fc2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マニフィキ  Beautiful!

2007年11月12日
日曜日。
ラシードんちの回りには高層の公共住宅が建ちまくっているのだけど、家の裏側はうって変わってすごくきれいな川べりの風景が広がる。
週末にはパリの街中からきれいな空気と美しい自然を求めてトレッキングの人がいっぱい散歩にくる。
ここにいるとモネじゃなくても水辺の葉っぱや水面の光を描いてみたくなる!
7

ユトリロが灰色のパリの空の下でああいう風景を描いたのも解るし、モネがこの水面に浮かぶ葉っぱを描いたのも解る。
その場所や気候風土で画風が生まれる・・・のかもしれない。
ちなみに、エゴンシーレのせんない様なドアの絵を見せたら「あ、牢屋のドア!」ってラシードが叫んだ。
同じだったって。

「決して森の中には入るなよー、迷子になるから。」と行って、彼女のとこに行くラシード。
1

ririには、友だちと仕事の打ち合わせがあるのでと嘘ついていく。
「彼女ンとこじゃろう?」っていうと、「んー、後から行くかもしれん。」っていう。
彼女にユリコに触られんようにしなさいって言われたんじゃと。あのねー、頼まれても触らんっちゅうのに!

遠くからでかい犬を連れた人が来よると思ったら、
2

ヤギじゃん!
3

橋の下は、グラフィティ描きたい人が描いていい場所だって。
こっちの人ら、落書きめっちゃ好き。
4

サルノコシカケは結構でかくて硬くてホンマに座れる。
関係ないけど、セネガルには、大昔から”見ざる・言わざる・聞かざる”のサルの木彫りの人形があって、余計なことに首を突っ込むとトラブルに巻き込まれるって言い伝えがあるそうな。
アフリカ人のおじさんが教えてくれた。同じジャン。
6

武田山の中を散歩してるみたいな風景もあり、
8

モネの庭みたいなところもあり、
9

奈良の紅葉みたいなとこもありーの。
11

左から、マキシム・ビクター・ヤニック。
13歳、英語はあまりうまく話せないんだっていいながら、真ん中のビクターはSt.Gilsのアドバンス級のフリューエンスな英語を話す。ヒスパニアもイタリアンもなんちゃら語も話せるよだって。
13

人懐っこくて何度も描きかけの絵を見に来ては、うまいじゃんってほめてくれる。
何歳か?って聞くから、何歳だと思う?って言ったら、71歳か?って言われた。
なんで、71歳なんじゃー、こらっ~。



★おまけー★

ラシードが夜な夜な彼女の元へ行くようになり、暇なので、息子のMIXIでも探して読んでやろうとヒラユやマツナミや亜希の弟やらのキーワードで検索してたら、3年前の味噌人の日記にたどり着いた。
面白い。
それにしても昔の日記には母が結構登場してるのに(決して良い風には出てこないにしても)、最近はアキノリばっかね。

●暇をもてあましてる人は、どーぞ。
http://www.geocities.jp/akinikki/2004/2004aki11.html


●このサイトも超面白いので、お暇なら。
http://mozinor.com/
マトリックスバージョンは、最新のスワップ旅行の説明で、BENNYは就職活動だって。言葉が分れば更に面白いんだけどね!



未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME |