12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

追悼  狂児さん。

2017年01月19日
画家の杉田亨二さんが昨年11月に病気で亡くなられていたことがわかりました。

私は、狂児(きょうじ)ですよと言っては笑ってましたね。

私が初めて見たのはレイノでの個展の時の病院の窓から描かれた外の景色でした。
とても印象深い作品でした。



2015年9月のカモメでの個展の時の絵を少し載せておきます。

ダウンロード
大芝辺りで泳いでいる学生時代のご本人。

ダウンロード (3)
奥さんの子供のころを描いた絵。

ダウンロード (2)
横川第一公園の辺りに会社があったそうです。

ダウンロード (1)
昔の横川駅の辺り。


012_20170119233201fd4.png
これは、私が好きで購入した杉田さんの絵「青い花瓶」。


奥さんのとこに行けて良かったですね、杉田さん。








おまけのアトム

014_20170119233203f12.png
散髪したから男前になったんよ。  撮影は由希さん。ありがとう。








未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

春を呼ぶ

2017年01月19日
2017年1月後半は、キラキラな作品、あいだみつよさんの曼荼羅原画展「春を呼ぶ」です。

細やかな線と点で描かれた作品は楽しんで描かれている様子が伝わってきて、春が呼ばれてきそう!

C2TgqKLUUAAfNvH.png

初日は作家のみつよさんは不在につきそっくりのお姉さんが在廊して作品の説明をしてくださいました。







この世界の片隅に

主人公のすずさんの声をしたのんさんの舞台あいさつがあるからと呼んでもらったので今夜三度目を観てきました。
三度観ても初めてみると同じくらい新しい発見があったり感動があったり。

img-03.png
この建物は現存の平和公園のレストハウスだそうです。
向うの橋は当時の元安橋。


のんさんは、ちょっと声が嗄れてたけど一生懸命応えれるだけのことに応えてました。
呉のあげ饅頭も美味しかったそうです。
身体を使わずに声だけにすべての感情をのせなければいけないから監督にしつこく何度も何度も分からないことを聞いて役作りをしたそうで、監督もしつこい人でそれにこたえてくれたのだそうです。
普段から広島弁を話して難しい広島弁をこなせるようになったんだって。
彼女の「ありがとう」は、ホンマに広島の人の「ありがとう」に聞こえる。すごいねー!
のんさんの一番好きなシーンは、義理のお姉さんとの縁側のシーンだって。


この映画が沢山の人に観てもらえて、一つでいいから若い人にこの時代に起きたことを考えるきっかけになればいいと思わずにはおれません。
制作協力した大島の漫画図書館のあきこさんや早くからクラウドファンディングで協力されたオバタさんやお寺の青原監督や知った方の名前がエンドロールに出てきました。




未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |