さよ夏帽子   進
20200602_004048138_iOS (2)
木洩れ陽の中に一筋蟻の道   進
水道にレモン石鹸若葉風   ねむ女
夏マスクしたる三越のライオン   ねむ女
蚊の去りし頬を叩きて静かなり   修平
水平線一つ残して夕焼かな   修平
どくだみや高架の下に影の帯   新治
失ひし一片大きクレマチス   新治
3密に莢を飛び出す分銅豆   朋子
午後三時肩に重たき梅雨の雲   朋子
藁の香を白木の卓に初鰹   麦
三光鳥山見あぐれば昼の月   麦
道元の書より蠛蠓(まくなぎ)飛び出でぬ   たつみ
椎の花父の軍歴辿りおり   たつみ
水鏡逆さに橋を渡す夏   六星
朝方の夢は覚えず髪洗う   六星
向かいの戸小さき雨靴干してあり   えこ
足止むる店に並んだ青梅よ   えこ
手づくりの手すりつかまり山登る   茂樹
ミニトマトの支柱を更に伸ばしけり   茂樹
(句会寸描)
選句の際、朋子さんの選評が一緒に届いていましたので紹介します。
二の腕の揺れてをんなの薄暑かな   釜爺
「袖なしの昔風に言えば「あっぱっぱ」を着ているおばさんに近い年齢でしょうか。あっぱっぱのプリント柄と汗ばんだ二の腕が見えるようです。」
*次回予定
日時 七月五日(日)十八時~二十時
場所 カモメのばぁばぁ
投句 席題一句と当季雑詠を二句
※新型コロナウイルスの状況次第では、今回同様に通信句会とします。
投句締切 七月四日(土)
投句先 茂樹または六星さん
清記公表 七月五日(日)
選句締切 七月八日(水)
選句連絡先 茂樹または六星さん
(茂樹 記)
カモメ句会六月度 選句結果
選句結果
番号 投句 作者(選者名:略称)
兼題 「蝸牛」
1 風吹けど葉裏動かぬ蝸牛 たつみ
2 ででむしの葉っぱ地となる天となる 修平(新、朋)
3 禍は籠りて過ごせかたつむり 朋子
4 晴るる日のでで虫殻に閉ぢ籠もり ねむ女
5 ででむしや一花越えれば日の昏るる 麦(え、釜、海)
6 拝石に蝸牛は殻を残しをり 海月
7 護謨園に燃ゆる麒麟と蝸牛 釜爺 (金子光晴)
8 ぬれ縁はでんでん虫のヨーイドン 六星
9 落下せぬブロック塀のかたつむり 茂樹
10 影よぎり殻に隠れてかたつむり 走波(六)
11 枕木の上を糸引く蝸牛 進(た)
12 かたつぶり死んだふりして雨を待つ 風外(茂)
13 かたつむり歩みの跡の銀の道 えこ(進、修、風)
14 ででむしや墓碑に行書の倶会一処(くえいっしょ) 新治(ね、走、麦)
当季雑詠
21 老鶯の誰想ふかな啼き惚け 釜爺(麦)
22 黒光り庭かっぽする大百足蟲 風外(六)
23 道元の書より蠛蠓(まくなぎ)飛び出でぬ たつみ
24 足止むる店に並んだ青梅よ えこ
25 見上げれば雲の高さよ夏帽子 進
26 どくだみや高架の下に影の帯 新治(ね、た)
27 水鏡逆さに橋を渡す夏 六星(茂)
28 3密に莢を飛び出す分銅豆 朋子(風、走)
29 重力が横に働く油虫 海月(ね、風、新)
30 ミニトマトの支柱を更に伸ばしけり 茂樹
31 足止まるなぜか食べたい木耳も 風外
32 藁の香を白木の卓に初鰹 麦(茂)
33 二の腕の揺れてをんなの薄暑かな 釜爺(進、新、朋、走)
34 失ひし一片大きクレマチス 新治
35 薄暮の縁に蚊遣りの煙かな 走波
36 向かいの戸小さき雨靴干してあり えこ(六)
37 木洩れ陽の中に一筋蟻の道 進
38 夏マスクしたる三越のライオン ねむ女(釜)
39 蚊の去りし頬を叩きて静かなり 修平(進、え)
40 肉体に初夏(はつなつ)素鼠(すねず)に袖通す 海月(え)
41 手づくりの手すりつかまり山登る 茂樹
42 水平線一つ残して夕焼かな 修平
43 午後三時肩に重たき梅雨の雲 朋子(修、海)
44 二波怖し自粛緩和の初夏の町 走波
45 三光鳥山見あぐれば昼の月 麦
46 椎の花父の軍歴辿りおり たつみ
47 朝方の夢は覚えず髪洗う 六星(た、釜、麦、海)
48 水道にレモン石鹸若葉風 ねむ女(修、朋)
yjimageXFCIEJU2.jpg
(茂樹 記)
未分類 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME |