fc2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

八月の俳句会は、スイカ!

2018年08月18日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第四十八号(平成三十年八月)

八月十二日(日)、厳しい残暑にも関わらず、十周年のカモメ祭りの初日とあって大いに賑わっていた。「ゆしどうふ」の皆さんの演奏の後に、欠席投句の下駄麿さんを含めて十一名の参加者で六時過ぎに、いつものように始まった。(下駄麿さんは、お仕事終了後に駆けつけて下さった)
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所) (清記逆順列記)


haiku_20180818211509853.jpg



兼題 「西瓜」

○悪しき夢覚めて貪る西瓜かな  華院
幼子の埋めし種より西瓜生る  たつみ
平凡は嫌だとすいか四角なる  走波
ほのぬくし祖母の畑の西瓜抱く  六星
◎しばらくは厨に鎮座する西瓜  新治
地球真似大地に出し西瓜かな  麦        
灯点さば西瓜提灯笑ひたる  ねむ女
西瓜に刃当てるやバリッと割れにけり  りう子
鋭角を空へ並べし西瓜かな  朋子
suikasyouhintop[1]
○奴の顔浮かぶたて長西瓜かな  茂樹
忌ま忌まし西瓜勝手を占領す  下駄麿


当季雑詠

壁に聞く三尺先の法師蝉  華院
空の部屋にわか掃除の盆休み  華院
二人居の西瓜小分けの品を買ふ  たつみ
腹を上に金(かな)蚊(ぶん)も逝くアスファルト  たつみ
秋めいて釣り人ひとり夕まづめ  走波
正座して起筆入れたる原爆忌  走波
秋の蚊を叩いて樹下の読書かな  六星
腹出して空見て静か秋の蝉  六星
◎虚ろなる夢二の挿絵秋団扇  新治
流燈に風のいたづらくるくるくる  新治
○綿あめを千切りし先に秋の空  麦
今朝の風脇すり抜けて秋立ちぬ  麦
手花火のこときるるときヂヂと鳴く  ねむ女
住込みの用務員室花槿  ねむ女
今年また組み立てに惑ふ盆提灯  りう子
けだるさや簡易プールの午後の庭  りう子
子の無念母と悼むや法師蝉  朋子
すり抜けた空気はもしや秋風か  朋子
八月の空に轟音響きけり  茂樹
代替のバスを乗り継ぎ遠花火  茂樹
○炎帝の影彷徨ふか瓦礫の野(や)  下駄麿
ひっそりと台風の朝明けにけり  下駄麿


(句会寸描)

*兼題の「西瓜」、雑詠共に新治さんが一位になり、久しぶりの二冠達成となった。兼題は、身近な存在だけに皆さん工夫して個性的に詠まれていた。雑詠は、晩夏から初秋にかけての句材を幅広く詠まれていたためか、選も特定の句に偏ることなく分散されていた。


*兼題「西瓜」

◎しばらくは厨に鎮座する西瓜  新治
分かりやすく平明に詠まれ、「西瓜」の特徴をよく捉えて独特の雰囲気を出している。ただ詠み方に類似性があり、似たような句があるかもしれない。

○悪しき夢覚めて貪る西瓜かな  華院
「悪しき夢」と「西瓜」の取り合わせがユニークである。炎天の荒野を彷徨う夢でも見たのであろうか。

○奴の顔浮かぶたて長西瓜かな  茂樹
果物屋の店先で、普段あまり見かけないたて長の重量感のある「西瓜」を食い入るように見つめていたら、ふっとそんな感じがした。


*当季雑詠

◎虚ろなる夢二の挿絵秋団扇  新治
「虚ろなる夢二の挿絵」が好評を得た。この挿絵の中に「秋団扇」が描かれていたとも思えるし、「夢二の挿絵」と「秋団扇」を取り合わせたとも思える。一般的に「夢二の挿絵」はそれ自体で「虚ろ」な感じがするので、上五の「虚ろなる」は別な言葉で置き換えた方が良いかも知れない。

○綿あめを千切りし先に秋の空  麦
「綿あめ」を千切って空に晒している景がよく見えてくる。「秋の空」はよく澄んでいて筋雲くらいかかっているかも知れない。親が綿あめを手に高く掲げ、それを子供が嬉しそうに見ている姿が想像できる。

○炎帝の影彷徨ふか瓦礫の野(や)  下駄麿
一目見て今回の西日本豪雨の被災地の景が思い浮かんだ。中七の「影彷徨ふか」の問いかけに悲惨さが一層伝わってくる。下五の「瓦礫の野(や)」の「野」にわざわざ「や」とふりがなを付けたところも、荒れた感じが出てよく効いている。原爆のことを思わせるとの声も出た。



*次回予定

日時 九月二日(日)十八時〜二十時 
場所 カモメのばぁばぁ
投句 席題を一句と当季雑詠を二句 
                   (茂樹 記)






土曜の朝は英語でおしゃべりタイム

20180818_013202392_iOS.jpg

We talk about・・・・石庭→宮島→鹿→肉→鶏→殺→走→鳩→怖。。。。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |