05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

異型の侵入

2018年06月23日
「これは出力ですか?」

とまず来られた方に質問されるんですが、下のくるくるしているチフス菌は手描きの原画です。

20180621_024116106_iOS.jpg
毒を持つ異型が侵入してきているのかもしれませんね。・・・・お客様の感想。
蜂のようなものと数字は手描きではありません。

20180622_023802547_iOS.jpg
この作品は画像を出力してあります。


20180621_085443383_iOS (3)
このカメムシはすべて手描きです。(若干色が実物と違います。)



作品にお値段が入りました。(私が勝手につけてしまいましたので値引き可ですのでお問い合わせください。)

明日23日(土)は、りりは芸北のお寺に農民画家池田一憲さんのお話を聴いて絵を観に行ってきます。
カモメには朝からサビ子さんがいてくださいます。お茶にきてくださいね~。

英語でおしゃべりの会は9:30-10:30の朝1時間あります。
会費などはありませんが1ドリンクオーダーをよろしくお願いします。







バルセロナからまたラファが広島に帰ってきて三か月くらいロペスやあちこちに出没するそうです。
ラファは日本語を上達したくて、私たちは英語でおしゃべりの練習したくてまぜごちゃでお話ししました。

20180622_073948134_iOS.jpg
グラシアス!





おまけのアトム

20180621_025934882_iOS_201806230105122d7.jpg



20180622_151728158_iOS (2)

おれぁー、胸んとこにエッフェル塔があるんだぜぃ。





未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

猪熊さんとうどんの旅

2018年06月20日
ririはカモメに一日中いませんからって書いたらお客様がいっぱい来ておられた。
どゆこと?



月曜は、きれいな橋をいっぱいわたってうどん県へ。

20180618_022831066_iOS.jpg
このうどんめちゃ美味しくて100円。狐のせたから+60円で160円でした。
お金払うとき何をトッピングしたか自己申告するんよ。
行列びっくりしたけど行けてよかったぁ。
すごいね、うどん県!



目的の場所は、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

20180618_030516145_iOS.jpg

20180618_033137992_iOS.jpg

20180618_033445958_iOS.jpg

20180618_033631161_iOS.jpg

20180618_033721506_iOS.jpg

20180618_040202745_iOS (2)

20180618_035339552_iOS (2)
↑クリックすると大きくなります。読んでみてね。

日が暮れるまで居たかったなぁ。

ずーっと絵の好きな友達に行ったらいいよって言われててやっといけたから感動の一日でした。


もう少し時間があったから高知の牧野植物園まで足を延ばしてまたきれいな橋を渡って沢山トンネル抜けて暗くなって帰ってきました。
20180618_102744986_iOS.jpg

20180618_102813970_iOS.jpg

20180618_104323600_iOS.jpg

時間少なくて高知の絵美ちゃん訪ねられなくてそれが残念。

早朝から夜中まで一人運転お疲れさまでしたー、さかもっち!
一日中カモメでお留守番してくれたぽんちゃん、サポーター(ななみ亭仲間)のみなさん、ありがとうございました。
またよろしくー!






おまけのアトム
at.jpg
散髪行きました!

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

冷ややかなリアリズム

2018年06月17日
そこに表現されているのは、たんぱくしつ。

冷ややかに熱く描かれています。

20180617_105255784_iOS.jpg

20180617_105323269_iOS.jpg
このQRコードがキャプション。
みえますか?

次にすげた先生が来られるのは、水曜午後です。
作品にまつわるお話は興味深いものです。
私が面白かったのは、「視点を変えて虫から人を見ると人のほうがおかしい生き物と思えるかもしれない、サルからみると毛もあまり生えてない生き物は気色悪いかもしれない。」みたいなお話を聴かせていただきました。









今日は西条でブラアリタ酒蔵編がありました。

20180617_123216330_iOS.jpg

20180617_123147760_iOS.jpg

参加されたさっちゃんによると、酒入のアイスは美味だったそうです!






明日はririはお休みをいただいて四国の美術館に行ってきます。
終日ぽんちゃんがカモメにいてくださいます。
たくさーん、お茶のみにいらしてくださいね~!
20180617_104856426_iOS.jpg







おまけのアトム

20180617_010801172_iOS.jpg
最近、日曜はしっかり休日にするアトムは海水浴に行ってきたらしい。
明日月曜日はカモメでぽんちゃんの助手をしています。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

母の命日にて

2018年06月17日
6月16日は母の三十年目の命日でした。
五十代で亡くなったのでまわりに山のような悲しみを残しましたがそれも日々が流れていくと自然に薄れていきます。
それで、朝早くから菩提寺の蓮光寺に姉とおばちゃんとお参りに行きました。

20180615_215128147_iOS.jpg
子どものころはこの松の周りで盆踊り踊ってました。

早く着きすぎたからすぐそばのばーちゃんちへ。

20180615_220346174_iOS.jpg
両親が津和野に転勤になったので、私はこの部屋でばーちゃんの監視下の元に置かれ居候をしていました。
なつかし!

20180615_220653375_iOS.jpg
今は物置きの端っこの部屋。
両親が若き日を過ごしたこの部屋で、母がサングラスをかけて籐椅子に座ってたばこしている父が撮った写真があります。

20180615_222458036_iOS.jpg
「この写真は誰が撮ったん?」
「あんたらのお父さんが津和野に行ったときに撮ったんよ。」っておばちゃん。

20180616_000025072_iOS.jpg
「そうだ、墓参り用の花とっていこ!」って姉。
実家の庭の花で母も喜ぶね。






姉と急いでカモメに帰って土曜の朝は「英語でおしゃべりしましょ!」の日。

20180616_010334174_iOS.jpg
We are talking about her(Rei) injuries.

20180616_003511830_iOS.jpg
Junko made a handmade ice cream.
very delicious!!







おまけのはなちゃん

20180616_052959241_iOS (2)
色が一緒!



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

みたらいからたんぱくしつ!

2018年06月15日
田中佐知男小品展終了。

20180615_080551894_iOS.jpg
カモメにおられる間いつも海や花を描いておられました。
それから、いつの間にかこんな室内のスケッチも。
誰だかわかりますか?

二週間たくさんのご来場ありがとうございました。

御手洗へまたきれいな海を描きに行こうかな。







すげた先生と元生徒の御一行様は今夜設営を終わられましたが作品はまだそろってはいないそうです。

異型の侵入  もしくは  たんぱくしつ  ですよ!

菅田 茂 個展


20180615_100052915_iOS.jpg
QRコードにあてると作品についての何かが現れるのです。






おまけのアトム

20180615_084037700_iOS (2)
佐知男さんの撤収中邪魔しないようにここにおってねっていうと、ずっといい子にしてて偉かったアトムおじさん。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

しごねんぶり。

2018年06月15日
大好きな小さな美容室があって、「先生もう一・二年は来てないですよね?」って言ったら「こんなに伸びてるということは四・五年は来てないです。」って。
以前、先生と猫のシロを描いた絵がまだかけてあった。

20180614_024046371_iOS.jpg
オッドアイのきれいな白猫だった。

20180614_024104042_iOS.jpg
お客様にあった個性のあるヘアーをいつも考えていてアーティストだなーと思う。

20180614_024150419_iOS.jpg
昔ながらの美容室は、ひっきりなしに予約電話がかかって先生はスケジュールの調整が大変なんです。

20180614_024457180_iOS.jpg
かわいかろー! 赤毛のアンじゃけ。笑
帽子はななみちゃん作、洋服は由美ちゃん(テムレンさんの奥様)作、さをりのバッグは丸岡先生作。
バシバシの髪半分すいてもらったら軽くなった~!





うすいさちこ個展へ
20180614_031020271_iOS.jpg


手島君と八嶋君の二人展へ。
20180614_050454864_iOS.jpg
丁度八嶋君来てラッキー!


向井陽子作品展へ。
20180614_084926545_iOS.jpg

どの作品展も素晴らしい!
やりつづけるということはすごい!


今日は無事復活された黒猫亭朋子さんにカモメをお任せして行きたかったところ徘徊してきました。
佐知男さん、朋子さん、ありがとうございました。






おまけのアトム

20180613_003923287_iOS.jpg
暑くなってくると徐々にひらきになる。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

佐知男さんと佳織さん

2018年06月14日
田中佐知男さんは会社員の時代にパリに転勤になり、そこで美術館に行ってモディリアーニの絵を観たのをきっかけに画家を志されたそうです。そこで美術学校に行き絵を学ばれたのちに奥さんの佳織さんと帰国されて画家として広島で生活されています。
この度、海の好きなご夫妻は大崎下島の御手洗に新しく「御手洗ギャラリー」を作られました。

20180613_022054547_iOS.jpg


20180613_120542786_iOS.jpg

20180613_120600942_iOS.jpg

20180613_120634515_iOS.jpg

20180613_120701247_iOS.jpg

20180613_120727294_iOS.jpg

20180613_120742950_iOS.jpg

キラキラの光を追いかけて・・・・情熱的な絵描きさんだなぁと思います。

明日、14日(木)は、ririはちょっと出かけさせてもらうので黒猫亭朋子さんが朝から午後来てくださっています。





おまけのアトム

20180613_083906714_iOS.jpg

20180613_104909347_iOS.jpg
アトム似てる~!  ありがとう。









悦子さんのありんこ美術教室(期間限定)のお知らせ

 日時 毎月第二日曜日 13:00-16:00
     ※都合により変更になる場合はWeb(ブログ)上にてお知らせいたします。
 場所 淳子さんのアトリエ(広島市西区横川カモメから歩いて2分)
 内容 7月8日 カットを描く
      8月12日 メディウム剥し刷り版画
      9月9日      〃
      10月14日     〃
      11月以降の内容未定

 お申込み順に受付させていただきます。(1日10名程度まで)
 お申し込み、料金、持参の道具などについては直接有田悦子先生(09094672818)にご連絡をお願いします。






未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

今月のブラアリタは酒造廻りです。

2018年06月12日
今回は、毎回ご当地の歴史を聞かせてくださって案内してくださる有田さんの地元西条です。

img03.png

6月17日 am10:00 西条駅改札口前~東広島観光案内所付近(西条駅改札口前) 集合。
雨天決行。参加費無料。終了は12:00を予定。
昼食希望者は1000~1500円程度(各自負担)で昼食予約しますので事前連絡お願いします。

お申し込みはお早めにカモメまで!




ブラアリタレジメ(西条駅前→酒蔵通り→国分寺)


(西条)  東広島市人口193,427人(2017年5月1日)

①四日市次郎丸(元寺町):豊臣秀吉が九州征伐の際、旦過寺に宿泊。この頃西条四日市の名が見え教善寺.祇園社を中心に市が立っていた。毛利時代は、四日市目代が置かれた。次郎丸:西条町上市にあった若宮社の鼓頭を次郎丸といいその名から出たと言われる。

②江戸時代、旅籠70軒を超える広島有数の西国街道に沿った西条四日市と言われる宿場町。

③江戸時代の酒株制から明治に入り免許制(お金を出せば免許が貰える)になり西条は酒造りが盛んになった。三浦仙三郎による軟水醸造法の発明と指導普及により西条は兵庫県の灘・京都府の伏見とともに日本三大銘醸地と称された。1キロ以内の地域に多くの酒蔵が軒を連ねて並んでいるのはここだけ。

④「酒蔵通り」は白壁やなまこ壁、赤煉瓦の煙突など独特な建物(国の登録有形文化財)が並んでいる。

⑤平成29年12月「日本の20世紀遺産20選」(イコモス=世界登録を事前に審査する国際記念物遺跡会議)に西条の酒造施設群が選ばれた。

⑤広島大学=昭和57年(1982)に工学部が先陣を切って移転し、西条キャンパスが開校。ブールバール(フランス語:並木会街)経由で広大まで5.4キロ。

⑥毎年10月には「酒まつり」が催され、多くの観光客が訪れる。

⑥のん太くん((平成27年)1月1日付で東広島市公認マスコットキャラクターに任命)。

(1)西条警察署跡 明治7年(1874)西条四日市に第八区邏卒出張所設置→明治9年第3区警察出張所→明治10年四日市警察署→明治19年竹原へ警察署を移転、四日市分署へ→明治26年四日市分署が西条警察署へ昇格→昭和20年国警賀茂地区警察署へ改称→昭和20年西条警察署へ改称。

(2)脇本陣跡 宿駅には本陣の他、予備として脇本陣が置かれた。祐一郎(庄屋格向胡屋)宅。部屋数14,畳数74畳。 

(3)賀茂郡用所 浅野藩政時代賀茂郡に7人の割庄屋が置かれ1人づつ交代で年番勤務、これに一人の庄屋が手伝って郡内の事務処理に当たった。高札場跡

(4)平田屋煎餅店跡.金毘羅社.芸者置屋「たぬき」跡

(5)西条農学校跡・門跡 東広島市中央生で涯学習センターホール東に歩道に残る長石は正門前の架橋だった。明治43年(1910)5月7日開校、当時、東の安城・西の西條・加茂農林を加えて三大農学校と称せられた。大正9年(1920)農業教員講習科併置etc。昭和7年中国駅伝初優勝。昭和23年学制改革で広島県西条農業高等学校→翌年の高校再編成で総合制の広島県西条高等学校→昭和28年高校再々編成で広島県西条農業高等学校に変更。昭和46年新校舎移転した。

(6)ショージ発祥地 昭和16年(1941)賀茂北生活必需品小売商業組合設立。ここを拠点に配給機関として活動。昭和50年一円の小売商が中心となり西条商事を設立した。

安芸国分寺

(1)天平勝宝2年(750)建立
(現在)真言宗御室派金(きん)嶽(がく)山常光院安芸国分寺 本 尊 薬師如来坐像

(2)大宝13年(741)国分寺造立の詔(聖武天皇は疫病、飢餓、反乱等による荒廃等から国を守ることを願い、一国一寺の国分寺(金光明四天王護国之寺)と国分尼寺(「法華滅罪之寺)の造立の詔を発し国分寺に「金光最勝王経」が納経された。(続日本記・類聚(るいじゅう)三代(さんだい)格(きゃく))

1.天平19年(747)11月造営が進捗せず、3年以内に塔・金堂・僧坊を造り終えるよう督促、天平勝宝8年(756)6月に来年5月の聖武天皇一周忌までに国分寺に仏像・仏殿、塔を造るよう命じている。全国的に国分寺が建立されたのは756年(井上薫説)から770年(門田文衛説)と考えられていた。但馬国分寺跡で木簡(天平神護3年(767))出土しているがこれが最古のものと言われていた。

2.安芸国(現在の広島県の西部地域)では西条に建立。発掘調査(東門の発掘調査で、ゴミ捨て穴を掘って廃材をまとめて土をかけているのを発見したのが発端で水に浸かり昔のままの姿で出土した)によって安芸国分寺には主要な堂宇が建てられ、僧侶によって法会が行われていたことが明らかになった。調査の結果、門跡、金堂跡、講堂跡などが南北の伽藍中枢線上に一列に配置されたことが明瞭となった。南門跡は東西10メートル、南北7メートルを測る基壇をもち、中門は東西14メートル、南北10メートル前後の基壇をもつ。安芸国分寺(国史跡)発掘調査で、天平勝宝2(750)年頃建てられ、現在のところ全国で最も早く建てられた国分寺である。

(3)安芸国分寺の歴史

1.源平合戦 元暦元年(1189) <源範頼軍>安芸国分寺 <平氏方>福成寺を拠点とした(西条町史)。伽藍は戦禍を受けたが、金堂の屋根瓦はこの頃葺き替えられ、末寺は十数ヶ寺あったと言われている。

2.戦国時代 大内氏・毛利氏などの庇護のもと、伽藍全体が造営され、仁王門の祈祷札に、「天文12年(1543)」の銘がある。

3.江戸時代 広島藩主の福島氏は領内の寺社領を没収し、浅野氏は藩の祈祷所としたが宝永年間(1704~1711)は衰微。第35世宥雄は国分寺を復興し豪商木原保満が建物を修造. 宝暦7年(1757)に宝篋印塔を建てている。宝暦9年(1759)仁王門を残して焼失した。

4.現在 安芸国分寺を中心とした一帯は国史跡に指定されており、安芸国分寺歴史公園として整備が進められている。元々の鐘は寺家の正福寺へ、本堂は造賀の正願寺にある。

(4)安芸国分寺の文化財

1.仁王門(東広島市重要文化財)16世紀中期の建立。東西(間口)5.4m南北(奥行)3.1m。現存する八脚門ではこの地域唯一のもの。「船肘木(ふなひじき)」の垂木は、この時代の特徴である。仁王像は、肉付きがよく秀作で、この地域では珍しい。

2.護摩堂 (東広島市重要文化財)江戸時代後期の建立。重厚で装飾的な細部意匠を用いた唐様を主体としているが、天井などに和様の手法がみられる。藩主浅野氏の勅願所で、正面の向拝等に違鷹羽紋(ちがいたかはもん)がある。

3.薬師如来坐像(東広島市重要文化財)平安時代中期の作 安芸国分寺の本尊で本堂の厨子に安置され、33年に一度開帳される寄木作りの秘仏。厨子の両側には日光・月光菩薩立像が安置されている。宝暦9年(1759)に頭部を残し焼失し、翌年、山口伊織豊房(京都の仏師)が胴体を復元した。

4.木造薬師如来坐像 (広島県重要文化財)薬師堂に安置。平安時代中期の作で寄木造り彫刻として貴重。国分尼寺のご本尊だったという説もある。度々火災にあったため表面は炭化。明和5年(1768)に炭化面を和紙で補修。平成19年に全身を和紙で保護し往時の姿に甦った。

5.塔跡 国分寺境内から西方50mの地点に聖武天皇の玉歯が埋めてある塚があるとの伝承。昭和7年の発掘調査の結果、地下1.5mのところから、心礎と囲んで四天柱礎と12個の側礎が当時のまま発見された。約56mの七重の塔跡が建てられていたと想像された。この地が国分寺か石清水八幡宮のものか争いがあったがこの発見により解決された。礎石に焼跡があるが、元暦元年(1189) 9月の源平合戦により焼失したものと推定する。<西条町史>

(5)発見の意義について=安芸国分寺発掘から見えたもの

1.今回出土した34点の木簡は、荷札では通常国名から書かれるが、安芸国分寺のものは郡名あるいは郷名のみ(佐伯郡・高屋郷等)で、その下に物品名が記載されており、これらは関連する纏まった木簡群であった。木簡は安芸国内の各郡から賀茂郡に所在する仏教機関(安芸国分寺)へ送られた荷札と推定され安芸国分寺付近は安芸国の中心の一つである。

2.墨書土器「安居」から僧侶の修行や「斎会」から僧侶への食事提供が行われていたことがわかった。

3.天平勝宝2年の段階で、安芸国分寺で宗教行事が行われていたことは、すでに金堂などの建物や本尊仏が完成しており、国分寺の中枢部分は完成に近づいていたと推測できる。

4.鑑真は天平勝宝6年(754)に入京したが、安芸国分寺では天平勝宝2年を表示した木簡が出土した。

5.平城京の瓦の鋳型が、安芸国分寺の瓦として使用されたことも発見された。

6.同時に「安居」「斎会」「国師院」の墨書土器が出土したことにより、鑑真入京以前の国分寺創建時から伝統的な戒律による修行生活がめざされていたことが証明できた。

7.安芸国分寺の整備過程だけでなく宗教行事のあり方地方で支える姿等を考える資料になると思われる。
石清水八幡宮 1.安芸国分寺の鎮守社という伝承がある。2長和2年(1013)の勧請といわれる。3.文政2年(1819)当時吉行.土与丸.四日市次郎丸の氏神4.「大日本國、安芸州、東條郷寺町八幡大菩薩神輿也、所祈天長地久、子孫繁昌、應永廿六年卯月吉日、沙彌道性」(石清水八幡神輿木簡)これにより吉行は昔「東条郷寺町」と呼んでいたことが解る。沙彌道性=黒瀬の新居氏
松本隆興 1854-1928 明治-昭和時代前期の教育者。白島師範(広島師範の前身)卒。明治6年(1873)土与丸村大林寺に吉土実小学校の前身振起館を開設、同12年(1879)農商務省に勤務、同29年(1896)帰郷し西条町長に就任、同30年(1897)吉行村に巡査・文官試験予備塾を開設、同34年(1901)石清水八幡神社宮司就任。4月賀茂郡吉土実村大字吉行(現東広島市西条町)の自宅に、小学校准教員の養成を目的とする「私立松本学校」を開学。大正3年松本商業と改称(瀬戸内高の前身),1923(大正12年)年「広島県松本商業学校」に昇格,昭和2年まで校長をつとめた。

大吟醸酒
精米歩合50%以下、麹歩合15%以上。米、米麹、水、醸造アルコールを添加。

純米大吟醸
精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、米、米麹を使いアルコール添加をしていない。

吟醸酒
精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。「 吟醸 」と名の付く酒は、「吟醸造り」をした酒で、吟味して醸造することをいう。伝統的に、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、粕の割合を高くし、特有な芳香(吟香)を有するように醸造する。

純米吟醸酒
精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
本醸造酒 精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。糖類を使用しない清酒。米麹、醸造アルコールを原料とし、香味・色沢が良好なもの。醸造アルコールは白米の重量の10%以下と定められている。

特別本醸造酒
原料は米、米麹、水、醸造アルコール。精米歩合が60%以下と本醸造酒よりも高くなっている。精米歩合が60%以上の場合でも、酒造好適米(酒税法で規定されている酒造に適した品種)を50%以上使ったものや特別な製法を使ったもの(長期発酵や特別な搾り方など)も「特別本醸造酒」と名乗ることができる。

純米酒
精米歩合による規定はない、アルコール添加をしていない。白米、米麹(麹歩合15%以上使用すること)、水を原料としてつくられる清酒で、香味及び色沢が良好なものをいう。また最も高い精米歩合を表示することになっている。

特別純米酒
精米歩合が60%以下。純米酒と同じく、原料は米、米麹、水だけ。純米酒と違うのは精米歩合に関する規定があること。精米歩合が60%以上の場合でも、酒造好適米(酒税法で規定されている酒造に適した品種)を50%以上使ったものや特別な製法を使ったもの(長期発酵や特別な搾り方など)も「特別純米酒」と名乗ることができる。

普通酒
醸造アルコールを加えたもので、精米歩合には規定なし。特定名称酒に含まれない清酒はすべて普通酒。

未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)

六月の俳句会

2018年06月12日
カモメのばぁばぁ「夜の美術館」句会報第四十六号(平成三十年六月)

六月三日(日)、梅雨入りの季節となったが晴れ渡った良い天気になった。田中佐知男さんの個展の会場をお借りして、欠席投句の今津ねむ女さんを含めて十一名の参加者で六時過ぎに、いつものように始まった。(前日に欠席投句された、りう子さんの御句は、手違いにより句会で発表することができませんでした。大変申し訳ございませんでした。尚、この句会報には掲載しておりますのでご覧ください。)
(◎印は高点句、◯印は次点句 ○○○は原句修正箇所)
   (清記逆順列記)


席題 「爽」

東雲に梅雨の晴れ間の爽気かな  華院
バスを待つ土手爽々(さわさわ)と夕立降る  走波
〇「爽平」と吾子に名付けし夏の山  たつみ
爽やかな風走り過ぎ初夏の午後  六星
梅雨の時爽やかに晴れ鳥歌う  風外
御手洗の路地涼風の爽爽と  下駄麿
20180611_143403601_iOS.jpg
      田中佐知男 御手洗レトロ通り
菖蒲湯に入りて爽爽仲なほり  麦
爽爽(さはさは)とどくだみの花増殖す  厚子
夏暖簾「爽」の字に似て声を透く  新治
◎颯爽と交差点ゆくサングラス  茂樹


当季雑詠

カササッと尾だけ消えぬる蜥蜴かな  華院
おろしなばピリリと辛し夏大根  華院
紙魚きらり走った古書は五千円  走波
   yjimage_201806112305517ff.jpg紙魚(シミ)
○走り梅雨いつも行列ベーグル屋  走波
◎桑の実はうまいか犬の廻り道  たつみ
床きしむ無住の家や黴の宿  たつみ
○箸にぎるちさき茶碗に豆ご飯  六星
らんきょうのにおい父かと振り返る  六星
足袋の裏汚れ気になる衣更え  風外
青梅は黄色と赤に一年後  風外
御手洗の海に虹架(か)く画廊かな  下駄麿
○屁の一つ放り出したる夏野原  下駄麿
一輪のただそれだけで朴の花  麦
   yjimageNJJKIFYS.jpg
衣更自転車で行く今朝の君  麦
夏の空ひこうき雲が白を足す  厚子
ビル避(よ)けて見ゆる花火に頬緩む  厚子
嘘隠す笑みかもしれずニッキ水  新治
◎峡のダム放てる水と風と虹  新治
ギャラリーの軒に連なる青ぶだう  茂樹
   20180607_005342909_iOS (2)
寺町の片蔭通る異国人  茂樹
十薬の千の瞳に見つめらる  ねむ女
宿泊の御一行様蛍狩  ねむ女
フォーレ聴く緑蔭の中伊豆高原   りう子
散歩道日陰選んで歩く犬  りう子
  

(句会寸描)

*席題「爽」は意外にも選が偏って、茂樹が一位となった。当季雑詠は大接戦の末、たつみさんと新治さんが一位を分け合った。席題は難しい題にもめげず皆さん上手くまとめられていた。ただ「爽やか」にすると秋の季語になってしまうので今後気を付けたい。雑詠は個性的で独創的な句が多く、読み応えがあった。


*席題「爽」

◎颯爽と交差点ゆくサングラス  茂樹
夏の交差点の雰囲気が「サングラス」によって、上手く引き出されたようだ。ただ「颯爽」、「交差点」、「サングラス」は、よく使われている言葉なので類句が多いかも知れない。

〇「爽平」と吾子に名付けし夏の山  たつみ
何と云っても、席題の「爽」に対して「爽平」という人の名前を持ってきたのは斬新で、インパクトのある句である。たつみさんによると「爽平」は実際のお子さんの名前だそうで、そういった思い入れまで伝わってきて、下五の「夏の山」とも上手く響き合っている。


*当季雑詠

◎桑の実はうまいか犬の廻り道  たつみ
「桑の実」に関心を寄せている犬の様子が目に浮かぶ。「犬の廻り道」にペースを合わせている飼い主の大らかさを感じる。
  20180608_001300812_iOS (2)
◎峡のダム放てる水と風と虹  新治
「水と風と虹」の畳みかけるような表現に夏の「ダム」らしいの放水の迫力を感じさせる。反面、焦点が分散して「虹」の印象が薄まったのが惜しまれる。

○走り梅雨いつも行列ベーグル屋  走波
三段切れになっているが、雨にもかかわらず賑わっている「ベーグル屋」の景がよく見えてくる。

○箸にぎるちさき茶碗に豆ご飯  六星
中七の「ちさき茶碗に」がよく効いている。幼いころのお子さんの様子を詠まれたそうだが、まさしくそんな感じがストレートに伝わってくる。

○屁の一つ放り出したる夏野原  下駄麿
「屁」という俳句としては取り扱いにくい言葉を開放感のある明るい句に仕上げている。



*次回予定

日時 七月八日(日)十八時~二十時 
場所 カモメのばぁばぁ
投句 兼題 「金魚一切」を一句と当季雑詠を二句 
     (茂樹 記)







おまけのアトム

20180611_151643504_iOS (2)
今日はカモメの仕事を休んで海で走ってきたらしい。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

あちこちから。

2018年06月11日
夜のカモメ。
20180610_093111072_iOS.jpg
ロンドンにいた時、近所のポールスミスの小さな店に小さなウインドウがあって夜はライトアップしてあってそこに日本のおもちゃがひとつ飾ってありました。ウルトラマンとか。
夜のバイトから帰るバスの中から見ていてそれが時々入れ替わるのが面白くてちょっと真似して作ったウインドウです。

20180610_103937164_iOS.jpg
カモメのウインドウに飾ってあった田中佐知男さんが描かれたカモメのギャラリーの絵を遠く県外から買い求めに来てくださいました。
世界を旅して絵を描くメイちゃんとオカリナを作るピタパタさんの作品展の時にわざわざ神戸から来てくださって今回もまた来てくださいました。
絵を観て歩くのが好きだそうです。
時々県外からも来てくださるお客様があって本当にうれしい!!



20180610_060209550_iOS.jpg
佐知男さんが外出されておられるのをずーっと待ってくださっていたので写真とってみました。ありがとね!

20180610_060216924_iOS.jpg
今日はお嬢様と来てくださいました。父の背中感!

20180610_084910344_iOS.jpg
写真が好きな彼女は、先日モノクロームの写真展をされた下村さんの写真のポストカードをずっと持っていてくださってるって。

20180609_111943517_iOS.jpg
葉奈ちゃんも絵を観に来ました。





土曜の英語でおしゃべりの会。

20180609_012000798_iOS.jpg
今回は参加者が少なくて犬二人人三人。
二人いればおしゃべりできるから大丈夫。笑






未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

寺のほうに行きました、火曜日記。

2018年06月07日
広島現代美術館で藤森照信氏の木が生えた椅子など観てからいつか建築も観たいって思ってて。

福山の神勝寺には、藤森氏の建築物のほか名物のうどんがあるとか緑が見える風呂があるとか魅惑の情報満載で、風呂部のみなさんと建築士のネギちゃんと行きました。

20180605_025749385_iOS.jpg
藤森照信 建築の寺務所 「松堂」
屋根に松が植えてあります!

20180605_030419015_iOS.jpg
「賞心庭」

20180605_031116792_iOS.jpg
「持鉢(じはつ)」と「雲水箸」

20180605_034629212_iOS.jpg
「神勝寺うどん」


天心山神勝寺「荘厳堂」
20180605_044044146_iOS.jpg
白隠禅画 楊柳観音

20180605_044159220_iOS.jpg
白隠禅画 蓬莱観音

20180605_044215986_iOS.jpg
白隠禅画 牛過窓櫺(ごかそうれい)

20180605_051517551_iOS.jpg
アートパビリオン「洸庭」
設計・監理 : 名和晃平|SANDWICH(李 仁孝・古代 裕一)
インスタレーション : 名和晃平|WOW

20180605_064257507_iOS.jpg
「浴室」 (写真は当日の女湯)(男湯は下駄はいていく露天)
文ちゃん&知ちゃん


神勝寺焼陶津窯 藤本路加さんのアトリエにもお邪魔させていただきました。


風呂部長とあだち君と女子部のみなさん楽しかったですね~。
ありがとうございました!







おまけのアトム

20180606_134325325_iOS.jpg
下屋敷からお車でお迎えが来ます。
助手席でシートベルトもつけています。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

山のほうに行きました。

2018年06月05日
いまだに若いころみづま工房に勤めていた時の上司に面倒見ていただいています。


明日は台湾に帰るMayと一緒に八幡湿原に連れて行ってもらいました。

20180604_042546381_iOS.jpg

20180604_022312094_iOS.jpg

20180604_023341156_iOS.jpg

20180604_024925135_iOS.jpg

20180604_025007053_iOS.jpg

20180604_025112868_iOS.jpg

20180604_025131014_iOS.jpg

20180604_025616239_iOS.jpg

20180604_033226964_iOS.jpg

20180604_041245024_iOS.jpg

20180604_042303827_iOS (2)


森藤家の玄関に西本さんのカードなど飾ってありました。↓
20180604_055827400_iOS.jpg


しぇーしぇ!
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

であい。

2018年06月04日
ビルヒちゃんのご主人が御手洗のギャラリーで田中佐知男さんの絵を観てとても感動しましたと、カモメに来てくださいました。

20180603_032946284_iOS.jpg

とっても良く観てくださいました。
それぞれの人に響く絵があっていつか出会えるのでしょうか。
今日は素敵な出会いのお話を聞かせていただきました。





もう一つの出会いは、田中聡さんとMay.

20180603_073538762_iOS.jpg

メイは何年も前からさとし君のイラストのファンで台湾の家にさとし君のカレンダーを毎年飾ってくれています。
今回初めて会えて普段サバサバ物言うメイが照れてフワフワしていてかわいかったです。

私がカモメの仕事があるのでお昼はメイと遊べないので今朝は英語が達者な丸町君に尾道までメイに付き合ってもらいました。
夜は俳句会があったのでヒロシ君にデートをしてもらいました。
みなさんしぇーしぇー。

明日月曜日は佐知男さんが朝から夕方まで在廊してくださいます。






おまけのアトム

本日は日曜につき、有給休暇をとってドッグランに合コンにいったらしいです。

20180603_145712657_iOS.jpg






未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

from 台湾 !

2018年06月03日
ついこの前、来たような気がしてたけど桃園からメイがカモメに来たのは10年も前らしい。
英国ブライトンの学校のクラスメイト。

今日は広島の浴衣まつり「とおかさん」だからメイと浴衣着て亜矢ちゃんのソーラン踊りを観に行った。


20180602_131246407_iOS.jpg
かわいいじゃろ。

20180602_104844135_iOS.jpg
こっちが本物。笑


20180602_104826722_iOS.jpg
丹田っちゃ先生が来たから記念撮影。


20180602_104802957_iOS.jpg
Hらさんも来たからまた記念撮影。


20180602_123246814_iOS.jpg
結局探しまくったのに亜矢ちゃんのチームの近くには行けず、最後は輪の中に入って一緒に踊ってしまった。
メイは「はずかしいよー、ビデオ撮ってるよ!」 「どっこいしょってなに?」 「そーらんてなに?」って言いながらも最後まで上手に踊ってました。笑



今朝のいんぐりっしゅ。

20180602_010349301_iOS.jpg
今朝もお願いしてオカピーにリラックスできる太極拳の八段錦(多分)をおしえてもらう。

20180602_004921460_iOS.jpg
今朝はメイが参加してるから、台湾大好きなロビンさんにも声かけて、みんなでメイに台湾事情など英語で質問してみたりしました。

午後、佳織夫人のお友達の中国語も堪能な方が来られて、今日はチャイニーズトークも聞かせてもらえた。これはさっぱりわからない!







おまけのアトム

20180602_013752899_iOS.jpg
アトムもインスタをはじめたらしい。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

田中佐知男小品展はじまりました。

2018年06月01日
旅の途中のフランセーズが外の現代美術館のポスター見てるから声を掛けたら入ってきてフレンチが話せる田中夫妻との生フランス語会話を聞かせてもらいました。

20180601_025141008_iOS.jpg

田中夫人はパリで出産されたので外国での暮らしには言葉は必須だったから不便の無い様に一生懸命に身につけられたのだと佐知男さんが言っておられました。
あんなにすらすら会話出来たらカッコいいなぁ!




それからエモリンが来て、今日は女らしくてアトムしか気づかず。

20180601_064136766_iOS.jpg

それから味噌人が来て、アトムはついていき。

20180601_082308108_iOS.jpg

それからHらさんが来て、編み物をはじめた。

20180601_105659692_iOS.jpg


今週末の土曜日曜は、御手洗ギャラリーは佳織さんが開けられるので田中佐知男さんはカモメに在廊されることになりました。
台湾から友人のメイも来ているのでみんなでお待ちしています。
どうぞ!



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

「ありんこ教室」ってネーミングもいいですね。

2018年06月01日
二週間早かったな。
「有田悦子スケッチ展」

絵を描きたいけど始められないって方が何人も来られて悦子さんと絵を描いて喜んで帰られました。
ギャラリーだから展示したり売ったりの日常ですがこんなに人が絵画と触れ合えてうれしそうにされている姿を見ることはそんなにはありません。


最終日もカモメを探してスケッチブックを持ってこられました。


20180531_054405050_iOS.jpg

20180531_053450644_iOS.jpg

20180531_072308586_iOS.jpg

20180531_061926484_iOS.jpg



20180531_025416690_iOS.jpg


たくさんの方にご来場いただいてありがとうございました。
誰でも楽しく絵がかけるって教えていただきました。
私も今度淳子さんのアトリエで悦子さんが蝋画の教室をされるときには申し込んで習いたいと思います。
「ありんこ教室」で。





おまけのリリ

20180529_141553011_iOS.jpg
ともだちがかわいいとほめてくれて遺影にいんじゃないかというので載せてみました。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

えつこ先生の美術教室のお知らせ。

2018年05月30日
そもそも、絵が描きたいけどどこからどうしたらいいか分からないって人が来られて、どんどん増えて、それからプレス機を使わない版画って教えてもらえるんですかー?って人もおられて、どんどん増えて、有田悦子さんのスケッチ展のギャラリーは美術教室のようになって、折り染めもしたいんですけどーって方も今日も来られて、もう明日で会期は終了だからおしまいって言ってもまだ教えてほしいって方が何人もおられるから、ご近所の淳子さんのアトリエで期間限定で美術教室をしてくださることになりました。


個展会期中と違って、場所代や交通費(先生は西条にお住まいなので)もかかってくるのでレッスン料がかかりますが、初めの第一歩を踏み出したい方にはとても親切に分かりやすく教えてくださる先生なのでぜひおすすめします。


第1回えつこ先生の美術教室は、絵を描く教室です。どなたでも!
メディウム版画の教室はまた日程を調整してお知らせしますね。

詳しいことは、以下、ポリマークレイアーティストの荒木淳子さんのFaceBookよりコピーしたものを載せておきますね。



    

有田悦子先生に、私の家で美術教室をしていただくことになりました。
6月10日(日)13時〜16時
参加費 2,500円
2回目の日時は6/10に決めることにしています。来年2月まで、月1回のペースでする予定です。
参加希望の方は、有田先生に直接お申込みください。(連絡先はカモメにてお聞きください。)
場所は、カモメのばぁばぁ から歩いて2分。詳しくはお申込み時に😊
第1回目は版画はしないので、持参物は、『紙』等、自分のゴミ袋、ドリンク類等をご用意お願いします。

    




34036579_10156672427498311_2572181082359201792_n[2]
絵は描けないんですが、版画してみたいです。って来られたお客様の作品です!
ステキですね!!


明日31日は有田悦子スケッチ展は最終日につき夕方5時までです。

どうぞ!




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

川辺のレストランで火曜日記

2018年05月29日
花の好きな友達と花がいっぱい咲いてるところへランチに行きました。


20180529_022618316_iOS.jpg

20180529_023142751_iOS.jpg

20180529_030757908_iOS.jpg
このプレートのほかにとっても美味しいケーキやコーヒーもあってリーズナブルだったよ。

20180529_045416566_iOS (2)
アトムじゃなくてお店のわんちゃん。

20180529_045513200_iOS.jpg

20180529_045923610_iOS.jpg

20180529_050035829_iOS.jpg

20180529_050416034_iOS.jpg

川でね、魚がぴょんぴょんしててツバメがサーっと飛んでトンビや鵜や鴨やいろんな鳥もひらひらしてて、ぽんちゃんのタジマジって魔よけのハーブの花束のいい香りがしていろーんな植物があってごはんもケーキも美味しかった。
ステキなところがあるんだねー、みなさん連れてってもらってありがとう!






おまけの帽子

20180529_134939506_iOS.jpg
帰りにななみちゃんちに行ったら編みたての帽子が大きすぎるって。
イエーイ、私は頭がでかいので丁度良くてもらって帰った~
生まれて初めて頭でかくて好いことがあった!!





未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

続々 悦子先生の美術教室!

2018年05月29日
本日もみなさまのご要望にお応えして有田悦子先生の2回目のメディウム版画教室をしていただきました。


前回に引き続きみなさん初めての体験でした。
普段制作されている方も絵を描いたことありませんと言われる方も一緒くたでやりました。

20180528_015746198_iOS.jpg

20180528_015131360_iOS.jpg

20180528_062826462_iOS.jpg


20180528_024309298_iOS.jpg

20180528_024306305_iOS.jpg

20180528_062855973_iOS.jpg

20180528_062926839_iOS.jpg

20180528_072740818_iOS (2)

20180528_072945620_iOS (2)

20180528_083313430_iOS.jpg

20180528_085330268_iOS.jpg

20180528_085355017_iOS.jpg

もっと沢山出来上がっていましたが写真撮れなかったのですみません。

欲しくなるような作品ばかりでした!



絵を描く教室は最終日まで画用紙やスケッチブックをおもちになれば教えていただけます。

20180527_035842292_iOS.jpg

20180527_035817101_iOS.jpg

20180526_080742070_iOS_20180529003655d6d.jpg

悦子さんがおられる時間であればいつでもどうぞ。
 1,000円 1ドリンク付き 

明日火曜は定休日につきカモメはお休みです。
30日(水)は10:30~20:00
31日(木)は最終日につき、10:30~17:00





おまけのアトム

20180528_160649602_iOS_20180529011327222.jpg


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

八千代の丘の美術館へ

2018年05月27日
ジャズライブがあるからって誘ってもらって八千代の丘美術館に行きました。
なんとも良いお天気で絵と音楽と広い空は最高でした!

20180526_041150301_iOS.jpg

20180526_050009909_iOS.jpg



この美術館入り口の市民ギャラリーにての「和高節二日本画展」はめずらしい和高の下絵なども展示してあります。

20180526_060713533_iOS.jpg

20180526_060654260_iOS.jpg

20180526_043756793_iOS.jpg

私は彼の向原の生家で観た牛の絵がとても好きです。
八千代の丘美術館所蔵の作品もこれもレアでとても面白かったです。
八千代では明日28日までですって。




そして丹田先生が今年の入館作家のお一人なので拝見させていただきました。

20180526_043207132_iOS.jpg

20180526_043126007_iOS.jpg

20180526_043102562_iOS.jpg

20180526_043013445_iOS.jpg

やっぱり雰囲気がありますね。
一年間に三度入れ替えをされる美術館なのでまた季節を変えていかせてもらおう!








夜は、有田悦子さんのご主人のギャラリートークがありました。
悦子さんの絵にまつわる地域や歴史のお話をしてくださいました。
もともとブラアリタでいつもお世話になっているので歴史のトークは面白いに違いなかったのですがやはり皆さん満足の二時間スペシャル特番でした!

20180526_095529985_iOS.jpg
ありがとうございました。

次回ブラアリタは、6月17日(日) 西条周辺です。
参加ご希望の方は、朝10時に西条駅集合です。少雨決行。
お申し込みをお願いします。






未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

六月もおもしろそう!鷗画廊。

2018年05月25日
さわやかな季節になりました。

五月の最終週も有田悦子スケッチ展が続きます。

etukosan.jpg

26日(土)の夕方6時より、有田篤雄さんがギャラリートーク「悦子さんの絵画にまつわる歴史の話など」をしてくださいます。
どなたでもお越しください。入場無料です。
1ドリンクオーダーをお願いします。




六月の始まりは、田中佐知男 小品展
20180524_072153974_iOS.jpg
カモメのばぁばぁが出来て間なしに個展をしてくださって以来の長いお付き合いの作家さんです。
この5月に大崎下島の御手洗地区に新しくギャラリーをオープンされました。



六月の後半は、菅田茂個展 異型の侵入
20180524_072235136_iOS.jpg
さて、どう侵入されるのか! バイクで乱入か? 虫来るかも!! 
タンパクシツというサブタイトルもありますが始まらないと分からない展覧会。
私が完成を待ってやまないコガネムシは今回は間に合わないらしい。





毎月第三水曜の夜、何かしらお気に入りの文を持ち寄る「ゆうるり朗読会」、今回は第四水曜にありました。
来れるときに来れる人だけでのんびりマキコさん主催で行われています。

20180523_110723576_iOS_2018052423195200d.jpg

大人になっても本を読んでもらえる楽しい時間です。どなたでも。






おまけのアトム

20180523_004709678_iOS.jpg
時々iPhoneの写真がこんなんなるけどどしてかな?
きれいで面白いけど。なる?



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

倉庫の記録

2018年05月24日
「この一枚の窓の絵だけで充分伝わってきます。」と、今日来られたお客様が言われました。

20180523_034427924_iOS.jpg
旧陸軍被覆支廠(出汐町) 行かれたことがありますか?


私は以前ブラアリタ(有田さんの歴史散歩の会)で連れて行っていただいて初めてこういう被爆建物が残っていることを知りました。
⇒ その時のカモメのばぁばぁriri日記に、当時峠三吉の書いた詩「倉庫の記録」も載せています。
良かったら読んでください。


たまたまネット上に被爆前の本川町(現在の平和公園)と相生橋付近の写真があったから載せておきます。

29983673_10209196404426105_8871285249735788093_o.jpg

29983315_10209196406546158_8054121941092691914_o.jpg

29983106_10209196404386104_2891062658079773454_o.jpg


これは、今朝の相生橋。原爆ドームがみえます。
20180523_010348125_iOS.jpg








おまけのアトムと近所のダフネちゃん

20180523_084559100_iOS.jpg

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

続 悦子さんの美術教室

2018年05月23日
とても好評につき、有田悦子さんに版画教室をもう一度していただけるようにお願いしました。

5月28日(月)朝10:00より だいたい2時間程度かかります。

〇参加費 1000円(1ドリンク付き)
〇準備するもの  新聞紙、ぼろ布、自分のごみ袋、下絵(はがきサイズ程度)、パレット(なければクッキングホイル)、油性マジック、ボールペン、アクリル絵の具(ガッシュでなく透明のものが良い)・・・・・お持ちでない方はこちらで準備したものをお使いください。
〇お申し込みをお願いします。(前回参加の方はすみませんがご遠慮ください。)


20180521_060831166_iOS.jpg

20180521_032030808_iOS (2)

20180521_050200487_iOS.jpg

20180521_065528585_iOS (2)

20180521_065549231_iOS (2)

20180521_065541793_iOS (2)

20180521_072304989_iOS.jpg


20180521_062638630_iOS.jpg


折り染めの手帳づくりと絵画は、有田先生が在廊されていてできそうなときは教えていただけます。
絵画教室の紙・スケッチブックは自分でご準備ください。
美術教室参加費はすべて、1000円(1ドリンク込み)






おまけのアトム

ボランティアの方がいつもお掃除したり花の手入れをしてきれいにしてくださっている横川第二公園。

20180522_001348629_iOS.jpg


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

脱原発を考えてみる。

2018年05月21日
自然エネルギーについてのお話を聴いて映画「日本と再生」を」観てきました。

20180520_041414892_iOS.jpg

日本には自然エネルギーが十分にあるのだそうです。
太陽、風、水、地熱など。
電化製品は省エネになってきていること、風力発電の設備も1975年以来現在では低価格で設置できるようになっていること、電力の再生方法など様々なデータを集めてありました。
原発差し止め訴訟に数多く携わっておられる弁護士でもある河合弘之さん監督のドキュメントです。
この方個人の評判は様々とネットにあるけれど、日本の原子力に頼らない自然電力に変えるためのデータを集めて講演をされることは、大震災以来7年たっても稼働を止められない日本の状況には必要だと思いました。

原発に頼らない電力供給の方法について帰ってから初めて自分で調べてみました。
グリーンコープ電気に変えるつもりで研究してみます。

上映会を教えてくださった直子さん、行かせてくださった悦子さんありがとうございます。

昔から思う疑問だけどあの風力発電のプロペラはなんであんなに細いのか?広げたらぶんぶん回って電気がいっぱいできるんじゃないのか?と。不思議。






カモメに帰ったらお客様があふれて大変なことになっていました。
悦子さん珈琲まで淹れていただいていてすみませんでした!

20180520_073452551_iOS.jpg

折り染めのワークショップは広げるときがワクワクです。
20180520_075751600_iOS.jpg

20180520_080334688_iOS.jpg

20180520_075818416_iOS.jpg
乾いたらノートの表紙に仕上げて出来上がります。






今日はあちこちでイベントがあって、空鞘神社では毎年朝早くからアジア池やめくるや色々面白い人たちのフードコーナーや骨董や雑貨もあって楽しいのでカモメ開店前に覗きに行きます。ちゃりで3分

20180520_010938449_iOS.jpg

骨董売ってる呉から来たお兄さんとこで、ナス買いました。
20180520_023606777_iOS.jpg
茶壷らしい。まあ生きていくのにいらんもんじゃけど。千円じゃし。
20180520_102526000_iOS.jpg


明日21日(月)は悦子さんの版画教室が朝10時からあります。
申し込みをされた方は、
ぼろ布 筆 筆洗 古新聞 あればアクリル(ガッシュでないもの)と下絵の準備をお願いします。




おまけのアトム
今日は岩国までドライブに行ってギャラリーにおらんかったから写真もありまっせん。すいません。







未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

悦子さんの突然美術教室

2018年05月19日
有田悦子さんは在廊されているときには美術技法などについて質問すれば色々教えてくださいます。


 土日月には折染めのノート作りを教えていただけます。
これは誰でもすぐ出来て簡単です。手ぶらでどうぞ。

 「植物画を描きたいです!」という声にお応えして今日突然の植物画教室をしてくださいました。
描いてみたい方は厚めの紙かスケッチブックを用意してきてください。

 「プレス機を使わない版画をしてみたいです!」という声にお応えして来週月曜21日朝10時から版画教室をしてくださいます。
参加申し込みをされた方は、 ぼろ布 筆 筆洗 古新聞 あればアクリル(ガッシュでないもの)下絵を準備していただきたいです。
※版画教室はいっぱいになりましたので締め切らせていただきました。

お客様が会場にいっぱいとかでなければ、版画以外はいつでも教えていただけます。
いづれも参加費 1,000円(1ドリンク付き)です。



今日の様子↓

20180519_054028333_iOS.jpg

20180519_052103619_iOS.jpg

20180519_053220736_iOS.jpg

20180519_055652609_iOS.jpg

20180519_060826656_iOS.jpg

20180519_071249584_iOS.jpg

処女作と言えるような久々の絵画の完成~!
絵が描きたいけどどう描いていいか分からないという方、この機会にどうぞ。

追加

20180520_083055686_iOS.jpg

20180520_081313257_iOS.jpg








おまけのアトム

20180519_001259644_iOS.jpg
ヘアスタイルが風でわやじゃー!


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »