fc2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

賢治を読む。

2008年09月19日
宮沢賢治の夕べ に、来るためにみんな本を読んで研究を始めたらしい。
横川の西区民図書館の、賢治の本はめぼしいのは貸し出し中で、あしからずです。

はじめに読もうとおもう賢治の文。


  

 わたくしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしたちは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。
 わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです。
 ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、わたくしはそのとおり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでしょうし、ただそれっきりのところもあるでしょうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません。

   大正十二年十二月二十日 
                                       宮 沢 賢 治



☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

マルセイユからかわいい荷物か来た。
フランスで居候をさせてもらっていたラシードの友達のセビリアーンからだ。
シングルマザーで大変なのに、ありがとうね。

1

Bon soir. Severine!

Votre paquet est arrivé de France.
Je suis très heureux.
Merci.
Que Yuriko

セビリアーンが小包を丁寧に包んでいたポスター。
フランスでは、とても人種差別が激しいんだそうだ。
セビリアーンも、無実の罪で警察に連れて行かれ、幼い息子の前で、手を縛られたことがあると言っていた。
2


未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |