fc2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

みゅぜぢゅるぼあ  Musee du Louvre

2007年11月24日
がぜ、ひぎまじだ。
まねじだらうづるっでがいであっだのにおもじろいがらまねじでだらいぐでぃのがぜがうづりまじだ。

風邪引いてもちゃんとお出かけします。ストも終わったし、イエ~ィ。
ファリダも亜希ちゃんもやっぱルーブルは外せないって言うから、行ってきました。
ガルドリヨン(Gareは駅なので、リヨン駅)で、エゴエ(高速地下鉄)を乗り継ぎ、パリの中心のシュトレレアールの駅で降りたら、大きなショッピングモールになっています。ブライトンでいうショッピングセンターみたいなとこ。そこの中庭のタバコするとこの像。
1

地上に上がると、大きな教会の前に大きな顔の像。横で男の人が2人で大声で詩を朗読してました。(意味分らんけど多分詩。)
昨日も、ボーボワールの墓の前で若い男の子が2人で1時間くらいおしゃべりしよったし、平日でものんびり感がうらやましー。
3

そこで方向が分らなくなったから、"Where is the ルーブルミュージアム ?"って聞いても解ってもらえず、本を見せたら、”あはー みゅぜぢゅるぼあ!?”って。
そこいら辺の裏通りは小さいボタン屋さんやリボン屋さんがあって面白い。
表通りは世界共通のショップで今やパリも全然普通です。
美味しいフロマージュのバゲットとマカロンをほおばりながら到着。
みゅぜぢゅるぼあの中庭のガラスのピラミッドの中から見たみゅぜぢゅるぼあ。
2

みゅぜぢゅるぼあの(シツコイって!)地下は、地上の歴史的な重厚な建物と打って変わってお洒落な地下街。広島で言うシャレオをゴージャスにしたような感じ。うろうろしてたら夕方になったのでモナリザに会わずにそのままメトロ直結通路に出て帰った。あーあ。
ラシードは、子供の頃、学校からみゅぜぢゅるぼあへ行った時、「地下室は死んだ人が入るところだから入りたくない。」といって一人だけ美術館の中に入らなかったんだって。
「先生はぼくの事を解ってくれなかった。」て言ってた。
ラシードはちょっと人と変わってるからなー。そこが好いとこなんだけどなー。


家に着いたら、すっかり暗くなっていて、空に満月。
ピンクの家が、『お母さんの子供たちの家』。
7




※ 追記
こっちが満月だとそっちも満月なん?
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME |