fc2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

These were made by my aunty.  二人の美代子おばちゃんの作品展。

2008年09月10日
普通の主婦が家事をこなす傍ら、創作したART。
一刀一刀、彫った作品は、しすたーYOKOとririが叔母にもらった6作品です。
初めて、人の目に触れます。
My aunt MIYOKO AMAHATA made it.

1

2

3

4

5

6

今ね、友達の娘のなっちゃんとまったりおしゃべりしていたら、ウインドウの外からじーっと木彫り作品をみてる美しい人がいてね、入ってもらったら、陶器専門のギャラリーのオーナーさんだった。
その人が言うには、
「作家は、悲しいことに作品を売って生きていかねばならない。だから、どうしてもそういうことが作品に表れてしまう。しかし、こういう売ろうと思って作ってない人の作品には、そういう邪念が見えないから素晴らしい。」と。


こっちのパッチワークは、長年病院で勤めた叔母が、60歳を過ぎてから一針一針、老眼鏡をかけて縫ったものです。
My aunt MIYOKO FUNAMOTO made it.

7

8

9


どっちもいいっしょ!ね。
ririの写真がもちっとうまかったらなぁ。




未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

Black Gold

2008年09月10日
『おいしいコーヒーの真実』

という映画を観てきた。
エチオピアでコーヒー豆を作っている人たちは、豆の価格が低いので、とても貧しい。
エチオピアの子供の通う学校の黒板はぼろぼろで、学校に行きたくても途中でやめなければいけない子供もいる。
ririは、コーヒー一杯400円で売って、今、生計を立てている。

一生懸命働いても貧しい人の上で成り立っているのか?
何ができるのかな?
少しくらい高くても、フェアトレードのコーヒー豆を探して買えばいいのか?
調べてみなくてはね。

コーヒー一杯が、貧しい国の人の手で育てられた木にやっと成った実を低賃金の女たちの手で選別され、袋に入れられて、海を渡ってきたものかもしれないと、気にかけて、大切にコーヒーをいれて、コーヒーをのまなくっちゃ。


未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME |