01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

パッチワークから消しゴムハンコへリレー。

2016年02月29日
今日は広島も雪が降りました! さぶっ!

こんな季節には暖かい布のパッチワークの作品が似合いましたね。

056_20160229220519181.jpg

045_20160229220518e66.jpg

042_20160229220511e21.jpg

水口和恵作品展「手づくりもの」は本日まで。
ほっこりした二週間でした。ありがとうございました。
私も針と糸を出してみます!




Next Exhibitionは、

Kumiko Kanemoto 展
「I live.」

2016.03.02 wed. … 16 wed.

金本久美子さん在廊日は
2日、5日、6日、13日
いずれも10:30…18:00

☆ワークショップのお知らせ
千羽鶴project
消しゴムはんこで鶴を彫っていただき、巨大図に押してもらいます。
みなさんひとりひとりの力を合わせて、平和を願う千羽鶴を飛ばそうという企画です。

鶴(鳥も含む)のデザイン、材料等はこちらで用意します。
消しゴムはんこの彫り方もお教えしますので、身ひとつで参加オッケーです。

彫ったはんこはお持ち帰りしてもらいます。
ポストカードにご自分で彫ったはんこ、またはこちらで用意しているはんこを押してお持ち帰りもしていただけます。

参加料 1000円+1ドリンクオーダーをお願いします。
(ポストカード制作の場合は+200円)
ポストカード制作のみの参加も喜んで!


I live____   Kumiko Kanemoto






おまけのアトム

味噌人が東京からちょっとだけ帰ってきました。
004_20160229220508304.jpg

ドライヤー中。
012_201602292205097ed.jpg


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日のお休み。

2016年02月29日
今日は日曜日だけれどどーしても行きたいところがあったので黒猫亭朋子さんにカモメをお願いしてあっちこっち行ってきました。


八木にあるカフェアビエルトで井桁裕子作品展
 《加速する私たちー舞踏家・髙橋理通子の肖像》
 障害のあるダンサーをモデルに創作されているそうです。

007_20160229004926dd7.jpg 


011_20160229004929187.jpg

010_20160229004928799.jpg






HIROSE COLLECTION

ヒロセコレクションは、金土日しかオープンしてないのでなっかなか行けないのです。
なぜモダンアートが好きかというと理由はないけど、そこにそのものが心地よく存在しているから。
みたいな。
三角の一点で吊るしたの好きだったな。





CAROL
0101.jpg
わたしゃあ、レズじゃろうがゲイじゃろうが別にええじゃん・・・って思ってるのでちょっと大げさな映画じゃと思いました。



ミネットねーさんはいつも面白い!から好き~!

002_20160229011054f21.jpg
孫っちにお金を買いました。喜ぶかな。



アライグマの散歩に遭遇しました。
タヌキが犬に化けそこなった様な感じでした。
017_20160229004931881.jpg



黒猫亭朋子さん、今日は朝から晩まで一日中ありがとう!






おまけの鼻。

最近はたまに化粧してもちゃんとクレンジングで顔洗わなくて石鹸ちょっとつけてさらさらーっと洗ってたら、なんと鼻の頭が黑い点々がいっぱいでぶちぶちしてたんです。
たまたま老眼鏡かけて自分の鼻の頭を鏡で見てびっくり!! 
それでシールみたいなのを鼻に貼ってはがすのをあわてて買ってきてやってみました。
友人たちはそんなんしたら毛穴が開いてさらにゴミがたまるよと言ったけどやらずにおれんので。

001_2016022900492418b.jpg
黒点ぶちぶち鼻解消。
今度からちゃんとクレンジング石鹸で丁寧に顔を洗うことにしょ。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

千客万来~~!

2016年02月25日
水口和恵先生は、パッチワークより本当は刺繍の方が長いんだそうです。

間近で技を観れるしあわせ。
観たからと言ってできるわけではありませんが!

030_20160225004858623.jpg



サボテンのステンドグラスはご主人の作品で、ピンクッションは奥様の作品で、仲良しコーナーです。

028_201602250048576b6.jpg

今日はひっさびさに、あの猫の人形作家の杉田さんも来てくださって嬉しい日です。



パリから里がえってるちびっこ。
やんちゃ坊主は日本もフランスもどこもいっしょじゃあ!!
012_201602250048540e6.jpg



横浜からポーランドの素敵なものをもって今日広島に帰ってきたジャンちゃん。
とりあえず県外からはロペズへいかにゃあ。
033_201602250048599fa.jpg


明日は、ウサギヤサロンさんでポーランドフェアね。
木金土の三日間ですからお早めに~~!




おまけのアトム

027_20160225004855de2.jpg


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本とポーランドのおしゃれアイテム!

2016年02月22日
お茶のお稽古に行く前に水口先生のパッチワークのバッグをお買い上げいただいたものを持って朝一番に寄ってくれちゃったんです。

12717811_10153776912608311_.jpg

和装にもしっとり似合っていますね、若い人の着物もいいですねーーー!
ありがとうございます!






☆もうすぐ横浜からポーランドのかわいいものいっぱい持ってジャンちゃんが広島に帰ってくるよ。

10715689_10152459647668403_.jpg
これは、一昨年の秋に横浜のジャンちゃんちに行った時の写真。アトムも行ったよ。

20160225poland.jpg

ウサギヤサロン

広島市中区鶴見町6-12
050-1345-3055

こちらもぜひ!


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

布のアートの作品展!

2016年02月21日
赤毛のアンとか大草原の小さな家とか読みながら、かわいいパッチワークを作りたいなーって思ってた二十代がありました、私にも。

やってみたものの長続きしなかったわけですが、水口先生はいろいろやってみて最後まで残ったものがパッチワークなんだそうです。年季が入っていますね!

毎日パッチワークをされている方々がカモメにやってきて先生にわからないところを聞いておられます。
ririは、生地や作り方や専門的なことはさっぱりわからないので色や柄を観て毎日楽しんでいます。



020_20160221230828e2a.jpg

022_201602212308289b2.jpg

023_20160221230829713.jpg
021_20160221230832eb2.jpg




お客様も落ち着いてきたので来週水曜からは、水口先生がギャラリーに居られる時には、ワークショップをしてくださいます。

リバーシブルのミニポーチ (材料費込) 参加費 600円+1ドリンクオーダーをお願いします。

019_20160221230805569.jpg

簡単なので、どなたでもどうぞ。




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

口笛吹きたくなりました♪

2016年02月20日
おめでとう、10周年!

ひろしま口笛クラブのコンサートに行かせてもらいました

006_20160220231057aa4.jpg

口笛もお話もお芝居もリコーダーも元気でとても楽しかったです。

ミッシーのお芝居はこれまたびっくりポンでした~!

Click → 口笛激「オオカミ長者」

新ちゃんの軽やかな口笛演奏は、Face bookの船本由利子んとこに動画を載せています。

開演前には5周年の時のカモメ祭りの様子が流れていてびっくり嬉しかったです。





こはるちゃんの蒔いた種がいっぱいお花を咲かせているようでした!

こはるちゃんは、お仕事帰りに毎回カモメのばぁばぁの展覧会に来ては、作品を買ってくださったりなにか一言声をかけてくださっていました。
優しかったこはるちゃんからのメール。


さいた~ さいた~
ririさん、妖精さん、ちゅーりっぷさん、ありがとうございます。ひろしま口笛クラブも西区民センターまつりで「春」を呼んでみました。カモメさんには四季の花が咲いてて素敵ですね。岡本先生ありがとうございます。
それから、鈴木奈緒さんは妖精さんのお友達ですか?チューリップが話しかけてるみたいでした。9月楽しみです。
こはる URL 2010年02月12日 23:21



20周年に向けてがんばってね~、カモメも応援してますから!!!



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

くちぶえ♪

2016年02月19日
明日の土曜の午後は、西区民文化センター(横川)でひろしま口笛クラブ十周年記念コンサートがあります。


12654356_954479617952159_77.jpg

カモメのばぁばぁができてしばらくしてこの口笛クラブのみなさんがめっさのんべえで毎回ギャラリーに来ては突然口笛を吹きだし、ビールを浴びるほど飲んでくださってカモメは順調に滑り出したという経緯があります。
中でもしっかりもののこはるちゃんには、りりも作家さんたちもずいぶん元気をいただきました!
記念すべき十周年のコンサートはきっと楽しいと思われます。ぜひお出かけください!!!





今年最初のカモメ展覧会のアーティスト井手原敬一さんが陶芸ワークショップの作品をできた順に持ってきてくださっています。
ririのんもできていました。
角の生えたデビルです!

017_20160219220450d01.jpg
やっぱ井手原氏のように切れのいい作品は無理じゃったけど、まんずまんず嬉しいです。ありがとう。





おまけのアトム
今日は高地に嫁に行った絵美ちゃんが帰ってきていて会いに来てくれたから甘えていました。

003_20160219220448976.jpg



夜はギャラリーの真ん中に自分でベッドをしつらえて寝ているもようです。
027_20160219220451391.jpg




未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

今日は木曜日記

2016年02月19日
テクテクあのリーガの向うに確定申告書を出しに。
002_2016021900560282b.jpg

毎年、提出が終わっての朝ごはんは美味しいね。390円じゃと。
004_2016021900560346a.jpg

今年取り壊しが決まった被爆建物のアンデルセンがまだパンとお花売ってたから入ってみた。
005_201602190056054ba.jpg

ピカソ画房にあるヤブフスキー嬢の壁画。
024_20160219005609bf2.jpg

なかなか綺麗でいい感じじゃね。
022_201602190056077c9.jpg

新しくできたギャラリー石河屋にどうしてもこれが見たかったので探して行く。
026_20160219010203e8f.jpg

ダンボールで中学生が作った原爆ドーム。
030_20160219010205e0b.jpg

033_20160219010206ad6.jpg

アートによる新しい研究展示vol.2『僕がHAPPYになれる場所』
2016-02-16(火)〜2016-02-21(日)
こっちはギャラリーGの方で。
046_20160219010208fc5.jpg
子供たちの作品はいいですね。

今日は定休日じゃないけど水口先生がお留守番をしてくださったから半日出かけてたくさん用事が済みました。


そして夜はご近所さんからおいしい差し入れをいただいてごちそうさま~!
048_201602190102099de.jpg



今日はシードルさんと同じ木曜日記でした。






未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

手づくりもの

2016年02月18日
水口和恵さんの個展のタイトルは、いつも「手づくりもの」。

手づくりの暖かさが伝わるパッチワークキルトの作品が沢山登場しています。

039_2016021800070934b.jpg

047_20160218000712818.jpg

045_20160218000710354.jpg

052_20160218000713f2b.jpg

058_2016021800071555a.jpg

ステンドグラスは、ご主人の賛助作品です。
051_20160218001031334.jpg

038_20160218001030579.jpg




おまけのくいしんぼクウちゃんと寝起きアトム

013_20160218001027876.jpg

035_20160218001028d3b.jpg




And 昨日の朝の基町の辺りの上の空

002_2016021800102537e.jpg



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

Bye! ネクタイうさぎさん。

2016年02月16日
展覧会の最終日はいつもなんだかちょっとさびしいものです。



008_201602160018128df.jpg

010_2016021600180590f.jpg

011_20160216001808737.jpg

ネクタイうさぎさんのコーヒーもいただいて、プルーンやスイカも美味しいし、良い二週間でしたね。



004_201602160018028a5.jpg

最終日に滑り込みで美術の先生でもあるsinger田川幸義さんが弾き語りライブをお祝いにしてくださいまして、暖かい歌声と館長の静かな絵画がよく似合っていました。

Click → ">☆お待たせしました。田川先生のお祝いのライブ


槇原慶喜 素描と淡彩 KEIKI MAKIHARA TEN 終了しました。
寒い中を小さなギャラリーを探してたくさんお越しくださってありがとうございました。



槇原氏は、安芸高田市にある八千代の丘美術館の館長をしておられます。
一年ごと十数名の入館作家が一棟ごとに分かれた個別の建物で作品展示をされる美術館です。
土師ダムのある美しい郊外にあり、ririの友人の清水司の故郷でもあります。
是非訪れてみてください。 (美術館は火曜日定休です。)



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

「命を描いている」

2016年02月13日
ギャラリーを始める前、留学もする前、モハメド・イクバルさんの絵の教室に仕事終わりに時々通っていた時のお友達のDr.Jackが槇原慶喜さんの個展に来てくださって、FaceBookにコメントをくれました。


槇原さんがおっしゃった「命を描いている」という言葉がぐさっときました。自分は表面的なことばかりにとらわれていると強く反省させられました。画材が何であれ、モチーフがなんであれ「命」を意識して描きたいと思いました。大きな刺激をいただいたと館長にお伝えください。


って。
ありがとうございます。
(Dr.Jackは、大学の英語の先生を退官されて、袋町の文化交流会館で火曜の夜英語のレッスンをされています。)





槇原館長のこの度の個展の大きなテーマは、”わたしに愛をください”です。

015_20160213230044d6d.jpg

014_20160213230042212.jpg

010_201602132300419db.jpg

009_2016021323003975c.jpg

008_20160213230038311.jpg


写真は、映り込みがひどいので、勝手に画像を切り取らせてもらっています。

命を描きたいと言われる槇原館長の言葉と絵は私にもグサッと来ました。
グサッと来たい人、どうぞいらっしゃいませ、2月15日(月)最終日です。最終日は5時まで。




ーーーーーーーーーーー☆
いつも思うのだけれどこのギャラリーには変な人が多いなぁと。
 ショマージュ(フランス語で無職)ワッペンをつけて喜んでいる黑ジャージのあの男
 女難の絵描き
 煩悩のお上人さま
 だましのりんご俳人
 絶対笑わせない落語の六さん
 遅れてくる高等遊民詩人
 紙人形に演技をさせる映画監督
 節足動物門博士のクチュリエ
 多面体に魅せられた鼻笛画家
 ・・・・・ここには書けんようなんもあるので毎日退屈しません。




 
 
 
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

二月の俳句会

2016年02月10日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第一八号(平成二十八年二月)

二月七日(日)、立春が過ぎて少しずつ暖かくなってきた感じになり、槇原慶喜さんの作品展の会場をお借りして、十三名の参加者で六時過ぎに、いつものようにはじまった。今回は、この句会報を見て興味を持って下さったというあずきさんが新たに加わった。(途中から来られた空心さんは見学のみとなった。)


019_20160210221420df4.jpg

(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)


兼題「梅」             (清記逆順列記)

◎遠き日の障子を引けば梅の花       華院
透明な遁走曲(フーガ)絡まり枝垂梅        判字名
梅の花落ちて仔猫の声ひとつ       朋子                
紅梅を手向けて母の微笑みぬ        六星         
梅鉢の足あと縁にのこりをり       釜爺
そそとした梅の色香は摩訶不思議     風外         
○梅の香やお昼下がりのホットケーキ    走波    
老梅や清く伸びゆく子等の声       麦         
鳴き声に振り向く先に梅の花       厚子                
梅が香や眠れぬ草木目覚めさせ      かかし
共に見た山の白梅が忘られぬ       あずき
雨に風に陽射しに凪に梅香る       志路
○枝垂梅前にカメラの講釈師        茂樹


当季雑詠(初春)

寒き春連れ立ち歩く受験生        華院
○猫の戀(こい)存じませぬと毛繕い        判字名
浜歩むゆるき波音春近し         朋子  
◎春の陽やビー玉ひとつ草の上       六星       
春立つやその頤(おとがい)のやはらかく      釜爺
花屋では角(すみ)に置かれし金盞花       風外
○春風や我家は路地の突き当り       走波                 
○ねこやなぎ川面(かわつら)に譜をひろげたり     麦
丸い雪丸い雀のある二月         厚子
無くて良し有ってもまだ良し春の雲    かかし
息吸えば初春の匂い胸満たす       あずき
春兆す長調に転じてみたし        志路         
水温む鯉に餌撒く人の群         茂樹          

      
(句会寸描)

*兼題の「梅」は投句締切ぎりぎりに来られた華院さんがトップの座をさらっていった。雑詠「初春」では、六星さんが初の単独一位の栄光に輝いた。「梅」は見慣れている景色だけに表現に苦心の跡がみられる。雑詠では春の雰囲気を上手く捉えた句が数多く見受けられ、表現の豊かさも感じられた。


*兼題「梅」

◎遠き日の障子を引けば梅の花       華院
 もうそこには無い過去の思い出の景色を頭に浮かべながら梅を眺めている光景であろうか。どんな家なのかどんな梅なのか色々と想像を駆り立てるが、「遠き日」は良き思い出に違いない。

○梅の香やお昼下がりのホットケーキ    走波 
春らしいほのぼのとした句である。下五の「ホットケーキ」の字余りもよく効いている。ただ中七の「お昼下がり」については、俳句では、「お○○○○」の「お」は使わないのが一般的なので注意したい。
○枝垂梅前にカメラの講釈師        茂樹
枝垂梅そのものよりも、写そうとしている人と映し方の「講釈」をしている人のやり取りが想像できる。


*当季雑詠(初春)
◎春の陽やビー玉ひとつ草の上       六星
 「春の陽」や「ビー玉」のキラキラした感じを想像させる。待ちこがれた「春」の雰囲気が十分に伝わってくる句である。

○猫の戀(こい)存じませぬと毛繕い        判字名
猫と飼い主の関係をユーモラスに表現している。「猫の戀(こい)」と
「毛繕い」の取り合わせもユニークで面白い。

○春風や我家は路地の突き当り       走波 
心地よい風が流れ、待ち遠しかった春が身近に感じられるようになった雰囲気がよく出ている。

○ねこやなぎ川面(かわつら)に譜をひろげたり     麦
 ねこやなぎの特徴をよく観察して音符に見立てたところが面白い。譜面の曲はさしずめ「春の小川」あたりであろうか。


*次回予定
 日時 三月六日(日)十八時~二十時 
 場所 「カモメのばぁばぁ」
 投句 兼題「啓蟄」 雑詠「仲春」 それぞれ一句ずつ
 
                   (茂樹 記)




ps. おまけのろくせい

ジャジャジャン!
苦節一年半、わたくし六星は遅まきながら初めて雑詠の春の句で単独の一等賞になりました。
カモメ俳句会で一番だとか零点だとかは才能ありなしとかとは全く関係のない点数なのですがそれでも点が多いときは嬉しいのです。ワーイ!



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

宮島で昔のフランス。

2016年02月09日
この頃フランス語の勉強をしているので、フランス映画を観たくてお願いして「天井桟敷の人々」を映してもらいました。


a0016177_13423412.jpg


パントマイムがとても面白かったのと、昔の衣装が素敵だったのと、恋愛事情は古今東西変わらんなと思ったことと、にせめくらの男にびっくりしたのと、劇中劇も面白かったのと・・・・いろいろ面白い映画でした。





パリには何度も行っていて、モンマルトルでパントマイムしてる道化がいたのでスケッチしたことがあるのを思い出しました。

IMG_8855.jpg

IMG_8925.jpg

この時は、まだ「天井桟敷の人々」観てなかったので気づかなかったけど、主人公のパントマイム役者のバチスタだったのかもね。



厳州ギャラリーさん、Tんだ先生、ありがとうございました。




そして、夜はマダム京子のフレンチレッスンでした。
今日はジュテームとか愛について教えてもらいましたが、使うことないかも。
勉強も楽しかった~♬





未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

たかが静物画

2016年02月09日
されど静物画。

本物の絵の前でよく足が止まることがあります。
ゴヤの前でミロの前でオフィーリアの前で・・・。
館長の静物画の前でもずーっと長い時間足が止まります、私は。


001_20160209003052612.jpg

002_2016020900305340c.jpg

003_201602090030550d1.jpg

006_20160209003056d1f.jpg

007_20160209003058102.jpg

004_20160209003318492.jpg

011_20160209003319fd5.jpg

012_2016020900332027a.jpg

013_2016020900332289e.jpg


私たちの顔にもついているダニやソウメン瓜についたカビや戦争で崩れた肉体や生きている命や死やそこにある果物を描くときでさえそういうことを表現したいと言っておられました。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

カワセミとかアトム氏とか。

2016年02月07日
今朝天満川のほとりを散歩してると小鳥がいっぱい日向ぼっこしていました。
こんな日には、カワセミにも会えるかなと思ったらいました。

019_201602062353115ea.jpg
このピカピカしてるとこにいるんです。↑
でもアトムと一緒だから近づくと飛んでいきまた近づくと飛んでいきで写真撮らしてくれません。

017_201602062353103ef.jpg
このぼやっとエメラルドグリーンのとこがカワセミと思われます。



槇原慶喜展は、連日画家の方たちが寒い中を来てくださって満員の時には立ち席でコーヒー飲んでいただきます。
館長大人気ですね!

007_201602062353064cc.jpg

ネクタイしてきりっとしたアトム氏がいます。



まあ、実際はこんな感じ。笑
015_2016020623530857c.jpg





おまけのアトム
りりの誕生日祝いにアトムの夜間お散歩用のライトいただきました。
なんでアトムなんやとも思うけど欲しかったものだから嬉しいです。

014_2016020623530782d.jpg
嫌がらずにつけて歩いてました。
ロビンお兄さんありがとう!  by ATOM



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

KEIKI MAKIHARA TEN 開催中

2016年02月05日
新聞の力ってすごいですね。
昨日、地元中国新聞のギャラリー情報のページに槇原慶喜さんの作品展のお知らせが載ったら、場所の問い合わせの電話がじゃんじゃんかかってきました。

040_20160205125115339.jpg

「一度行ってみたかったので今回こそは。」とか「何度も横川で探したのに見つからない。」とか。
「カモメは小さいギャラリーですから見えないんです。」ってお答えしました。
いつもはみられないような静物や小品のピエロも今回は並んでいますので是非よーく探してカモメを見つけていらしてください!!


044_20160205125116ff7.jpg


作家在廊予定日は、

5日(金) 10:30〜17:00
6日(土) 午後来れれば。
7日(日) 10:30〜17:00
8日(月) 10:30〜17:00
9日(火) 定休日
10日(水) おそらく不在
11日(木) おそらく不在
12日(金) 10:30〜17:00
13日(土) 10:30〜17:00
14日(日) 10:30〜17:00
15日(月) 10:30〜17:00

です。よろしくお願いします。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

槇原慶喜 素描と淡彩

2016年02月02日
槇原慶喜さんは、紫色が好きなんです。

だから、どの絵にも紫色の香りがします。
深い赤にも深い藍に
も。


makihara.jpg




006_201602022237530ec.jpg






おまけのアトム

一昨日の夜と昨日の午前中で壁と家具のペンキ塗りを済ませて夜にはすっかり乾いていたのに、朝アトムの頭にペンキがついていました!
どこで???

003_20160202223752d1f.jpg



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

熱い展覧会が続きます!

2016年02月02日
一月初めの「井手原敬一作品展」に続いて、後半は若い二人の作品展 三石彩加×nicco 「勝手に交わる」

020_20160202002616917.jpg
最終日は、毎日仕事でなかなか来れなかった作家お二人もそろって先輩や友達もたくさん来てくれて盛り上がりました!

005_20160202002610438.jpg
色鉛筆と下地材を使って描くカードのワークショップも楽しそうです。

006_20160202002611cd0.jpg
先輩、色がきれいねー。また絵を描かれたらいいですね。
008_20160202002613624.jpg
モンゴルの画家テムさんも若い人に交じって参加してくださいました。
010_2016020200261597f.jpg
あっという間にカモメが~~! 若者たち、そばで一緒に絵が描けてラッキーね!

彩加さん、niccoさん、ririはデザイナーの先輩なのでちょっと厳しいことばかり言わせてもらいましたが、お客様の反応はとてもよかったです。そしてみなさん今後を期待していますとのことです!
これからもがんばれ~!
それから、賛助作品として陶芸作品を展示販売くださった三石お母さんありがとうございました。





おまけのアトムと鴎婆
024_20160202002806bbc.jpg
二人の作品展を見に来てくれた千絵さんが写真撮ってくれたのがいい感じでしょ、ありがとう。




さあ、二月の展覧会が始まります。

2月3日からは、先日行ってきた八千代の丘美術館の槇原館長の作品展です。
館長が仕事の都合で1日にはオープンできないそうで急きょギャラリーの壁面のメンテナンスをすることにしました。
8年分の壁の穴と汚れを、少し名残惜しかったけどきれいにしました。

039_20160202002808328.jpg

038_201602020028075a7.jpg
隠し棚も白くしたのでこのコーナーもイメージチェンジ。

今回も「てごや音助」チームにペンキ塗りをお願いしました。
職人で手練れ(失礼しました)のM宮さんは厳しくて養生の仕方から刷毛の使い方、新聞のちぎり方まで指示が飛ぶので大変勉強になりますが音君は絶対に逆らわないできちんと丁寧な仕事をされます。めちゃいい人です。
便利屋音助チームはどんなことでも丁寧で早くてリーズナブルに助っ人してくれるのでお勧めです!


2月2日(火)は、定休日なのでお休みです。
午後から設営があります。楽しみ~~~。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |