FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

A bientôt! mes amis✋

2019年10月18日
NHKラジオからラジオ体操の音楽が流れて来て、いつもの日本に帰ったって気がしました。


私達のヨーロッパで描いた作品展もみなさまのおかげで沢山の方々に観に来てもらえてその上沢山お買い上げいただいてぽんちゃんはほぼ完売でした。 りりの作品も沢山出て行きました。
私の場合、この夏三か月間は働いていない上に思わぬ出費(フィンランド入国事件やデュッセルドルフ警官に囲まれる事件)やらありまして、この作品展の売り上げで補填できる上にあまりあるとホクホク皮算用していたら、給湯器が壊れて新しいプリンター代と合わせるとほぼ残らない計算となりました!
まあ楽しかったから良しです。
作品を紹介したEvaも写真モデルのSeverineも私が描いた絵のモデルのFaridaも喜んでくれていました。

そして仲良しに打ち上げしてもらってこの夏の狂騒曲はおしまい。
20191014_103140736_iOS.jpg
ぽんちゃんお疲れさまでしたー!
みなさま、ありがとうございました。




栗で大変お世話になっているキリックおじさんに質問をいただいていたことに、イギリスからマーガレットさんが答えてくれました。

73475124_10158008295108311_6704433383436451840_n.jpg

Margaret さんより
Lucifer is another name for the Devil.
In the Christian religion the devil represents evil.
That could be the reason.
The other meaning of lucifer is 'light' ... which is fast.
It could refer to the mouse being killed quickly!

ルシファーって「堕天使」という意味もあるらしいし光の意味もある言葉らしいので瞬時に悪いものをやっつけるみたいなことではないでしょうか。とのこと。
ちょっとネズミかわいそうでもありますがネズミも強いものねー。




夏の間お休みだったマキコさん主催のゆうるり朗読会が再開されたとたんに大賑わいでした。

20191016_104111702_iOS.jpg
本が好きな方や朗読が好きな方が集まって来られます。
来月からは第三木曜の7時から8時です。どなたでも、読みたい文章持参でお越しください。



来月からたなかさとしの鉛筆画教室も再開です。
毎月第二日曜日の朝9時から10時半です。(要予約)







未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

ボンジュール、私のともだち!

2019年10月13日
フランス留学中に出会った絵を描くともだち、モデル、フルーティスト、そしてぽんちゃんとのグループ展も明日10/14までとなりました!

早っ‼️


ぽんちゃんのフランスパンのサンドイッチの絵。美味しそう‼️



リリが地中海で泳ぎながら観察したカモメたち。


最終日は夕方5時までです。
ぽんちゃんとアトムとお待ちしています。



今回の台風もテレビで被災地を見ると胸がいたみます。

うちも栃木県に家族がいるので心配でしたが無事で安心したところです。



北へ引っ越しされたテムレンさんたちも無事で何より!変わらず元気そうです‼️
良かったー。
72294438_2169731046660147_133266504413085696_n.jpg





おまけのアトム

新しいアトムの部屋⬆️

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

十月の俳句会 🥜

2019年10月10日
カモメのばぁばぁ 夜の美術館

句会報第六十二号(令和元年十月)

十月六日(日)、留学先から帰国された六星さんは、四か月振りの句会となった。「欧州で出会った絵描きたちの展覧会」の個展の会場をお借りして、欠席投句のたつみさん、今橋進さんを含めて十二名の参加者でいつものように六時開始となった。
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)
      (清記逆順列記)

71674677_10157974210623311_3855842993479090176_n[1]


兼題 「落花生一切」

53be19ca6b011891c1149dd964f222b8.jpg


落花生もみじ饅頭行き交(こ)うて  厚子
落花生花も産地も知らず食ひ  朋子
○向かい合う爺さん婆さん落花生  六星
落花生空気も皮も価値のうち  風外
日曜日朝のピーナツバタサンド  下駄麿
◎それぞれがへその緒付けし落花生  麦
落花生箸置きにして呑む一杯  走波
落花生おちても生きる実を結ぶ  えこ
落花生売るは若き日のディズニー  ねむ女
○徹マンや溜るは落花生の殻  茂樹
友と飲み箸置きにする落花生  進   
○落花生剝く足元に犬の来る  たつみ
                            

当季雑詠

○在宅か栗虫の痕じっと見る  厚子
肌寒やちとそこまでに戸惑へり  厚子
金柑や空家の庭にまた実り  朋子
灯台の光めぐりて月を指し  朋子
白き帆を立て秋晴れの地中海  六星
銀鱗の飛び跳ねキラリ秋の川  六星
栗の皮蒸して蒸して染料に  風外
長束の山の秋虫大合唱  風外
サンソンの弾くパヴァーヌや水澄みぬ  下駄麿
◎秋寒や雲吞匙をすべり落ち  下駄麿
珈琲の湯気立ちのぼり遠きカナカナ  麦
活版印刷所「カムパネルラ」にて
秋の昼カムパネルラに文字拾ふ  麦
母の忌や金木犀の花を挿し  走波
満月や我に似合わぬ泣き黒子  走波
逢魔が時畔に揺れてる曼珠沙華  えこ
秋の朝便座ひやりとして独り  えこ
亡き人の靴靴箱に秋の雨  ねむ女
ほろほろと飛びて止まれる秋のてふ  ねむ女
文句出るグランド・ゴルフ秋暑し  茂樹
晩秋やパリより戻る俳句どち  茂樹
わが犬もくわえ損ねしバッタかな  進
朝もやに群れて過ぎ行く渡り鳥  進
永の勤め終へし背に添ふ萩の花  たつみ
鶏頭の列瀬戸海を見下ろして  たつみ


(句会寸描)

*兼題の「落花生」は、頭一つ抜け出した、麦さんが一位となった。雑詠は上位二句に人気が集まり、下駄麿さんが一位となった。兼題は、最近あまり身近に見かけないので苦労されたようだ。雑詠については、選り取り見取りの句になった割には、点数に大きな開きが出た。



*兼題 「落花生」

◎それぞれがへその緒付けし落花生  麦
「へその緒」とはユニークな例えであるが、作者によると実家で栽培しているとのこと。見慣れているものであるが、よく観察されている。
25235000030.jpg

○向かい合う爺さん婆さん落花生  六星
合評では、「落花生」の中身を「爺さん婆さん」に例えているという意見と「落花生」を「爺さん婆さん」が向き合って食べているという意見に分かれた。いずれにしても微笑ましい情景である。

○徹マンや溜るは落花生の殻  茂樹
「落花生」の殻を見て、会社員時代のことを思い出した。いつも殻はどんどん増えたが、麻雀の点棒は溜まらなかった。

○落花生剝く足元に犬の来る  たつみ
微笑ましい光景が目に浮かぶ。猫ではなく犬が来るのが、どことなく「落花生」らしい。


*当季雑詠

◎秋寒や雲吞匙をすべり落ち  下駄麿
「秋寒」と雲吞が匙をすべり落ちるところが上手くかみ合っている。秋のもの悲しさも感じられて、余韻が残る。

○在宅か栗虫の痕じっと見る  厚子
下五の「じっと見る」様子がユーモラスである。上五の「在宅か」もどこかほのぼのとしたものを感じさせる。


*次回予定

日時 十一月三日(日)十八時〜二十時
場所 カモメのばぁばぁ
投句 兼題(短日)一句と当季雑詠を二句

      (茂樹 記)




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

やっと平常の生活っぽくなってきました。

2019年10月10日
フランスから帰って明日でもう二週間です。

10月2日から始まったヨーロッパ縛りの絵画と写真作品7人と1人のフルーティストによる合計8人の展覧会も一週間が過ぎました。

時々やってくるちびっ子姉妹。

20191009_064159535_iOS.jpg
 「バナナジュースおいしい?」
   「おいしくない!」
 「おいしい?」
   「おいしくない!」
 「おいしい?」
   「おいしい。」


今日はカモメに入りきらないくらいの大勢のお客様が来てくださいました。
一緒に南仏をめぐったぽんちゃんが張り切って沢山の友達を呼んでくれるので、私たちの作品やハガキも(飛ぶように!とは言いませんが!笑)良く売れて有難いなーと思って喜んでいたら、我が家のガス給湯器が寿命だそうで肩透かし気味です。。



そして、毎月第二水曜日のFMちゅーピー スマイルパフェのコーナーに三か月ぶりにお話に行きました。
留守の間たなかさとし君がリリの代わりにカモメのこともお話してくれていてありがとうございました。
そして、今日もまたドキドキしながら天野真木子さんにリードしてもらってフランス留学のことやただいまの作品展のこと、次回の山本しのぶさんの個展のことをお話ししました。
あがっているので、話している途中で何を質問されたんだか分からなくなって明後日の方に行きます。💦
最後にパリでフルート奏者として教えたり演奏活動をしているぽんちゃんちの亜希ちゃんのCDもかけてもらって今日はまあまあ満点ですね。
カモメお隣りのS☆78さんのおかげなのです、ありがとう。(o|o)



姪っこの夫、田中秀昭氏がマツダの社員で「マツダ100年の歴史」の話をしてくれました。
日曜にカモメに来て月曜にやろうという話になったから準備期間はお互いに半日ですが、盛り上がるイベントになりました。

20191007_112308334_iOS.jpg
東京人なのに郷土愛とマツダ愛を感じさせる素晴らしいトークでした。
二時間ぶっとおしで話をしてくれたけれど終わってもみなさん席を立たれず熱気が続いていました。
マツダだけでなく戦前から戦後にかけて自動車産業がどう生き残ってきたか、モノづくりの人たちがどう努力してきたかという部分も車に特別興味のない女性も退屈しない内容でした。
これからのMAZDAの戦略も気になるところだし、またいつかお話会をしてもらいましょうね!
うちにはH●●●Aの社員もおりますが。(笑)



未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

ぽんちゃんのスケッチ

2019年10月09日
朝晩アトムと横川の街をお散歩しています。
元安川(旧太田川)と天満川の分かれ目あたりの遊歩道の樹の下をぶらぶらしています。






この夏、リリ留学中にフランスとドイツで描いた絵やぽんちゃんのフランスバカンス中のスケッチや、旅で出会った絵描きさんたちの作品や南仏のモデルのセビリーンの写真などの作品展は後半の1週間に入りました。
毎日、ぽんちゃんとアトムとリリでお待ちしています。見に来てくださいね。



ぽんちゃんがホテルの前に座って描いた絵です。
南仏の古い素敵なホテルでした🏨



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

土曜の朝は

2019年10月05日
英語でお話ししよう!の会をしています。

fc2blog_20191005202458e4c_201910052156510f0.jpg


今朝は、何を話しましたっけ?
あ! 海外トイレ事情など!笑
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

Bonjour Les amis! 欧州で出会った絵描きたちの展覧会

2019年10月04日
昨日10月2日から、ヨーロッパの旅の間描いてきた絵と、そこで出会った絵描きたちの作品を少し紹介させていただいています。


たとえば、私がフランス語学校のホームステイでお世話になったアルダことマダムフランシスコは、美術の学校に行っていないけどピカソとゴッホが好きで模写をしては少しだけ自分が好きなように描き替えたりしています。
彼女の家の五階のテラスに転がっている石にも絵がかいてあります。

20190731_170336585_iOS.jpg

25歳でブラジルからフランスに来てこちらで結婚して今は一人で働きながら絵を描いたりギターを弾いたり夏はいっぱい泳いだりして南フランスのモンペリエで暮らしています。

彼女のコーナーには祖国ブラジルへの想いのよくわかる小さな作品も置いてあります。




突然ですが、(なんでも計画が遅くてすみません!)10月4日(金)夜6時から8時にぽんちゃんと私ririのヨーロッパの旅のお話の会をします。
ぽんちゃんお料理上手につき、二人で少しフランスにちなんだお料理を用意します。
1プレート1ドリンク付きで、1000円です。
10皿準備しますが、ただいまご予約7~8名ですのでもう少しお受けできます。


20191003_090707905_iOS.jpg
ぽんちゃんが作ってくれたりりとぽんちゃんがまわったフランスとドイツの地図です。

そして、下にあるのはぽんちゃんの娘の亜希ちゃんのCDです。
パリでフルートを教えたり演奏会をしています。1枚約9€(1000円)です♬、よろしければ聴いてみてください。
会期中、カモメで流しています(^^♪


昨日も今日も沢山のお客様に来ていただきありがとうございます。
20191003_023316039_iOS.jpg
昔アフリカにすんでいたと言われるぽんちゃんのご親戚の方は、苦労話や面白い話など。

海外に何年も暮らしている人はたくましいなー、強いなーといつも思います!






おまけのアトム

20191002_114505617_iOS_20191004002703123.jpg



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

ギャラリーレンタル価格について

2019年09月30日
ギャラリーレンタル価格についてのお知らせ

以下ホームページにてカモメの税理士さんの指導の下に今年一月からのレンタル料金の表示をしていましたが、できるだけ抑えたくて実際にはこの料金をいただいていませんでした。

この10月から消費税10%導入となるので、規約通りの料金を10月より申し受けさせていただきたいと思います。

レンタル料金と売り上げのマージンの料金のどちらかをを毎年少しずつ上げていくことを本当に心苦しく思うのですが、ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

http://kamomenobaabaa.web.fc2.com/space/index.html

利用料金
2週間 50,000円(税別)
利用期間
1ヶ月を「前半」「後半」に区切った「約2週間」
単位でのレンタルとなります /火曜日は定休
(月によって日数に差がありますがご了承ください)
販売手数料  販売価格の20%
(※2019年現在の料金です。変更になる場合がございます。)



71595663_746622342475190_1474100533391261696_n.jpg










未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

「ただいまー!」 予定より早めの帰国をしました。

2019年09月29日
フランスから今日あたり飛行機に乗って帰ってくる予定でしたが、90日を2日超える滞在日数になってしまっていて最終的には航空券を買い替えて26日に広島まで、三か月前よりも色黒太目で帰ってきました!

20190926_000448671_iOS.jpg



7月1日からフランス語学校に入学して一か月半授業に出ましたが、クラスは徐々に難しくなり最終的には英語禁止になってやねこかった!
深夜に随分日本の京子先生にヘルプのメールを出しました!!

20190723_080244108_iOS.jpg
かなり厳しいイザベル先生に分からないようにコソコソ英語でホローしてくれてたフランシスコ君。


モンペリエの最初のホストファミリーのファリダたちは夜な夜な頻繁に地中海のビーチにピクニックに連れて行ってくれました。

20190630_165733240_iOS_20190929023445531.jpg


二度目のホストファミリーのアルダとは、ポルトガル語+フランス語 VS 日本語+英語なので、共通語が無くほぼボディラングエッジなのにお互いにピカソやゴッホが好きで気が合いました。

20190819_224507818_iOS.jpg


元はと言えばラシードの友達のセビリーンとは今は私の方が親しいかも。
20190810_140552557_iOS.jpg


ぽんちゃん家族と少し南仏をめぐってからニースからバーゼルに飛んで、ドイツ入り。

それからヘルブラウさんのご主人の実家のある南ドイツのエッテンハイムでは夢のような自然の中の暮らしを体験させてもらいました。
20190901_234850020_iOS.jpg
ハンモックでゴロゴロしているのが私。


長いことドイツ鉄道に乗ってハンブルグへ。
20190901_161519653_iOS.jpg

毎日のヘルさんの手料理の美味しいこと!


それから三浦寿秀さんの妹の淳子さんのいるフランクフルトへ。
何が一番って、ZOOのミーアキャットみたいなのがかわいくて面白くて最高!
なんと彼女がカモメで写真展をされたときに役所広司の奥さんがカモメに電話をかけてくださっていたそうです。
残念、固定電話の調子が悪くて気が付かなかったか留守してたかでした。

20190906_104622719_iOS.jpg


そこからまた四苦八苦列車の旅をしてデュッセルドルフへ。
ここでの一番の思い出は何と言ってもサウナ体験! 写真はNGなので無いけれどああいう経験は初めてです。(笑)
アルトビールも美味しかった。



それから、今回の旅はフランス語留学なので最後はパリへ。

20190920_125149668_iOS.jpg

どんどん新しい知人友人ができてゆく旅でした。
みなさまお世話になりました。ありがとう!





今日の土曜朝の英語の会で、「どこが一番思い出深かった❓」とレイコさんに質問されたので、今日は三か月のヨーロッパの旅をダイジェストで振り返ってみました。

20190928_013954174_iOS.jpg





その後ぽんちゃんにギャラリーアムの丸町君の個展と安佐南区のギャラリーバザレに連れて行ってもらいました。

20190928_040455122_iOS.jpg

この作品は何だか分かりますか?



明日29日(日)は、急遽というか予定通りというかカモメ蚤の市があります。
どうぞ掘り出し物を探しにお越しください。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

Paris.

2019年09月19日
あれからパリに来ています。

なんだかんだとケンカしながらのラシードの家の四日目です。
初日はパリ郊外の田舎の家の周りでのんびり絵を描いたり散歩したり。

20190916_114733657_iOS.jpg

20190916_115532673_iOS.jpg

20190916_131630527_iOS.jpg
鳥と魚見える?



この前カモメで洋服とキルトの母娘作品展をされた中丸寿絵さんが初めてのフランスとイタリアに洋服の勉強に来たからパリまでお迎えに。
そして、以前カモメや宮島のケンジさんのところにも遊びに来てくれたアイーダが会いに来てくれました。

20190918_095510761_iOS.jpg
歌のお兄さんとも待ち合わせをしたことのあるパリ、オペラガルニエの前で。

20190918_115134127_iOS.jpg
Pont Neuf! 「ポンヌフ!」と私が言ってもフランス人のアイーダには通じなかった。。。
全然、聞き取ってくれなかったー。笑

20190918_115734992_iOS.jpg
久々にセーヌのほとりを散歩してお天気はいいしやっぱりパリは良いなとおもったし。

20190918_133402469_iOS.jpg
ずーっとチャンスをうかがっていたマレ地区のピカソ美術館にも行けて「満足!!」。


その後、またパリに出向くときと同じく、自由をまとって生きている友人のラシードとは使う時間を合わせることが難しくて私はカッカしながら三人で帰宅。
ずーっと気ままに一人で生きていると人と合わせるのは難しくなるねと、仲間に愚痴るフランスから。



来週広島に帰りますね、 初めて乗る飛行機Eva airが安すぎてちゃんと乗れるのか不安ではありますが。

20190916_215347515_iOS.jpg

帰ったら早々にぽんちゃんとドライブした南仏やお世話になったホストの方たちと過ごしたモンペリエやドイツの友人のところや最後に立ち寄ったパリのことなど描いたものを並べたりお話したりしたいので良かったらカモメにお越しください。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

島根県邑智郡からのお知らせ!

2019年09月12日
猪風さんの個性的な絵がとても好きです。
覚えてますか? 私が気になっていたのは縄文バレーの絵。
ちょっと留守をした間に売れてしまっていました。
どんな方が購入してくださったのか。。。


猪風さんご夫婦の島根県邑智郡の家には銀杏の樹が合って沢山落ちてくるので去年はみんなでバケツいっぱい何杯も分けていただきました。
今年はそのバケツまたは自分のバケツ持参ですと無料で銀杏取り放題ですから。
<注意> しっかり蓋ができるかビニールでふさがないと車の中が大変なにおいになります!!!

10月に銀杏拾いに行きたい方は、このブログのコメント欄かFaceBookでメッセージをください。
私の携帯はただいまつながりませんので、SNSでよろしくお願いします。


香木の森見学と縄文村のランチと倉谷家の銀杏拾い(バケツは持参すること)と霧の湯のお風呂に入って帰るなど盛りだくさんに楽しめそうです。


私は、10月2日からカモメで二週間作品展をするのでまたいつか行けそうなときに田舎好きなのでお邪魔したいと思っています。







デュッセルドルフ情報

ただいま軽く風邪ひきでJUNちゃんのお家で猫のお豆氏とゴロゴロしています。
20190910_092734747_iOS.jpg
ほとんど星の王子様の帽子状態です。

20190909_113226959_iOS.jpg
たまに日が照ると出てくる。

20190911_132312049_iOS.jpg
近所のギャラリーの番犬。看板犬というより外から見ていると吠えて番をしています。
でも一旦中に入るとフレンドリーです。
朝泥の川に入ったそうできちゃない毛並みでした。

20190909_093336892_iOS.jpg
これも別な近所のギャラリーです。
Banksy!

20190910_072238685_iOS.jpg
近所のトルコ系みたいなスーパーで買ってみました。
蜂の脚が一本入っていました!



日曜日には、フランスに移動の予定です。
フランス語がみるみる抜けていく様で最後にもう一度フランス語を使って帰ろう!

未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

九月の句会の即興お題は「話」でした。

2019年09月09日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第六十一号(令和元年九月)

九月一日(日)、ここのところの長雨の影響もあり朝夕はめっきり涼しくなってきた。亜希さんのコレクション展の会場をお借りして、欠席投句の六星さん、えこさん、下駄麿さん(途中参加)を含めて十一名の参加者でいつものように六時開始となった。
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)
   (清記逆順列記)


席題「話」

明月や携帯電話の写真映え  厚子
○小話で盛り上がりたる無月かな  走波
温(ぬる)燗で話の止まる長き夜  進
秋の昼実のない話絵空ごと  麦
◎虫時雨母の話は終わらない  たつみ
○あっけなく人死ぬ童話あかとんぼ  新治
佳き酒に会話途切れし夜長かな  朋子
話し下手は父親ゆづり障子貼る  茂樹
                               
 

当季雑詠

台風の行方気になり父想ふ   厚子
カナブンの命尽きたし秋彼岸  厚子
秋雨や積ん読の本読み始め  走波
夕月や古本買って帰り道  走波
我が犬も旅立ちにけり広島忌  進
十字路を群なし歩く夜の鹿  進
重陽に買い求めたりひやおろし  麦
駅舎にてわれの手を見る虫の声  麦
◎朝寒にタオルケットを手繰り寄せ  たつみ
○梨送るとメールが届く散歩道  たつみ
九月来る即ち友の忌日来る  新治
○新涼や栗饅頭の艶に触れ  新治
○何もせず眠き日もあり秋簾  朋子
○本の山傍らにあり秋の幸  朋子
韓国の客遠ざかり雁渡し  茂樹
◎長き夜や葛籠より出す端切れ生地  茂樹
○雨後の月ささ進ぜようきつねどの  下駄麿
◎パルコ前「PAR(パル)」のあたりに鰯雲  下駄麿
○尾道の道てごわくて秋の暮  えこ
◎口腔のほおずきの記憶祖母の庭  えこ
◎ばーちゃんの手の温もりや秋の家  六星
木漏れ日も揺らしてセットンブルのハンモック  六星


(句会寸描)

*席題の「話」は、少数激戦の中、たつみさんが一位となった。雑詠は大混戦の末、たつみさん、下駄麿さん、えこさん、六星さん、茂樹が一位を分け合った。席題の方は、「話」(はなし)そのものの句が数多く見受けられた。雑詠については、欠席投句の方にかなり選が偏った。


*席題「話」

◎虫時雨母の話は終わらない  たつみ
日常のよくある光景を上手く切り取っている。母の「話」を聞いている家族は熱心とも上の空とも取れる。そんなこととは露知らず、虫たちは賑やかに鳴いている。

○小話で盛り上がりたる無月かな  走波
せっかくの月が隠れているので、ついつい室内で話し込んでいるうちに、ちょっとした「話」から盛り上がったものと思われるが、落語の「小話」(小咄)を聴きに行ったのかも知れない。

○あっけなく人死ぬ童話あかとんぼ  新治
童話にはこんな「話」が意外とあるようだ。さっぱりした語り口が、気ままに見える「あかとんぼ」とよく馴染んでいる。


*当季雑詠

◎朝寒にタオルケットを手繰り寄せ  たつみ
下五の「手繰り寄せ」がいかにも「朝寒」らしい。誰にでも経験があることだろう。

◎長き夜や葛籠より出す端切れ生地  茂樹
子供の頃に、祖母の家で見かけたような記憶がある。

◎パルコ前「PAR(パル)」のあたりに鰯雲  下駄麿
中七の「PAR(パル)」は店の看板のようだが、「鰯雲」がかかっている雄大な景がよく見える。秋は、何となく空を見上げたいような気分になる。

◎口腔のほおずきの記憶祖母の庭  えこ
幼い頃、「祖母の庭」で「ほおずき」を膨らませた感触がふとした時に思い出される。

◎ばーちゃんの手の温もりや秋の家  六星
素朴で温かみのある雰囲気が素直に伝わってくる。「秋の家」もよく効いている。

○梨送るとメールが届く散歩道  たつみ
知人からの「メール」であろうか。作者の和らいだ顔が目に浮かぶ。

○新涼や栗饅頭の艶に触れ  新治
「栗饅頭」の描写から、いかにもおいしそうな雰囲気が伝わってくる。

○何もせず眠き日もあり秋簾  朋子
暑い夏も過ぎて、一息ついている様子が想像される。

○本の山傍らにあり秋の幸  朋子
食欲の秋と読書の秋、いちばんいい季節である。

○雨後の月ささ進ぜよときつねどの  下駄麿
 「雨後の月」というお酒の名前と掛け合わせているようだ。月夜のユーモラスな雰囲気がよく出ている。

○尾道の道てごわくて秋の暮   えこ
「尾道の道」は坂道など本当に「てごわくて」、的を得た表現であるが、「てごわくて」を別の表現に置き換えてみるのも一考である。




*次回予定
日時 十月六日(日)十八時〜二十時
場所 カモメのばぁばぁ
投句 兼題(落花生)一句と当季雑詠を二句

                   (茂樹 記)






六星、いまだ欧州をうろついており今回も欠席投句をさせていただきました。
その場にいないと茂樹さんの句会報がとても楽しみです。
私は、フランスのモンペリエ(南仏)の学校に一か月半行ってから、お友達のいるドイツの旅をしています。
行く先々でそこのお家にあるものを勝手に食べてうろうろしてまるで「うろんな客」です。

南仏からドイツに回って最初にお邪魔した黒い森の辺りのエッテンハイムでは自然豊かな土地でヘルブラウさんのご主人のご家族がのどかに暮らしておられて田舎の無い私にはとても魅力的な土地でした。
そこのおばあちゃんは、何度も「ツムボール!」って乾杯してくれます。みなさんはちゃんとおばあちゃんに付き合ってあげて、そのたびにみなさんに幸せが舞い降りてきそうでした。

20190824_182822364_iOS.jpg
おばあちゃんのそばにはお世話をしてくれるカトリーヌさん。

20190826_072321501_iOS.jpg
おばあちゃんの娘さんのEvaさんは、仕事が無いときはここに来ているそうです。
野性的なネコのチャーリー。

20190826_082810813_iOS.jpg
犬のジョンがおばあちゃんの昼寝のそばにいます。
マーガレットおばあちゃんの手を握ったり少し肩を揉んであげたら気持ちよさそうでした。




未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

De Francfort à Düsseldorf

2019年09月09日
DB(ドイツ鉄道)の旅につきものというオンタイムに列車が来ないとか出発しないとか時々切符を取っていても汽車はありませんとかいう日本人にはたまげるような経験をしつつ、フランクフルトの淳ちゃんのところからデュッセルドルフの淳ちゃんのところに到着しました。

20190904_143133516_iOS.jpg
フランクフルトではのんびりマイン川沿いの遊歩道を歩いて美術館に行きました。
河原でビーチのように沢山の人が日向ぼっこをしています。


フランクフルト動物園もお散歩しながら歩いていけます。
途中で立ち寄ったお店の人が大宮の辺に留学経験のある人で日本語で広島のことなどもお話ししました。

20190906_085424504_iOS.jpg
↑これは彼女のご主人が「俺は入らなくていいのか?」と言いながら撮ってくれた写真です。

20190907_063324358_iOS.jpg
オーストリアの革製品を扱っていて、その地方の芥子の入ったお菓子をもらって美味しかった!ダンケシェン!
このお店で買った小さい革の小銭入れも帰ってからのカモメでの作品展の時に展示しますね。

20190905_175632547_iOS.jpg
これはね、どこかのカフェのトイレッテンの蛇口。機能が素晴らしい!
真ん中からお水が出て両サイドから勢いよく風が出て瞬く間に手が乾きました。


20190905_194944570_iOS.jpg
淳子さん(カモメで個展をされている三浦寿秀さんの妹さんです。)とガッシー、そばに寝てみても良い子しててふわふわで可愛かったー!
ありがとうございましたー!




そしてひやひやしながら臨時で発車した列車の中にアトムに似たのがいました。
20190907_073100184_iOS.jpg
その後、この列車はゆっくりと何度か止まりながらデュッセルドルフに到着。





デュッセルドルフのJUNちゃんは、学校の課外活動で一週間生徒たちとキャンプやカヌーをしてヘトヘトのところを中央駅まで自転車で来てくれていました。
そして、ドイツのジャガイモのお団子みたいなのを食べさせてくれてから、お友達の家に二人で出発!

20190907_121532650_iOS.jpg

そこには世界最大級のIKEAがあってその広場で月一のマーケットが開かれていました。
そこで購入したガラクタみたいな宝物も作品展の時に出しますね。

それから今日の午後には、サウナに連れて行ってもらいました。
こっちのサウナは男女混合で裸と聞いたので、「私はバスタオルをまいてはいる!」と言いながらみんなが裸なのですぐになじんではだかんぼうで木立の中をうろうろしたりあちこちのサウナに入ったり泳いだり鑑賞したりしてきました。(笑)


明日から、この街を探検してみますね、多分迷子になるけど。。







未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ドイツのハンブルグからフランクフルトに移動しました。

2019年09月04日
9月2日月曜にハンブルグのブランケネーゼのヘルブラウさんのお家をでて、アルトナの駅から汽車に乗る時には冷たい雨が降ってきて急に寒くなって、びっくりでした。
汽車の席に座るところまでヘルさんがついてきてくれて助かりました!
DBはJRと何かと表示も違うね。ありがとう!!

20190902_114431619_iOS.jpg
お部屋みたいな六人掛けの席で4~5時間かかって、フランクフルトに到着。

20190902_151212881_iOS.jpg
まさかの淳子さんが急なお仕事で駅に来れなくなったので地下鉄の駅名を頼りに反対向きの電車に乗ったり降りたりしながら無事にホテルに到着。
ドイツの人は4人に尋ねたけれど(駅名の発音が分からないからメールを見せて)どの人も本当に親切に道を教えてくれちゃったよ。


カモメでの淳子さんの写真展に登場した、ガシニアがお迎えに来てくれていましたよ。
20190902_191941834_iOS.jpg
ボルゾイ三歳女の子です。呼び名はガッシー!

20190903_075629584_iOS.jpg
淳子さんはお仕事なので一人でお散歩にいってみました。
大聖堂の中のこのレリーフはなんだか酒場のおじさんたちの様で面白い。

20190903_090736087_iOS.jpg
目につくギャラリーをめぐっていますがここは、かなり刺激をもらいました。
買いたくなる空間でした。
アート作品には売りたくない物や自分の思いを伝えたいものや様々な状況があっていいけれど、こういう売るために空間を整えたり作品を持ち帰った時の飾れる状態を工夫してあったり徹底したオフィスの様でもあるギャラリーでした。
脚立でそこの代表者の女性たちが丁度展示替えをしていて、中の様子は写真にとれないけれどキャプションだけ撮らせてもらいました。
作家側からのコンタクトはできなくてプロジェクトを作って作家は探すそうです。

20190903_085523486_iOS.jpg
ギャラリーで紹介した作品は、個人では売買しないという信頼関係があるんでしょうかね。

20190903_111556414_iOS.jpg
ここは、やる気のあまり無さそうな花屋さん。おじさんはずーっと携帯に夢中でどうぞ勝手に観て行ってねーみたいな。
でも、花屋さんなのにカードやアート作品や骨董もチラホラ転がっていて何でもあるというのは楽しいって思ったので写真撮らせてもらいましたよ。

20190903_112034530_iOS.jpg
街のはずれの方の大きな映画館に行きました。せっかく初めてのフランクフルトなのに映画館に行ったかというと、Once Upon a Time in Hollywoodを吹き替えなしでもう一度観たかったので。
ディカプリオのフランス語がなんかおかしくて、オリジナルでみるとやっぱり良かったです。

20190903_170442694_iOS.jpg
夕方淳子さんとギリシャ料理のテイクアウトの買い出しに行く途中で、エジプト鴨に追いかけられて怖かったです!

20190903_195531428_iOS.jpg
夜、部屋の窓の外がザワザワしてるから覗いたらローラースケートの人たちが100人はいたと思うけど走っていきました!
毎週火曜の夜に走ってるんだそうです。最後尾にはパトカーがついてましたよ。

では、今から街の探検に行ってきます!


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

南仏からドイツへ移動しました。

2019年08月28日
あれから(フランス語の学校が終わってから)、遠くのSaint-Jean-du-Gardのりっちゃんのケーキ屋さんAu Petit Bonheurにお泊りに行きました。
りっちゃんは鴎娘の福岡の大学時代の友人で以前アイルランドに彼女が住んでいた時にも会いに行きました。
あの時は、震えるくらいダブリンは寒~い八月だった。
今回は暑~い南仏で再会。今はお母さんパティシエ。

20190817_064302732_iOS.jpg

20190816_182601164_iOS.jpg
りっちゃんとヨハンと花恵ちゃんMeruci beaucoup!!
すごい山の中をバスがビュンビュン走るからどこまで田舎なのかと不安になるくらいだったけど、着いたら可愛い静かな町がありました。また行きたい!



それから、ぽんちゃんの家族がモンペリエのアルダの家まで来てくれて私も車に乗せてもらって南仏めぐりをしました。

モンペリエを出た後、ホストファミリーのファリダからは、これからもあなたの様子を沢山知らせてよ!とメールが来て、アルダ(マダムフランシスコ)からは、家の中が空っぽになって淋しい!とメールが来て、私も淋しいお別れじゃった。


純平君(フランスの名前が呼びにくいからジュンペイと呼ばせてもらっている)の運転で中世の世界の様な南フランスを周りました。
20190820_124938387_iOS.jpg
シテじゃなくてセットゥみたいな呼び方の港町へ。

20190820_162842236_iOS.jpg
毒が無いから偽物かと思ったら本物の奈良さんの新作だった。
南仏の小さなゴッホの美術館。

20190820_164214445_iOS.jpg

20190821_095901333_iOS.jpg
ぽんちゃんが行きたかったセントビクトワール山で。
ぽんちゃんの南仏スケッチもリリ作品展の時に一緒に展示させてもらいますよ、楽しい絵なんです。

20190821_123534516_iOS.jpg
地中海のビーチのレストランで、「隣のおねーさんが食べよるふわふわのモノが私も食べたいけー亜希ちゃん頼んでや!!」と、ぽんちゃんちの娘の亜希ちゃんにオーダーをお願いして食べられて満足。
ちびっ子の世話だけでも大変なのに、更に母の友達までバカンスについてきて大変よね。
亜希ちゃん家族とぽんちゃん、Meruci beaucoup!!!

この辺りでゴッホやマチスやセザンヌがキャンバスを抱えてうろうろ絵を描いていたのかと思うとなんだか幸せ。


それから、純平君にニースの空港まで送ってもらって激安飛行機でバーゼルまで飛ぶ。
激安だけあって二時間遅れても飲み物を頼むと有料。
20190822_164911006_iOS.jpg


三時間も待たせてしまってヘルブラウさんと夫がスイスのバーゼルまで車で迎えに来てくれて更に夜道を夫の実家へと走り、星しか見えないドイツの田舎のお家に到着。
目が覚めて窓をあけたらすごい雄大な景色が広がっていて私は有頂天!!!


20190823_071708805_iOS.jpg
ポニーが二頭と犬と猫と蛙が6匹います。

20190823_100651277_iOS.jpg

20190823_131741483_iOS.jpg
十字架の左の方の少しもじゃっとしてるところはコウノトリの巣なんだそうです。あちこちの高い場所に巣を作ってましたよ。

20190823_152158931_iOS.jpg
ヘーゼルナッツの樹の下のハンモックでユラユラして最高な夏休み!

20190824_080045656_iOS.jpg
ヘルさんの夫と妹のEvaさん。
彼女は大学の先生だけど個展の経験もあるも方なので10月のリリ作品展の時には彼女の作品も少し展示します。

20190824_083952707_iOS.jpg
ジャムを作る時などは、ミラベルの樹をゆすって実を落として熟れた順番に拾う。
そのままもいでも美味しかった。

20190824_164321458_iOS.jpg
庭の樹の下でまずはアペリティフ(食前酒)。プローストゥ!

20190824_183059630_iOS.jpg
馬屋のそばの薔薇の近くのテーブルで肉や魚やソーセージ!

20190826_082347854_iOS.jpg

絶対また行きたい~! 
がんばって働かにゃーいけん!!



それから、ドイツ鉄道でカモメにも友達の多いヘルブラウさんのハンブルグのお宅へついてきました。
ドイツの南から北へ縦断だからさぞかし寒くなるだろうと、薄手のパンツとTシャツや帽子はあげて来たのに短パンとタンクトップでも暑い北ドイツ。

20190827_142054096_iOS.jpg

20190827_063909383_iOS.jpg

20190827_164821634_iOS.jpg

今夜は、秋刀魚と帆立と梅干しと奈良漬けとチリメン雑魚とごはんでした。
しばらくドイツで厄介になります。
ヘルさんと夫のご家族の皆さん、Danke schon!


広島のみなさん、大雨大変みたいですね、お気をつけてください!!


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

8月15日は、終戦の日兼、聖母マリアの祝日兼、息子たちの誕生日~!

2019年08月16日
いよいよ明日で学校が最後の日です!
明日の午後になったら背中から羽根が生える予定です。


明日は、鴎娘の友達のりっちゃんがモンペリエの近くの街でケーキ屋さんをしているので訪ねて行ってきます。
楽しみ~!
りっちゃんは以前アイルランドの大きなレストランでケーキの修行をしているプロなので、食べてきますねー!





元はと言えば、イクバルさんの絵画サークルみたいなんで一緒だった絵海ちゃんがお盆休みにモンペリエに訪ねて来てくれたので学校が終わってから遊びました。そして今日はもうロンドンに帰りました。

20190814_183312408_iOS.jpg
アルダが祖国ブラジルのカクテル”カイピリーニヤ”とブラジルの名物のご飯を作ってくれました。

20190815_073301730_iOS.jpg
いつも日曜の朝にアンティークマーケットがあるところも平日はきれいな公園でした。

20190815_073832521_iOS.jpg
その奥にある水道橋、ペイルー。すごい風!!

20190815_082537321_iOS.jpg
一番大きな教会で沢山のキリスト教の人たちと歌を聴いたり神父さんのお話を聴いたり。
今、平穏に家族や友達が生まれて来て生きていることに感謝してきました。
どっちみち、死ぬまでの間です。心豊かでありたいです。
なかなか欲望も強いので難しい・・・・かなー。

20190815_105214575_iOS.jpg
ピーシーン(プール)とビビオテック(図書館)の間の露天カフェみたいなところでコーヒーを頼んで持ち込んだ野菜がいっぱい入った硬くてまあまあ美味しいパンを食べました。
絵海ちゃんと日本語でいっぱいおしゃべりできてうれしかった!



20190815_113619379_iOS.jpg
絵美ちゃんを空港行きのバスまで送ってその奥までお散歩したらファリダがいつもウォーキングに来ているきれいな川べりに来ました!

20190815_113833220_iOS.jpg
風が強いから雲がどんどん流れてきれいでした。




20190815_062733456_iOS.jpg
これは今朝のバルコニーです。
もうここで朝ごはん食べれなくなると思うと寂しい。
月曜日の夕方までアルダの家に居させてもらう予定です。



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

八月のカモメの俳句会便りです!(六星欠席投句しました。)

2019年08月11日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第六十号(令和元年八月)

八月四日(日)、作品展の関係でいつもより一五分遅れの句会となった。金島大智さんの個展会場をお借りして、久しぶりの参加のりう子さん、欠席投句の六星さん、ラシードさん、新治さん、進さん、ねむ女さん、下駄麿さん(途中参加)を含めて十四名の参加者で六時十五分開始となった。
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)
   (清記逆順列記)



兼題「秋の夜一切」

秋の夜の病室に響く電子音  りう子
夜半の秋栞がわりの割引券  朋子
◎岬には電話ボックス天の川  七軒
棹さして上へ上へと秋の夜  麦
秋の夜に揮毫するひと布の上  たつみ
○いつからか肘をつく癖秋の宵  走波
虫の音の止まる一瞬秋の夜  えこ
切り岸の墓は海向く星月夜  茂樹
月の雨ズリ落ち気味の指栞  下駄麿
ひとり飲(や)る酒も冷たき星月夜  進      
秋蝉に起こされ白夜の窓の空  六星
ペガスス(名馬逝く)を追ふ流星となりしかな  新治
秋の夜や篠笛響く地下ホール  ねむ女
                               
 
当季雑詠

○犬の死に桔梗もらって帰る道  りう子
犬死んで一人散歩の秋の浜  りう子
◎夜の蝉眠れぬ闇にひとしきり  朋子
○川岸の問わず語りや原爆忌  朋子
今日もまた一人焼肉原爆忌  七軒
母の技父の形の自由形  七軒
◎小さき実を個々に結びてここに秋  麦
稲光うそついたのはきつねです  麦
○金亀子通用口に当たりおり  たつみ
○長き夜のウクレレ復習ふサザンかな  たつみ
稲妻や山ばかりなり安芸国  走波
ねこじゃらしそよぐ公園子等の声  走波
川面より風人を撫づ原爆忌  えこ
星月夜ゴッホの窓に風ありや  えこ
○朝顔の蕾の数を確かむる  茂樹
○かなかなや時間の余白ほどほどに  茂樹
タンホイザ歌ふ夜空の金魚かな  下駄麿
◎猛暑日やものに道理のあらばこそ  下駄麿
星もなき道に長まる夜の蛇  進
○寝苦しき夜のしじまに鵺ぞ鳴く  進
ジャルダン(「植物園・大きな庭」)の女神の頬に秋陽さし  六星
フランスの女のお尻も揺れて秋  六星
風の愛撫太陽が部屋を出る風で飛ぶ  ラシード
○川岸に誰かの巣穴広島忌  新治
○かなかなや受け容れ難き添削案  新治
○ジョン・レノンのTシャツ着たる生身魂  ねむ女
暑中見舞動画で届く御代ならむ  ねむ女


(句会寸描)

*兼題の「秋の夜一切」は、七軒さんが頭一つ抜け出し一位となった。雑詠は大接戦の末、朋子さん、麦さん、下駄麿さんが一位を分け合った。兼題の方は、「秋の夜」がらみの幅広い季語が集まり、それぞれ特徴のある一句になった。雑詠の方は、個性的な句が多く、選句の方も偏らず万遍なく広範囲に渡っていた。

*兼題「秋の夜一切」

◎岬には電話ボックス天の川  七軒
景がはっきり見えて、雄大なスケールの句である。岬に電話ボックスとは、ちょっと不思議な感じもするが、それがかえっていろいろと想像を膨らませてくれる。

○いつからか肘をつく癖秋の宵  走波
暑さが和らいで秋に入り、物思いにふけっている。なかなか自分の癖は気づかないものだが、ふと我に返っている様子が目に浮かぶ。


*当季雑詠

◎夜の蝉眠れぬ闇にひとしきり  朋子
下五の「ひとしきり」がよく効いている。短い時間ではあるが寝苦しい夜に鳴かれると、いっそう寝付かれないような気がする。

◎小さき実を個々に結びてここに秋  麦
 「小さき実」が豊かな秋の到来を想像させる。「個々に」と「ここに」の響きが面白い。

◎猛暑日やものに道理のあらばこそ  下駄麿
うだるような暑さで気が狂いそうになるが、作者は冷静にそれも「道理」だと思っている。

○犬の死に桔梗もらって帰る道  りう子
 愛犬の死を悼む気持ちと、周りの人々の優しさが感じられ、胸を打つ。

○川岸の問わず語りや原爆忌  朋子
被爆後七十四年経つが、今も連綿として「問わず語り」が後世の人々に受け継がれている。

○金亀子通用口に当たりおり  たつみ
 私も聞いたことがあるが、結構大きな音がする。ぶつかった後の「金亀子」の姿はどこかしら哀れに感じられる。

○長き夜のウクレレ復習ふサザンかな  たつみ
「サザンオールスターズ」と同世代の人であろうか。ウクレレの音色は秋に似合いそうだ。

○朝顔の蕾の数を確かむる  茂樹
 朝顔がどのくらい咲いているかを見るのも楽しみだが、蕾の数を数えるのも楽しみの一つになっている。

○かなかなや時間の余白ほどほどに  茂樹
「かなかな」の独特の余韻に興味が惹かれ、時間の余白を上手く使っているようにも思われる。

○寝苦しき夜のしじまに鵺ぞ鳴く  進
 「鵺」の声を実際に聞いたことはないが、不気味な声のようなので、いっそう寝苦しさが増しそうだ。

○川岸に誰かの巣穴広島忌  新治
中七の「誰かの巣穴」と言ったところに、興味をそそられる。

○かなかなや受け容れ難き添削案  新治
 添削されたものに、どうしても納得できなかったという気持ちを俳句にあらわすという意外性と、「かなかな」との取り合わせが面白い。

○ジョン・レノンのTシャツ着たる生身魂  ねむ女
 「生身魂」は盆の行事の一つとしてとらえられているが、異色の取り合わせがユニークである。


*次回予定
日時 九月一日(日)十八時〜二十時
場所 カモメのばぁばぁ
投句 席題を一句と当季雑詠を二句

     (茂樹 記)






以前日本に来た時に、カモメの句会に参加させてもらったことがある友人のラシードが、モンペリエにやってきて「わしも俳句を出したい!」と言うので投句させてもらいました。
本人曰く、「初心者なんだからこんなのを出したっていいだろう?」と言って「これは五七五になってる?」とか聞きながら、公園でのんびりぼやっと俳句を考えている私より熱心に作句をしていました。(笑)


20190802_131456485_iOS.jpg
作句中。

20190802_140401196_iOS.jpg
出来上がり。


20190802_145009083_iOS.jpg
作句中。

20190726_191217284_iOS (2)
公園の中のギャラリーの女神(上)です。







未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)

Feux d'artifice フダアーティフィシ(花火)

2019年08月09日
久しぶりに、木曜日記を覗いてみたら、やっぱりすごいなー!
たまにしか書かんのに、しばれるわー!!どるっち!

慌ててググってみる、モンペリエから。

私も見たーい!!豊科美術館千田泰広展、春だったらしい。。。



今日は、アルダにしつこく髪を染めるように言われ続けるのが面倒なので学校帰りに近くの美容院に寄ってみたら工事でお休みで直帰して、更にアルダは昼からも仕事に行く日だったから、一人静かにあれこれしている。
今日の復習もしたいけど、それすると毎日何もできないから今日は後回し。私は、本を読むのや勉強するのがとろいんです!



夕べ、前のホストファミリーのレミーとファリダとビーチに行って足を海につけてからまた花火を観てきました!
私の好きなジャガイモのサラダを作ってきてくれてビーチで寝っ転がって、とてもいい思い出です。


20190807_181605672_iOS.jpg

20190807_183612814_iOS.jpg

20190807_190512958_iOS.jpg

20190807_204556007_iOS.jpg



思い出は、フランス語で Souvenirs スーベニアですよ。

授業でスーベニアについて話しなさいと言われて、こんがらがりましたんよ!






おまけのワンコ

モンペリエのコメディ広場でさっきすれ違った大きいワンコ。

20190808_115214613_iOS.jpg

結構真昼間の石畳の上とかみなさん散歩してるんだけど、足暑くないのかねー。
だれも💩拾わないしー。

でも、犬たちのびのびして楽しそうなんよねー。





未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)

静かな郊外に行ってみました。

2019年08月04日
マダム フランシスコが「後からビール飲みに行こうやー、明日は朝からビーチに行こうぜ!」っていうんだけど明日の日曜はファリダと美術館に行くからと言ってるのに、約束時間を代えればいいじゃないか!!!と言う。
ビーチはまたの機会にねと穏便に断ってなんとか納得してもろた。


ラシードがモロッコで仕事をしていたらしく、モンペリエはモロッコから近いからとバカンスに来て、今日はマルセイユへと旅立って行った。最初はモンペリエの町中のB&Bにいて、後半はすごい田舎のモンフェリエという村のフラットに移ったので遊びに行きました。
トラムに乗ってオキシタニという遠い駅まで行ってからバスに乗り換えるんだけど、電話で予約してから乗る小さいバスで私の力では無理なので迎えに来てもらってやっとたどり着きました。

ラシードが特別ルーズなのかと思ったら割と普通に皆さん予定を変更してきて、「あんたがゆうたじゃん!!」って思うことも少なからず!

時間に遅れるのにも慣れているので待ち合わせの場所には本やスケッチブックを持参してイライラしない工夫をしている、最近は。
珍しく遅れずに来たけど食べるものを調達してくるからすぐ帰ってくるからと1時間も。なんでも時間がかかる。

20190802_145022519_iOS.jpg

20190802_154731826_iOS (2)
またしてもアリゴを買って晩ごはん用に持っていくことにして。

20190802_165110763_iOS.jpg
トラムでジャグラーのお兄さんが芸を見せてくれて。

20190802_174456709_iOS.jpg
クリストフ氏(このど田舎に暮らして芸術を楽しみながらデザインワークもしているらしい。)の隣の家に到着。



20190802_182134394_iOS.jpg
「こんにちわー、隣に住んでいるパッキーロです!よろしくー。」って。

20190802_185526267_iOS.jpg

20190802_185738165_iOS.jpg

20190802_190230839_iOS.jpg

20190802_190337583_iOS.jpg

20190803_061155491_iOS.jpg

20190803_122141162_iOS.jpg

20190803_121104438_iOS.jpg

20190803_121044120_iOS.jpg

20190803_120623178_iOS.jpg

20190803_075606434_iOS_201908040456135e5.jpg

20190803_065938760_iOS_20190804045612b26.jpg

20190803_064144368_iOS_20190804045611ebf.jpg

20190803_063618562_iOS_2019080404560903d.jpg

20190803_062106830_iOS_20190804045608a5d.jpg

20190803_122822772_iOS.jpg

最後にフラットの水道管が破裂して修理の人やらやってきて、パッキーロにもサヨナラをして無事にモンペリエに到着。



明日はフランスの美術館は全て無料だそうなのでファーブル美術館に行ってきます!
(毎月第一日曜日。)


未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)

ヌーベルメゾンのお知らせ。

2019年07月29日
今日から二件目のホストファミリーの家に引っ越しました。

ファリダのおしゃれな料理とは違うけど、アルダは無農薬にこだわってスーパーより専門店で魚や野菜やチーズを買うそうでとても美味しい晩ごはんじゃったよ。
日本人は魚が好きでしょう?ってサーモンのソテーに醤油をかけてお箸まで出してくれちゃったよ。
食後のチーズとアイスクリームのデザートはファリダ家と一緒だった。そういうシステムなんじゃね。

4階(日本の5階)なのにエレベーターが無いから二人で重いトランクをかついで上がったんよ!💦

20190728_164327813_iOS.jpg
到着するなり、ピカソとゴッホの本を出してきて如何に彼らが素晴らしいかフランス語で説明してくれてんよ。
私も絵が好きとか全然言ってないのに。

20190728_165027924_iOS.jpg
部屋もみせてくれずに延々と美術の話が続くんよ。
しばらくして私がフランス語を聞き取れないことにきづいちゃったけど、アルダさんも英語は話せないから何も通じなくて、とりあえずWi-Fiあります?って聞いて翻訳ソフトで会話したんよ。

20190728_165522126_iOS.jpg
そのジュース飲んでいい?とか私もかなり図々しいのですぐ親しくはなったけど軽ーい話しかできない、今んとこ。


20190728_170447748_iOS.jpg
このお面も砂漠かどこかで拾った木の皮で自分で作ったんと。
目のところには穴をあけてお面にする工夫をしたらしい。

20190728_171437515_iOS.jpg
私の部屋には必要なものはちゃんと揃えてくれていて学生を受け入れることに慣れておられるみたい。

20190728_171512161_iOS.jpg
息子さんが使っていた部屋なんだって。
快適!

20190728_175250816_iOS.jpg
美味しかったよ、鮭にもごはんにもおしょうゆをかけていたよ。

20190728_181057414_iOS.jpg
食後にはやっぱりパンとチーズが出て来てお皿をきれいにしてた。一緒じゃ!

20190728_181735910_iOS.jpg
その後に、グラス(アイスクリーム)はいる?って聞いてくるのもファリダ家と一緒。
ここのアイスクリームの方が美味しかったな。

20190728_184427524_iOS.jpg
それから、何となく分かったような分からんような会話をしながらテレビでツールドフランスの結果をみて、

20190728_185620406_iOS.jpg
その後、学校までの道を教えてくれるって二人でお散歩に行きました。

帰りにたばこを一本買っていた。
一本、0.5€。高いね!
だから一本ずつしか買えないんだって。


では明日からまた新しいクラスで勉強ですのでおやすみ~!

未分類 | コメント(9) | トラックバック(0)

いるぷるおーじょるでぃ☂

2019年07月27日
フランス語の学校は申し込んだ一か月が過ぎて、次の一か月も申し込むことにしました。
カモメの仏語教室 サロンドピーナッツはすごいってことが分かりましたよ。そこで習ったことばかりです。
違うのは、ルやラを続けて言うので知ってる単語も違って聴こえて聞き取りが日本人にはなかなか難しい。
それと知ってる単語が少ないので日々の積み重ね(いつも京子さんが言っている)が大切ということが身に沁みますね、今。


さて、カモメでは、私のいない間の企画展第一弾がこの週末と月曜の三日間で終了です。

64817756_10218866043472748_5872567727951970304_n_20190727185904ba7.jpg

65045895_10218866043672753_1773272480463454208_n_20190727185904433.jpg

私はみれないので、ネットに会場の様子を上げなさいと言うのに鴎娘が横着でなかなか上げないので、遠方の方が観たいと言ってくださる気持ちがよく分かりました!!!




昨日は、モンペリエの夏の金曜の夜だけのフェスに浴衣を着て行きました。

20190726_175017291_iOS.jpg
思ったほど注目もされず、普通に楽しんできました。
これを自力で注文しているところです。
じゅぶどれせし!ういーだこー、せこんびあん?うい、わーら。
とか言っているところです。

20190726_193353000_iOS.jpg
この人がホストママのファリダさん、料理も上手いし英語もできるし、家事もスーパープロフェッショナルにこなしていてうちの子より年下だけど感心しています!

20190726_191217284_iOS.jpg
前の方で帽子を被って踊っているのがラシードです。
私は長時間のダンスで抜けたいと思っていたらパートナーさんが抜けたからさっそく脱出してラシードは置いといて他所のステージで音楽を楽しみました。

20190725_132225960_iOS.jpg
学校帰りはこんな公園でパンなど食べています。
ラシードはベジタリアンだし無農薬のものしか口にしないので一緒にcafeとかにはなかなかいけません。
ラシードは毎日ビーチで泳いだりしてるみたい。



今日はせっかくの週末だけど、南仏からバーゼルに飛ぶチケットを取るだけで半日も潰れましたー!
ネットの壁と英語の壁です!
最終的には家主のレミーの部屋でやったらつながって分からない部分もフォローしてもらって何とかとれて安心!

20190726_193326000_iOS.jpg
彼はまじめで優しくてフランス人なのに時間もちゃんと守るしかっこいいんですよ。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

こっちは雨が降りませんよー!

2019年07月20日
あっという間に三週間学校に行きました。

最初の一週間はWi-Fi繋ぐことができなくて、息子に夜昼聴きながら四苦八苦していました。
学校の授業は世界中から生徒が来ているので先生もフランス語とスペイン語と英語でホローしてくれるけどしきれないので当然携帯も授業でフル活躍していて携帯が無いと私みたいなのは授業が何をしているのかも見失いそうなこともあったりします。

やっと今頃まあまあ落ち着いて勉強できる感じですが、ヨーロッパの子供たちは一か月も居ることは少ないらしくクラスも顔ぶれが良く変わります。


20190717_184446789_iOS.jpg
夜7時ごろからビーチに行きます。

20190717_192736083_iOS.jpg
そして深夜まで真っ暗な海で泳ぎます!
お弁当も持っていきます。

20190717_115014693_iOS.jpg
ファリダが毎日行っているプール。

20190717_114958797_iOS.jpg
子どものプールもきれいですね。

20190718_113325060_iOS.jpg
近くの公園には犬連れの人が多いですよ。


20190718_164357975_iOS.jpg
ファリダが一緒にタルトを作ろうって、教えてくれました。

20190718_174313937_iOS.jpg
友達の親子も来て、クレアは5歳で甘えん坊。お姉ちゃんと歳が離れているからじゃね。

20190718_180134201_iOS.jpg
美味しくできました!


では、今から近所のフェスティバルに行ってきます!

未分類 | コメント(13) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »